『恋はつづくよどこまでも』第5話 感想|チョココロネと恋人宣言

「恋はつづくよどこまでも」第5話感想です。

ファーストキスのあと「彼氏になってやる」と天堂先生に言われ、舞い上がる七瀬。

いよいよ、二人は恋人同士に!

「恋はつづくよどこまでも」第5話 あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)のストーカー・元入院患者の田沢伸(森廉)と天堂浬(佐藤健)がもみ合いになり、ケガを負った七瀬は救急車で搬送される。

意識が朦朧とする七瀬は、「先生とデートしたり、キスしたりしたかった…」と胸の内を告白し、意識を失う。

そんな七瀬に必死に声をかけ続けた天堂は、「乗り切ったら、願いを何でも叶えてやる」と約束し、「彼氏になってやる」と告げる。

公私混同したくないという天堂に交際の事実を周囲に明かさないように口留めされるが、5年越しの片想いが実り舞い上がる七瀬は…。

一方、循環器内科の主任ナース・根岸茉莉子(平岩紙)の長男・真司が不整脈治療のため、入院してくる。

年齢も近い七瀬は、真司の不安を軽減できたらと自らアブレーション治療の介助に加わりたいと名乗り出るが、七瀬の未熟さを知る茉莉子は息子を思うあまり、天堂に対して七瀬を介助メンバーから外してほしいと告げ…。

[引用元]TBSテレビ「恋はつづくよどこまでも」公式サイト

どんどんきれいになる上白石萌音ちゃん

それにしても、上白石萌音ちゃん、初回から比べるとどんどんきれいになっていきますね。

もともと可愛いんですが、初回あたりは、ある意味野暮ったさみたいなものを出してましたが、みるみるきれいになっていってます。

恋する乙女を上手に自然に表してる感じで、さすが女優さんだなと思いました。

佐藤健さんの力も大きいのかもしれません。

やっぱり、天堂先生、すっごくかっこいい♡

 

しかし、流子さんと小石川先生が、昔恋人同士だったというのはびっくり。

でも、流子さんは仁志くんにかなり心が傾いているので、うまくいってほしいです。

小石川先生は、離婚されているってことだし、バーでちょっと思わせぶりな感じでしたが…。

どうなるのでしょうか。

仁志くん、がんばれ!

勇者ちゃんはいい子

根岸主任から、天堂先生に七瀬をアブレーションから外してほしいと言われたことを知っても、ずっと笑顔で主任に接していて、七瀬って本当にいい子だなと思います。

 

魔王・天堂が惚れるのもわかる気がします。

 

太陽みたいに明るくて、ナースとしても勉強家で、本当にいい子。

心臓血管外科のメンバーが応援したくなるのもわかります。

口止めしてたのに自分から宣言する魔王

今回の佐藤健さんのコーディネートも素敵でしたね。

黒いハイネックに茶色のコートもシックで素敵でした。

 

今回は、天堂先生が、手術している姿がしっかり見れたのもよかったです。

しつこいようですがw、かっこよかったです!

 

勇者ちゃんの「無神経で無頓着で不愛想だけど、大好き」…にはキュンときましたね。

そして、やっぱりいいところで来生先生がいつも助けてくれます。

こういう役どころは、いつもいい人なのに報われない…っていうのが切ないです。

 

そして、最後のシフト調整のところで天堂先生が言った「俺の彼女だから」にやられてしまった女子が、SNS上に溢れていましたね。

今回のいちばんの萌えポイント♡

自分から口止めしておいて、自分で宣言するなんてやっぱり天堂先生は「魔王」です!

 

しかし、バレンタインに何気にチョココロネをあげるなんて、天堂先生可愛すぎる( *´艸`)

 

私は、どちらかというとラブストーリーのドラマはあまり好きではないのですが、正直、佐藤健さんの演技力のおかげか、「恋つづ」にははまってます!

最後に

「恋はつづくよどこまでも」第5話感想でした。

今回は、萌えポイントの多い回でした。

やっぱり、ラブコメはこうでなくちゃ!という感じです。

次回は、昔の恋人にそっくりの女性の出現で七瀬の心が動揺してしまうようですが、どうなるのでしょうか。

来週も楽しみ!