『知らなくていいコト』第4話 感想|人気予備校講師の不正を暴く!

ドラマ「知らなくていいコト」第4話の感想です。

今回、ケイトは人気予備校講師の不正とさらにその先の贈収賄事件を暴きます。

また、尾高がなぜ報道カメラマンを辞めたのか…についても判明します。

「知らなくていいコト」第4話 あらすじ

正月休み、ケイトは乃十阿徹が住む街を訪ね、名乗り合うことはなかったが、心が乱されていた。

 

新年号の校了後、トンネル崩落事故の緊急ニュースが入る。

緊急取材に駆り出されたケイトは、相変わらずいつもの忙しさの中で気持ちを仕事モードに切り替えるのだった。

 

トンネル崩落事故は全員無事に生還し、入稿にも間に合う。

その翌日、ケイトはバスの中で女子高生たちが「カリスマ塾講師・ジーザス富岡」(新納慎也)の話で盛り上がっているのを耳にする。

女子高生たちの話は、難関医学部の小論文の問題をジーザスが3年連続で当てているという話だった。

 

ケイトはその話に興味を持ち、女子高生たちに詳しく話を聞くことにする。

 

その女子高生の中のひとりの彼氏が、ジーザスの少人数制の「特Aコース」を受け、去年医学部に合格していた。

ケイトはその大学生・向井翔(井上瑞稀)を取材し、月謝30万の「特Aコース」の受講生の合格率が100%だと聞き、疑念を持つのだった。

予備校が公表しているのは合格率70%なのだが…。

 

ケイトは黒川(山内圭哉)に掴んだネタを上げ、ジーザスの周辺を取材することに。

 

一方、編集長の岩谷(佐々木蔵之介)とデスクたちの会議では、連載班がジーザスの新刊本のインタビュー記事を企画していることが発覚。

岩谷は、翌日、野中春樹(重岡大毅)が行く予定だったジーザスのインタビューにケイトを同行させることにした。

 

そんな中、ケイトは尾高(柄本佑)のスタジオを訪ね、30年前の乃十阿徹の事件に興味を持ったきっかけについて意外な話を聞くこととなる。


さらに、ジーザス周辺のスクープを狙い、特集班総出の張り込み計画がスタートする!

[参考]日テレドラマ「知らなくていいコト」公式サイト

人気予備校講師・ジーザス富岡の不正を暴く

どう考えても怪しい…。

ケイトはぐいぐい行きますね。

かっこいいです。

 

高すぎる受講料といくら何でも100%の合格率はあり得ません。

予定されていた特Aコースの講義が先に延ばされたのは、医学部部長が入院中で小論文の問題が手に入らないからでした。

ジーザス富岡本人は「予測力と予感力」が降りて来ないと言っていますが…。

特集班の連係プレイで、裏取りも完了しますが、岩谷編集長から一旦取材はストップと声がかかり、特集班はがっかり…。

しかし、「週刊イースト」は、ジーザスの不正よりもっと大きな贈収賄事件をスクープします。

 

「週刊イースト」はおそらく「週刊文春」をなぞらえているのだと思いますが、こんな感じでスクープを取っているのでしょうか。

週刊文春は、よく「知らなくていいコト」だと思う記事もありますが、真実を伝えることは大切なことなのかもしれません。

そして、ケイトはジーザスに「世の中には知らなくていいコトもあるんだ」と言われますが、「私には『知らなくていいコト』なんてない!」と尾高さんに言い切ります。

尾高が報道カメラマンを辞めた理由

カメラを首から下げる人

今日も、尾高さん、素敵でしたね。

尾高さんが報道カメラマンを辞めて、動物カメラマンになったのは、ケイトの父親が乃十阿徹だということを知ったから…のようです。

しかし、尾高さんは否定します。

報道カメラマンは、目の前で起こっていることを止めたり助けたりすることより、写真を撮ることを優先出来る神経が必要で、それに嫌気がさしたからだと尾高さんは言います。

ケイトが、自分のせいで尾高さんが世界的な報道カメラマンとして活躍する未来を閉ざしてしまったと言ったあと、ケイトの頭をポンポンします。

尾高さん、なんて、器が大きくて、本当の優しさを持った人なのでしょうか。

悪いけど、野中春樹とは大違いw

ケイトが尾高さんのプロポーズを断ったことを、心から後悔しますが、全くその通りだと思います!

最後に

「知らなくていいコト」第4話の感想でした。

次回の予告で、ケイトは尾高さんに連れられて乃十阿徹の事件現場に行くようです。

乃十阿は、事件に関する自白はしていますが動機がわかっていません。

ケイトの父・乃十阿徹は、本当に殺人を犯したのでしょうか。

次回も楽しみ!