『知らなくていいコト』第7話 感想|ケイト刺される!

ドラマ「知らなくていいコト」第7話の感想です。

今回は、週刊イースト編集部が次々とトラブルに見舞われます。

そして、ケイトが刺されて…。

「知らなくていいコト」第7話 あらすじ

尾高(柄本佑)が、自分と同じ気持ちでいてくれたことを知ったケイト(吉高由里子)は、雑誌記者として不倫を追う自分の立場を省みて、自分自身の道ならぬ恋に罪悪感を抱いていた。

翌日、特集班のデスク・黒川(山内圭哉)が高熱を出して倒れる。

インフルエンザの可能性もあり、ケイトは黒川の代わりにデスク代理に指名されるが、校了前日の編集部で激務に追われる。

そんな中、編集部で次々とトラブルが発生する!

マネージャーの恫喝を記事にされた演歌歌手・笹美鈴(小沢真珠)が記事に不満を持ち殴り込みに訪れ、右トップを飾る予定だった政治記事の告発者が、突然掲載を撤回したいと要求し、スクープ記事が飛ぶピンチに!

編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は、連載を抱える大物作家・丸山シゲオ(西村まさ彦)の接待に駆り出されており、編集長不在の中、編集部は一丸となってトラブル解決に駆け回るのだった。

岩谷は同期の出版局長に気難しい大物作家を任せて、急いで編集部へ向かう。

次々と起こるトラブルを解決しながらも、疲労と活気と混乱が渦巻く編集部に、前回、ケイトが不倫報道の記事を書いた棋士の妻がケイトに恨みを抱き、刃物を持って編集部に乱入してくる。

週刊イースト始まって以来の大惨事が発生する!

ケイトはその襲撃者に腕を刺され、さらに刃物を向けられているちょうどそのとき、編集部に来た尾高がケイトを庇って背中をさされてしまう。

さらに、ケイトと尾高に対して屈折した思いを抱く野中(重岡大毅)は、他誌の記者に、ケイトの父が殺人犯・乃十阿徹(小林薫)であることを話してしまう…。

[参考サイト]日本テレビ ドラマ「知らなくていいコト」公式サイト

編集長が殴られ黒川デスクがインフル疑惑

今回、週刊イースト編集では、次々とトラブル発生!

それでも、落ち着いて編集部員に指示を出し、仕事をこなしていく岩谷編集長。

今回は、岩谷編集長がかなりカッコいいターンでした。

全く動じないところも、本当に頼りになる出来る敏腕編集長!

やっぱり、仕事が出来る男性って素敵ですよね。

小沢真珠さん演じる演歌歌手・笹美鈴に頬を叩かれるのですが、記事を書いた記者の盾になっていましたし。

岩谷編集長、理想の上司です!

 

そして、今回、突然高熱を出してしまった黒川デスクの出番が少なかったのは寂しかったですね。

今回ほどトラブル続きの週刊イースト編集部に、黒川デスク不在は惜しかったなぁw

さらに、黒川デスク、インフルじゃなかったしw

ケイトが刺され尾高がかばって…

前回、清純派女優と人気棋士の不倫記事を書いたケイト。

その記事のタレコミは、棋士の妻からだったのですが、不倫をしていた夫が記事のせいで清純派女優の元に走ってしまったようです。

その妻が、ケイトを刃物で襲撃。

ケイト自身も、不倫の恋をしているので、記事の内容が少し不倫をしている二人の立場に立った記事になっていたのかもしれません…。

そこに、ちょうど尾高さんが編集部に現れて、ケイトを庇って背中を刺されてしまいます。

 

誰も、身動きも取れない状態からケイトを庇った尾高さん…やっぱり今週もカッコいいです。

ネットでは、その庇い方じゃなくて、犯人突飛ばせばいいのに!という意見もありましたがw

そこは、ケイトへの愛ゆえの尾高さんの行動に、私は単純に素直に感動させていただきました。

 

ケイトと尾高さん、これからどうなっていくのでしょうか…。

野中がケイトの秘密を暴露!

野中は、ケイトと尾高さんの関係にも歪んだ感情を持っているし、仕事も何となく思ったようにうまくいかないようだし、今の彼女の方が編集部員から「出来る!」と言われたり…。

ちょっとひねくれてしまったのかもしれませんが、なんと、今回とうとうケイトが大量無差別殺人犯の乃十阿徹の娘であることを、別の週刊誌記者に暴露してしまいます。

ああ…どんだけクズなんでしょうか…(-_-;)

重岡大毅くん、今回はちょっと損な役回りですね。

次回予告では、尾高さんに盛大に殴られてましたし…。

自然なラブシーン

前回から続いて、今回のドラマの導入部分は、週刊イースト編集部トラブル爆発の前で、ケイトと尾高さんのシーンが静かに愛を確かめ合ってて素敵でしたね♡

まあ、不倫なんですけど。

 

しかし、お二人とも、すごく自然な演技をされるので、ラブシーンも本当に素敵です。

そして、柄本佑さんと吉高由里子さんの身長差がいい感じで視聴者は萌えますよねw

 

刺されたあとの病院のシーンでも、尾高さんはケイトのことを考え、想っています。

ケイトは、尾高さんの奥様と子供に病室の前ですれ違ったからか、自分も入院していることを尾高さんに言わないところも切なかった…。

会いたかっただろうな…ケイト。

最後に

「知らなくていいコト」第7話の感想でした。

次回は、おそらくケイトは、父親のことが記事になって、窮地に立たされるんでしょうね…。

こうなったら、乃十阿徹が真犯人でないことを祈るしかない。

ケイト…心配です。

やっぱり、また1週間が長いです。