『恋はつづくよどこまでも』第9話 感想|七瀬が交通事故で意識不明に!

「恋はつづくよどこまでも」第9話の感想です。

二週連続で泣かされました。

次回はいよいよ最終回です。

「恋はつづくよどこまでも」第9話 あらすじ

鹿児島の小さな診療所で、看護師として新たな生活を始めていた佐倉七瀬(上白石萌音)を迎えに来た天堂浬(佐藤健)。

ひょんなことから、家族に天堂を紹介することになるが、結婚の挨拶だと舞い上がる佐倉家をよそに、「先生に好きって言ってもらったことがない」と気づいた七瀬は不安な気持ちに。

そんな中、七瀬は、診療所の院長を務める中沢(モロ師岡)の医師としての志に心動かされ、天堂と共に東京へ戻り、患者の命と真摯に向き合う決意を新たにする。

日浦総合病院の副院長・小石川六郎(山本耕史)の計らいもあり、循環器内科に復職することができた七瀬。

再び看護師として奮闘しながらも、なかなか気持ちを伝えてくれない天堂に不安を覚え、どうにかして誘惑しようと躍起になって…。

[引用元]TBSテレビ「恋はつづくよどこまでも」公式サイト

魔王が勇者の家族に会う

前回、実家に帰って街の診療所で働いていた七瀬を追ってきた天堂先生。

そして、今回はそのまま七瀬の家族と対面することになります。

七瀬の家族らしいユニークなみなさんと、発展的なお母さん(石野真子)が最高でした!

 

七瀬のお父さんは、七瀬が頑張りすぎる子だということを知っていて、とても心配しているんですね。

その心配が、東京に帰った途端に現実のものとなってしまいます…。

頑張りすぎる七瀬

七瀬は自分に魅力がないのかと悩み、お色気攻撃wに出ますが、天堂先生に「俺がどれだけ我慢してると思っているんだ」と言われ…。

いよいよか…と思ったら、流子・沙世子コンビに邪魔されてしまいますw

でも、天堂先生と七瀬はそれで良いのだと思います。

 

その翌日、いっしょに出勤する天堂先生と七瀬は、交通事故に遭遇します。

多くのケガ人が出る大きな事故で、天堂先生も七瀬も何とかケガ人を守ろうとします。

そのとき、天堂先生の頭によぎったのが七瀬の父の言葉でした…。

 

すぐに七瀬に休むように言う天堂先生でしたが、七瀬の患者さんを救いたいというナース精神に負け、共に応急処置をして…。

ケガ人がすべて無事に病院に運ばれていくのを見届けた後、七瀬は意識を失ってしまいます。

 

だから、休めって言われたのに…と、TVの前で思わず言ってしまいました。

がんばりすぎる七瀬が、ここでも出てしまったようです。

でも、だからこそ七瀬!…だとも思いました。

やっぱりうまいな…佐藤健

日浦総合病院に運ばれ、手術を受けた七瀬ですが、麻酔が切れたあとも意識が戻りません。

このまま意識が戻らない可能性もあると言われた天堂先生は、三日三晩、一睡もせずに七瀬に付き添います。

 

二度と天堂先生から愛する人を奪わないでほしい…。

 

……まあ、現実的なことを言ってしまえば、七瀬は目を覚ますだろうなという予想はしてましたw

しかし、目を覚ましたあとの天堂先生・佐藤健さんの演技は、予想の遥か上を行くものでした…。

 

やっぱりうまいなー、佐藤健!

 

後ろ向きで大粒の涙をこぼしながら、七瀬に好きだと言います。

七瀬の好きなところ、本当はいっぱいあって、ただ言わなかっただけで…。

 

二週連続で泣かされましたー(T_T)

 

正直、佐藤健さんの演技力で、このドラマはただの「ラブコメ」では終わらないなと思いました。

最後に

「恋はつづくよどこまでも」第9話の感想でした。

次回は最終回です。時間延長みたいでうれしいですね。

しかし、七瀬が留学するようで…。

だけど、二人の気持ちが変わらない自信が私たち視聴者にはある!w

次回の最終回は、絶対に見逃せません!