『知らなくていいコト』第8話 感想|ケイトの孤独と大スクープ

「知らなくていいコト」第8話の感想です。

今回は、襲撃事件のトラウマと闘いながらも大スクープを狙うケイト。

そして、今回のラストには乃十阿徹が…。

「知らなくていいコト」第8話 あらすじ

野中春樹(重岡大毅)は、ケイト(吉高由里子)への歪んだ感情からケイトの父親が乃十阿徹(小林薫)であることを他誌に暴露する。

ケイトは、襲撃事件で腕を刺され入院していたが、退院早々ネタ会議に復帰する。

そんなケイトにさらなる厳しい状況が待ち受けているとは、このときまだ思いもしなかった。

そして、さっそく取材に奔走するケイトだった。

 

一方、上層部からケイトを異動させろと圧力をかけられた岩谷(佐々木蔵之介)は、上の要求を突っぱねるためケイトに右トップ記事の真相を追わせることにした。

それは、与党議員・梅沢の金庫番だった相田の自殺でうやむやにされた賄賂疑惑についてだった。

全ての罪をかぶる遺書を残し自殺した相田だったが、岩谷は梅沢の資金管理団体の3ヶ月分の帳簿消えたという情報を掴んでいた。

ケイトは、トカゲのしっぽ切りをした梅沢の裏の顔を暴くため、襲撃事件のトラウマと闘いながら消えた帳簿探しに奔走する。

しかし、相田の妻・依子(遠藤久美子)から取材を拒否されてしまう…。

 

一方、入院中の尾高(柄本佑)は、無理して仕事をするケイトを心配して…。

 

その翌日、ケイトが乃十阿の娘だという記事が他誌に掲載され、編集部は騒然となっていた。

殺人犯の娘であるケイトが週刊誌記者だということが白日の下にさらされ、ケイトの周囲の状況は一転するが、週刊イースト編集部員は、ケイトに今まで通りあたたかく接してくれていた。

そんな中、尾高は乃十阿徹と接触していた…。

[参考サイト]日テレドラマ「知らなくていいコト」公式サイト

闇に落ちた野中春樹

今回、他誌にケイトが乃十阿徹の娘であることをリークした野中は、それを知った尾高さんに殴られます…。

怒った尾高さんは、かなり怖いです。

しかし、野中も、根は悪い人間ではないはずなので、罪悪感に苛まれています。

このあたりは、ちょっと救われた気もしますが、やっぱり人としてクズすぎます。

 

自分からケイトに別れを切り出したのに、なぜかケイトに執着してしまう野中は、尾高さんに「もう二人で会わない方がいいですよ。二人が不倫してることがわかったらもっともっと大変なことになりますから!」と言いながら、嗤うという…怖ろしいほどの闇に落ちてます。

ケイトの孤独

ケイトは、母の杏南を亡くし、取材対象に刺され、結婚を考えていた野中に裏切られ、尾高さんには妻子がいて…。

一人で社の仮眠室で泣き崩れます。

どれだけの孤独なんだろう…。

それでも、仕事に邁進するケイトはカッコいいけれど、痛々しくて観ていて一緒に泣いてしまいました。

イマドキ男子の福西くん

渕野右登さん演じる黒川班の一番の若手・福西くん。

毎回、笑わせてくれますねー。

正真正銘のイマドキ男子を体現されています。

緊迫するシーンの多いドラマの中で、ちょっとした箸休め的wな役割を担っています。

なぜ、東源出版に採用され、週刊イースト編集部に配属されたのか…謎です!福西くんw

岩谷編集長と尾高さん

今回、何でもお見通しの岩谷編集長に、ケイトは尾高さんとのことを話します。

そして、岩谷編集長は「尾高はケイトを選ぼうとしている」と言います。

 

私たち視聴者も、尾高さんとケイトに結ばれてほしいとは思いますが…やっぱり略奪愛は…(-_-;)

 

しかし、今回も岩谷編集長の人望の厚さと偏見のなさと懐の広さと敏腕ぶりが際立っていました。

さらに、副社長に「君はいつか足元をすくわれる」と言われても、「すくわれるまで走り続けます」って…。

ああ~カッコいい!!

 

尾高さんと岩谷編集長、二人に守られているケイトは本当は孤独ではないのかもしれないですね。

最後に

「知らなくていいコト」第8話の感想でした。

次回は、乃十阿徹が真実を明かしてくれるのでしょうか。

次回予告でのケイトの「私は殺人犯の娘ではなかったのか…」というセリフの意味が気になります!

次回は第9話。大詰めです!!