『恋はつづくよどこまでも』第8話 感想|七瀬がいなくなった!

「恋はつづくよどこまでも」第8話の感想です。

今回は、七瀬の「強さ」を感じたターンでした。

ラストシーンが泣けました!

「恋はつづくよどこまでも」第8話 あらすじ

佐倉七瀬(上白石萌音)に好意を持つ入院患者・上条周志(清原翔)は、天堂浬(佐藤健)から暴力と精神的苦痛を受けたとして、訴えを起こした。

上条の容態を見られなくなったことが気がかりな天堂は、代わりに七瀬にその想いを託す。

循環器内科では七瀬だけではなく看護師たち皆で、上条の看病と精神的な支えになれるように協力し合うことを決意。

そんな中、入院中の杏里(住田萌乃)のオペが可能となり、心臓外科と循環器内科で合同チームが発足されることになる。

しかし、上条から訴えられてしまった天堂は、表立ったオペに参加することが厳しくなってしまい…。

七瀬は上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。

考え抜いた七瀬は、誰にも何も告げずにある行動に出て‥‥。

[引用元]TBSテレビ「恋はつづくよどこまでも」公式サイト

上条氏魔王に完敗 魔王勇者に陥落

結局、上条さん…ホンマはええ奴やん!

上条さん、子供の頃から心臓が悪くて入退院を繰り返して、親が大金持ちだから周囲からはATM扱い(それは上条さんが心を開いてないからよ)されて…自分のことポンコツだって思っていたんだろうな…。

今回、杏里ちゃんの手術に天堂先生が入れないようにしようとしたりと、嫌な奴っぷりが半端ない感じでしたが、最終的には告訴も取り下げて…七瀬のこともあきらめた上条さん。

自分も子供の頃から心臓悪くて、杏里ちゃんの気持ち、いちばんわかってたのは上条さんだったのかも。

天堂先生に謝った後、夜空を見上げた彼の孤独に胸がちょっと痛みました…。

 

そして、上条さんの出現で、完全に天堂先生と七瀬の気持ちをさらに強く結びつけたはずです。

つきあいだしても、どこまでも七瀬の片思い的な感じがつづくのかと思っていましたが、天堂先生のために日浦総合病院を辞めてまで愛を貫いた七瀬に、魔王陥落だったと思います。

前回までは憎たらしい上条さんでしたが、結果的に彼の出現は二人がお互いの気持ちを確かめ合うことが出来て、良かったのだと思います。

魔王の方が惚れている?

今回もファーストシーンから、ラブラブな二人でしたね。

かいがいしく家事をする七瀬に「世話してもらいたくてつきあってるんじゃない」と言いながら七瀬の髪を下ろしてあげたり…♡

これは視聴者をキュンキュンさせるために「やってんなぁ~」って感じですねw

 

前回あたりから七瀬より天堂先生の方が惚れてる感出てきてますよね。

ボーリングのシーンも、裏での七瀬の決意が切なかったですが、ムキになる天堂先生が見れて楽しかったです。

 

帰り道に手をつないで歩きながら涙を流す七瀬が、本当に切なかったです。

身を引くことを決める七瀬は、人としてもナースとしてもとても素晴らしい子だなと思いました。

杏里ちゃんの手術は、やはり天堂先生なしでは考えられないものだったはずです。

なに、この終わり方!?

この数話、上条さんにひっかき回された感じですが、今回もラストシーンはもう胸キュンの遥か上をいく感じで、TVの前で号泣してしまった私ですw

いや、絶対来てるやん!って思ってましたが、前から歩いて来るのかと思ったら、バックハグは反則!w

こんなん絶対泣かせに来てますよねー(≧▽≦)

本当に号泣しながら「なに、この終わり方?!」って言ってしまいましたw

 

そして、今回は、来生先生と結華ちゃんも何となくいい感じになっていく予感…しませんでしたか?

 

仁志くんと流子さんは、なかなか難しいのかな…(-_-;)

流子さんは大きな病院のお嬢さんだから、後継ぎ問題もありますからね…。

さらに、小石川先生も流子さんに…この二組の恋の行方も気になります。

最後に

「恋はつづくよどこまでも」第8話の感想でした。

次回もまた、たくさん胸キュンポイントがありそうな予告でしたね♡

さらに、七瀬も日浦総合病院に戻って来るようですし、今回もまた1週間が長いです!