『病室で念仏を唱えないでください』第2話 感想|奇跡は起こった!

手術

「病室で念仏を唱えないでください」第2話の感想です。

今回は、松本がなぜ救急救命医となり、ここまで体を張って仕事に打ち込んでいるかが解明されます。

病室で念仏を唱えないでください 第2話 あらすじ

あおば台病院の救急救命センターには、今日も次々と患者が運び込まれていた。

交通事故で大けがをした患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、運ばれ、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)らが処置にあたっていた。

さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置を、松本(伊藤英明)が担当していた。

この女性患者は、大動脈瘤が破裂して危険な状態であったため、心臓外科に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医の濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。

そのため、松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決めた。

腹部大動脈瘤破裂の重症であったが、患者は一命を取り留めることが出来た。

しかし、センター長の玉井(萩原聖人)から、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、手術の応援要請に応えてくれない濱田に対する不満を募らせる。

 

ある日、出勤した松本に、川で中学生男子が溺れたというドクターカーからの要請が入る。

松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と申し出、現場に向かった。

松本は、過去に自身も友人を川の事故で失っていた。

現場でレスキュー隊員が溺れた少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、松本は真冬の川の中に駆け込んでいった。

松本は、低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合った途端に逃げていくのに気付いた。

あおば台病院に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。

松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。

すると、真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。

その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるのだが…。

30年前、自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本は、止まった時間を動かすことができるのか…。

[参考サイト]TBSテレビ金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」公式サイト

そして奇跡が起こった

溺れた少年・岡崎勉は、良くて植物状態だと言われていたのですが、奇跡的に意識を取り戻します。

岡崎少年の事故は、松本と目が合うと逃げ出していた少年・丸山が、岡崎少年の父の形見のペンを川に投げ捨てたことから起こった事故でした。

後悔した丸山少年が、川でペンを見つけ出し、岡崎少年の手に握らせた途端、彼は意識を取り戻したのです。

こうして、奇跡は起こりました。

ここで、ちょっと目頭が熱くなりました…。

1人の少年の命が助かったということもありますが、松本の少年時代に背負った過去も少し救われた気がします。

 

救急救命センターの医師の仕事は、本当に大変だけど、きっとやりがいのある仕事なんだろうなと思います。

中谷美紀さん演じる三宅先生が「だから救命救急は辞められない」と言っていたように。

ムロツヨシがシニカルでホリケンがまじめ

心臓外科医・濱田役のムロツヨシさんが、いつもと違った笑いありのとても嫌ぁ~な奴の役ですw

ものすごく腕のいい心臓外科医のようですが、シニカルでちょっと人を喰ったような感じで、ムカつく演技が素晴らしいです。

TV出演もしてる著名な外科医なので、病院中が濱田医師に気を使っていて、そのやりとりもおもしろい。

そして、ネプチューンの堀内健さんが、整形外科医役で出演されているのですが、ちゃんと演技をされていますw

いつもの変人っぽさはちょっとしかなくてwちゃんとされているのが、ちょっと不思議な感じです。

 

そして、交通事故で運ばれてきた宮島隆弘役のナオト・インティライミさん。

次回、何かありそうな感じです。

最後に

今回も、伊藤英明さんの熱い演技が素敵でした。

そして、ムロツヨシさんとのやりとりもおもしろい!

次回は、宮島隆弘役のナオト・インティライミさんが病院を抜け出していくシーンが予告にありました。

楽しみです!