『知らなくていいコト』第9話 感想|乃十阿徹の事件の真相が明らかに?!

「知らなくていいコト」第9話の感想です。

今回はケイトが乃十阿徹に会いに行きます。

そして、乃十阿の事件の真相が明らかに…?!

「知らなくていいコト」第9話 あらすじ

ケイトは、岩谷編集長(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けた。

ケイトは、悩みながらも返事を保留にする。

一方、尾高(柄本佑)は、一連の報道から再び追われる身となった乃十阿徹(小林薫)を連れ出し、自分のスタジオに身を隠さないかと持ちかけていた…。

そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことになる。

タレコミをしてきたのは、大食いの素人チャレンジャー・小滝(小林きな子)。

彼女によると、美人大食いタレント・新谷マリアが食べる料理だけは容器が上げ底になっているというのだった。

早速ケイトはテレビ局のコネを使って、大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオ見学に行くことに。

証拠がなかなかつかめない中、ケイトは、大食い選手権の女性プロデューサー・加賀田と新谷マリアの事務所社長との関係に目をつけた。

ケイトは、後輩の福西(渕野右登)に、番組AD・荒牧(三船海斗)に張り付くよう指示を出す。

 

そしてその夜、ケイトの自宅に春樹(重岡大毅)が突然現れる。

春樹は混乱しながら今までの自分の心のうちをケイトに吐き出す。

 

その翌日、ケイトは尾高から、乃十阿徹が自分のスタジオにいることを聞かされる。

尾高は、乃十阿と話すなら今しかないとケイト告げる。

そして、ついに乃十阿がケイトと対峙し、30年前の事件の真相が明らかにされようとしていた!

[参考サイト]日本TV「知らなくていいコト」公式サイト

福西くん、がんばる

今回の黒川班のスクープは、大食い選手権のヤラセ疑惑でした。

ケイトと共に福西くんがこの記事を担当することになり、自分と同じように女性上司に叱られてばかりいるADの荒牧くんからうまく真相を引き出すことが出来ました。

何となく、ケイトのおかげ…という気もしますが、福西くん、記者デビューを果たします!

 

私自身は、TVの大食い番組はあまり見ないのですが、YouTubeではときどき見ています。

実際に、大食い選手権でチャンピオンになった人の動画ばかり見てるので、それはヤラセはなさそうですが、昔、噂になったことがありましたよね…。

実は、食べたものを裏で吐いてるとか…。

まあ、噂は噂でしかないのですが。

尾高さんといるときのケイト

尾高さんのスタジオで身を隠している乃十阿徹。

今回、尾高さんはケイトに乃十阿徹と会うように進言してくれます。

 

編集部の廊下で二人でその話をしているときのケイトの表情が、敏腕雑誌記者の顔から「女性」の顔になっていて、吉高由里子さん、やっぱり演技が上手だなぁと思いました。

すごく艶っぽい顔になってましたね。

そして、乃十阿徹と会ってから、二人のこともゆっくり話そう…と言った尾高さん。

今週も野中と正反対のwカッコよさ満点の尾高さんでした!

 

今回、野中春樹が深夜に酔いつぶれて突然ケイトのマンションに押しかけてきます。

ケイトが乃十阿徹の娘だということを他誌に暴露したことについて「なぜ尾高さんじゃなくて僕だと疑うのか」と、セコイことを言いながらw泣いてました…。

尾高さんのわけないじゃないのw

野中は、今の彼女にも愛想をつかされて…いろいろ苦しんでそうですが、自業自得かな…という感じ。

乃十阿徹の事件の真相

乃十阿徹の担当弁護士だった高村弁護士(平田満)から、ケイトと尾高さんが呼び出されます。

乃十阿徹には当時3歳の息子がいて、ハーブティーの葉をポットに入れることを「母のお手伝い」としてしていました。

その息子が「水に葉っぱを入れることはいいこと」だと思って、はりひめ草が毒草だと知らずに、共同の飲料タンクに入れてしまったのではないかという疑惑があったことを聞かされます。

乃十阿の自宅に警察が聞き込みに言ったときに、毒物は「はりひめ草」が原因だったことを聞いた途端、乃十阿は「私がやりました」と自白したのです。

 

ケイトは、殺人犯の娘ではない可能性が出てきました。

しかし、次回予告では、ケイトが「殺人事件に私が関係していた…」と言うところもあり…。

次回、最終回で全てが明らかに…?!

最後に

「知らなくていいコト」第9話の感想でした。

次回はいよいよ最終回です。

ケイトと尾高さんのこれからのこと、乃十阿徹の事件の真相解明…。

最終回が楽しみです!