『グランメゾン★東京』第7話|相沢さんとアメリーちゃん

『グランメゾン東京』も第7話。終盤に差し掛かっています。

今回は「トップレストラン50」の発表と相沢さんと娘のアメリーちゃんターンでした。
そして、とうとう京野さんが!
前から分かっていたけれどもw

『グランメゾン東京』第7話 あらすじ

トップレストラン50の発表セレモニー当日。
相沢(及川光博さん)は、並々ならぬ気持ちで発表に臨んでいた。
セレモニーの1週間前、姿を消していた妻のエリーゼ(太田緑ロランスさん)が、突然グランメゾン東京に現れ、娘のアメリーをフランスに連れて行くと言い出したのだ。

アメリーを連れて行かない条件は、グランメゾン東京がトップレストラン50で、トップ10を越えることだった。

尾花も気合を入れて当日を迎えていた。
エスコフィユ(かつて尾花がフランスでシェフをしていたレストラン)が最高10位を獲得していたからだった。

ライバル店gakuの料理人も緊張の中、セレモニーに参加していた。
目指すは日本のフレンチではまだどの店も到達していないTOP20以内。

果たして「グランメゾン東京」はトップ10を越えることができるのか…。

「グランメゾン東京」トップレストラン50の順位は?

クランベリーソース

「グランメゾン東京」は10位でした…。

本来なら、大喜びしていい順位なのですが、エリーゼとの約束は10位を越えることでした。

相沢さんとアメリーちゃんのお別れのシーンは悲しかったけど、エリーゼさん「グランメゾン東京」が三ツ星取るまで待っていてくれると…。
既にフランスにパートナーがいるというのは嘘だったんですね。

エリーゼ役の太田緑ロランスさん、舞台では何度もお芝居を拝見していますが、さすが、舞台で鍛えられた女優さん。
エリーゼのために作ったというお料理に涙するところ、素敵でした。
「グランメゾン東京」は絶対三ツ星取ると思うのでw
それまで、アメリーちゃんと相沢さんを待っていてください!

そして、ライバル店「gaku」は、なんと20位以内どころか、8位でした。

尾上菊之助さん演じるgakuの丹後さんも、腕も気持ちも一流のシェフ。
だから、どうか、江藤よ、邪魔しないでほしい。

一番初めに江藤が立ち上がったのはちょっとむかつきましたけどw

今回、芹田くん、お金を返しに行ってくれたのもうれしかったですね。
料理人としても、少しづつ尾花さんに認められつつあって、本当によかった!

まさかの京野さんの告白!

そして、ラストは、なんと京野さんの愛の告白が!

そうだろうなとは思ってたけど、やっぱり、倫子さんにマジで恋していたんですね。
ときどき、尾花さんにチリっとした顔をするのは、ナッツ混入事件のことで、裏で何かまだあるんじゃないの?と思ってたけど、それは、倫子さんへの恋心がそうさせていたんですね。

ある意味、ほっとしましたが、これからどうなっていくんでしょうか。
きっと、倫子さんは、尾花さんが好きなはずw
もう、夫婦みたいになってますからね…。

これからの展開が三ツ星獲得とともに気になるところですね!

キムタクが「キムタクらしい」ドラマ「グランメゾン★東京」

巷では木村拓哉さんは「何をやってもキムタク」と言われているそうです。

どんな役でもキムタクはキムタクで、演じ分けられない…と木村拓哉さんの演技を揶揄する意味で言われているのかもしれませんが、それが「スターである証」なのではないかと思います。

俳優さんには、役によって大幅な肉体改造をしたり、カメレオン俳優と呼ばれる役者さんがいます。
役によって全くの別人を演じ分けることが出来る俳優さんたちも、もちろん素晴らしいです。

しかし、木村拓哉さんは、高倉健さんなどと同じように「スター」なのだと思います。

キムタクはキムタクでいいのです!

そして、この「グランメゾン★東京」は、まさしく「何をやってもキムタク」なドラマです。
独特なしぐさやセリフ回し、腕の組み方、キムタクのドラマファンとしてはたまらないドラマです。

日曜劇場『グランメゾン★東京』第7話 最後に

他の放送中のドラマと同じく「グランメゾン★東京」も終盤を迎えます。

そして、やっぱり、次回放送までのこの1週間がたまらなく長く感じます!