『テセウスの船』第4話 ネタバレ感想|由紀は由紀のままだった!

「テセウスの船」第4話の感想です。

前回、突然タイムスリップして現在に戻ってきた心。

心が過去を変えてしまったせいで、現在はさらに過酷な状況へ変わっていたのです。

「テセウスの船」第4話 あらすじ

再び現代にタイムスリップした田村心(竹内涼真)を待ち受けていたのは、変わり果てた歴史だった。

父・文吾(鈴木亮平)は変わらず冤罪で囚われており、母・和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)は心中して亡くなっていた。

生き残った姉は行方知れず。

自分が過去を変えたことで最悪の歴史に変わってしまったことに心は深く後悔する。

最愛の妻だった由紀(上野樹里)が亡くなった歴史も変わっているのではと、心は一縷の望みを胸に由紀の実家を訪れ、由紀と遭遇する。

拘置所の文吾と涙の再会を果たし、必ず冤罪を晴らすと約束した心は、生き別れになっていた姉を訪ねるが、姉は村田藍(貫地谷しほり)と名前も姿も変えて隠れるように生きていた。

心は藍に文吾の冤罪を晴らすことに協力して欲しいと言うが、藍は内縁の夫(安藤政信)との生活を邪魔しないで欲しいと拒む。心は姉の夫の正体を知り、愕然とするのだった。

音臼小事件は未だに終わっていないと感じる心。

心は父を救い出すため、あまりにも無謀な作戦を思いつく。

しかし、大きな困難が待ち受けるのだった。

[引用元]TBSテレビ日曜劇場「テセウスの船」公式サイト

いろいろな疑問

今回、現在にタイムスリップして戻ってきた心さんのことを、文吾さんは覚えてましたが、お姉ちゃんの鈴ちゃんは、昔うちで居候してた心さんと自分の弟が同じ人だと気がつかないのでしょうか?

いくら小学生でも、あれだけインパクトのある登場のし方と知らないうちに消えてしまった人のことを忘れているとは思えないのですが。

 

あと、木村先生は隠しカメラまで設置して、初めから村田藍が田村鈴だとわかっているのに、自分の息子と結婚させるという心理は一体…?

 

今日までの展開だと、怖い怖いタッチの絵も、青酸カリ持っているのも、完全に木村先生が犯人っぽいですが、それじゃあ普通過ぎるような気もします。

もしかしたら、車椅子の男が?

でも、事件当時は小学生だしなぁ…。

 

しかし、木村先生は、藍を監視しているのは確か。

心さんが、被害者の会に行こうとするのを「チッ」って舌打ちしてましたよね。

やっぱり、犯人は木村先生なのでしょうか。

それにしても、麻生祐未さんの演技が怖すぎるw

 

そして、火事で死ぬはずだった田中義男さんが、結局、青酸カリで殺されているようです。

ということは、人数は変わってないけど、死んだ人が違っているということ…。

死ぬはずだった誰かが生きている…。

由紀は由紀のままだった!

そして、第1話で妊娠中毒症で亡くなった心の妻・由紀の未来も変化していて、雑誌記者として生きていました。

タイムスリップする前の心が父親の冤罪を晴らすことを諦めていたのに、由紀はいろいろ調べてノートを作ってくれていましたが、未来が変わった今も由紀は由紀のままでした。

 

今回も大活躍でしたね。

 

上野樹里さんが初回の初めのシーンで終わりなのはもったいないなと思っていましたが、次回からも大活躍してくれそうな感じです。

正直、心よりずっと肝が据わってますw

次回は佐々木紀子登場!

被害者の会で姿は見えませんでしたが、芦名星さん演じる佐々木紀子が新たな証言者として、登場しそうです。

「私見たんです…」と予告で言ってましたね。

 

ノートを拾った真犯人が青酸カリを、オレンジジュースではなくはっと汁に入れることに変えたということですが、真犯人自身はその未来から来たノートを変だなと感じなかったのでしょうか。

普通にそのノートを参考にしてしまってますけど、なにこれ?って、普通なら怖くならないものでしょうか。

 

いずれにしても、次回は佐々木紀子が新たな証言者として登場するので、また新たなストーリー展開がありそうですね。

由紀さんと心は、また結ばれそうな感じもありましたし、そこは未来が変わっても変わらないでほしいです。

最後に

次回はまだ第5話ですが、ストーリー展開早いですね。

でも、だからこそ、まだ木村先生がいかにも犯人ぽいけど、違うということを物語っているのだと思います。

いろんな理由でいろんな人がいろんな人を庇っているのかも。

本当に1時間があっという間ですが、次回も楽しみ!!