『テセウスの船』第7話 ネタバレ感想|みきおの共犯者・黒幕は誰?

「テセウスの船」第7話の感想です。

みきおが犯人であることは前回わかりましたが、黒幕は一体誰?

今回はストーリー展開がゆるやかで、主に佐野家の愛情物語という感じでした。

「テセウスの船」 第7話 あらすじ

 田村心(竹内涼真)は、現代で一連の犯人が木村みきお(安藤政信)だと知った途端、再び平成元年にタイムスリップしてしまった。

音臼小事件まであと二日。

心は文吾(鈴木亮平)と共にみきお少年(柴崎楓雅)を追うが、村から忽然と姿を消していた……。

みきおの消息がつかめず焦る心は、歴史が変わった現代で和子(榮倉奈々)と兄・慎吾(番家天嵩)が心中していると文吾に明かしてしまう。

最悪の未来を知った文吾は取り乱し、絶対に事件を止めなければと空回りし、家族と村人との間に溝が出来てしまう。

事件を前に早くもバラバラになりかけた家族を、心は必死でつなぎ止めようとするのだった。

そして、みきおは計画を邪魔する心を消そうと、和子の命を狙おうと画策する!
家族のピンチを心と文吾はどう乗り切るのか……!?

[引用元]TBSテレビ日曜劇場「テセウスの船」公式サイト

みきおの動機は一体なに?

みきおは、元医者の息子で祖母に育てられていたという過去が判明。

子供にはワープロは無理かなと思っていましたが、医者の息子で頭も良さそうなのでワープロ操作くらいなら出来そうですね。

しかし、みきおには共犯者がいるはずで、前回の予告では「次はどうする?」と誰かに言っていたはずなのですが、今回そのシーンはなかったようです。

 

みきおは、祖母に引き取られて音臼村にやってきたとき、いじめにもあっていたようなので、それを恨みに思っているのでしょうか。

今回も、みきおの犯行動機がわかりませんでした。

 

黒幕がいるのは確かなようですが…一体誰なのでしょうか。

 

さらに、警察官の文吾さんが「脅迫状が届いている」と言っているのに、どうしてもお楽しみ会を強行するという大人たちの反応もちょっと納得がいかない感じ…。

父を信じる家族

今回は、佐野家の家族愛を前面に押し出したストーリー展開でした。

 

心に未来の話を聞かされた文吾が、理由も言わず、お楽しみ会当日は村を離れろと和子と子供たちに言います。

初めは反発する3人でしたが、父の様子を見て、何かあると父を信じることにしたようです。

文吾さん、家族に信用されているんだな…と思いました。

そして、和子さんは、本当に良き母であり、良き妻ですね。

 

3人が車に乗り込んだときの文吾さん、切ないです。

もし、音臼小事件を止められなかった場合、もう文吾さんは家族に会えなくなってしまうかもしれないということです…。

家族で埋めたタイムカプセル、30年後にみんなで掘り返すことができますように…。

 

しかし、次回の予告では村を離れようとした佐野家の人々がどこかに連れ去られるようです。

そして、みきおの「計画は完璧なんだ」という言葉も怖ろしいです…。

21人もの人を殺害するなんて、一体どんな動機があるのでしょうか。

 

しかし、みきおの部屋の様子は、どう見ても普通の小学生の部屋だとは思えません。

みきおはただ大量殺人をもくろむサイコパスという設定なのでしょうか。

そして、黒幕は一体誰?!

最後に

「テセウスの船」第7話の感想でした。

このドラマは全10話で完結するようです。

あと3話…。

ラストはバッドエンドになってしまうのでしょうか。

由紀と心、佐野家の人々…みんなが幸せに終われるといいのですが…。

また、1週間いろいろ考察動画など見ながら楽しみに放送を待ちたいと思います!