『グランメゾン東京』第9話|栞奈の父親がナッツ混入事件の関係者!

「グランメゾン★東京」第9話の感想です。

いよいよナッツ混入事件の全貌が明らかになるのでしょうか。

「グランメゾン東京」第9話 あらすじ

栞奈(中村アン)がグランメゾン東京を辞めて、再びフードライターに戻ることになった。

尾花は、そんな栞奈の履歴書に、ある違和感を覚える。

一方、オーナーシェフの倫子(鈴木京香)は、ミシュラン審査開始まで1か月と迫る中、コース料理をリニューアルすることを決める。

尾花は、それと同時に前菜に合うワインも変えたいと提案。

栞奈の最後の仕事として、ワインの試飲会を開くことを依頼する。

その頃、gakuの祥平(玉森裕太)のもとに、フランス大使館のフェルナン・文則・ベルナール(マイケル富岡)が、3年前のネッツ混入事件の真犯人を見つけたと訪ねてくる。

「グランメゾン東京」で開かれたワインの試飲会で、パティシエの萌絵(吉谷彩子)が体調を崩して突然倒れ、病院に運ばれる…。

栞奈の父親がナッツ混入事件に関係していた

栞奈さんのお父さんが、外務省の方で、ナッツ混入事件のときの昼食会の担当者だったんですね。

この事件をさかいに、栞奈さんのお父さんが病に倒れてしまったとか…。

それなら、「エスコフィエ」に恨みを持っていても仕方ないかも。

萌絵ちゃんは、ノロウィルスに感染してたのですが、栞奈さん、本当は何もやってなかったんですね。

人の料理じゃなくて、自分が食べる料理に入れようとしてたのは、人の良さが出てしまってます。

いつもいい人な相沢さんと萌絵ちゃんLOVEな芹田くんに疑われてしまったけど。

最終的には、栞奈さんが、ソムリエールとしてグランメゾン東京に残ることになったのは心強いですね!

ワインの話をしているときの栞奈さん、本当にキラキラしてました。

尾花さんが、「エスコフィエ」で作った料理が、ワインを主役にしてくれていたのをずっと覚えていたんですね。

尾花さんの周りにどんどん「本当の仲間」が増えていくのは、ひとえに彼の料理の魅力なのでした。

平古くんが「グランメゾン東京」に!?

一方、平古くんは、リンダに呼び出されます。

ナッツ混入事件の犯人について問われ、犯人は自分だと言ってしまいます。

そして、リンダの告発で外務省から調査を受けてしまいます。

gakuは、もちろん、解雇…。

そりゃあ、あの江藤が黙ってるわけないですよね。

丹後さんも、辛いと思います。

みんな真剣に料理と向き合っていて、平古くんのことも心配していて…。

このシーン、ちょっと泣けてしまいました。

そして、今回の最後の尾花さんの一言「グランメゾンに来い!」が、またかっこよかった!

平古くん、やっと来れます、グランメゾンに!

まだ、今回は返事をする前に終わっちゃいましたけどw

そして、「絶対星は取らせない!!」って、リンダが先週に引き続きめっちゃ怖いんですけど。

しかし、予告では、平古くん、一緒に働いてましたよね。

残り2回ですが、「グランメゾン東京」は三ツ星を取れるのでしょうか。

しかし、また、次回は江藤が何か企んでるようです。

いいかげん、みんな真剣に料理で戦っているんだから変なことするのやめてくれ!w

「グランメゾン東京」第9話 感想 最後に

残すところ「グランメゾン東京」もあと2回となりました。

次回は、平古くんも「チーム・グランメゾン東京」の一員になってくれそうですが、まだ一波乱も二波乱もありそうです。

また、1週間が長いです!

以下の記事で、グランメゾン東京第10話の感想を書いています。

よろしければ合わせてご覧になってみてください。

『グランメゾン東京』第10話|最高のチームが出来た!