『知らなくていいコト』最終回 感想|すべてが意外な結末に!

「知らなくていいコト」最終回の感想です。

ケイトと尾高の関係、乃十阿の事件などさまざまことに決着がつきます。

そして、すべてが意外な結末に!

本当に毎週楽しませていただきました。

「知らなくていいコト」最終回 あらすじ

30年前に起こった事件は、乃十阿徹(小林薫)が幼い息子をかばった可能性があることを担当弁護士から聞かされたケイト(吉高由里子)。

そして、ケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子が住むドイツへと旅立っていく。

そんなケイトの行動を知った尾高(柄本佑)は、当時3歳だった息子に事件の真相を聞いても無駄だと止めようとする。

ケイトは、乃十阿が息子をかばった気持ちを理解しているように感じる尾高に対して複雑な気持ちになるのだった。

 

一方、ドイツから帰国したケイトを待っていた編集長の岩谷(佐々木蔵之介)は、再び事件の真相についての手記の執筆をケイトに迫る。

ケイトは、乃十阿が自分の人生をかけて守ろうとした秘密を暴き、その息子の人生を狂わせる記事を書くことに抵抗する。

しかし、岩谷は「ケイトがイヤなら俺が書く」と編集部からメンバーを選び、30年前の事件の裏取りに動き出す!

ケイトは自分抜きで進む事件の真相解明を複雑な思いで見ていた。

数日後、ケイトは会議室に呼ばれ、新しい証拠と共に、母・杏南(秋吉久美子)と自分の存在が事件に無関係ではなかったと思わせる証言について聞かされ、動揺する。

 

また、会社を休み続けている野中(重岡大毅)が突然出社してくる。

そして、野中は社に辞表を提出しようとしていた。

 

ケイトは、記者として人として記事を書くことに迷っていた。

そんなとき、尾高から「話したいことがある」とスタジオに呼ばれる。

 

先の見えない二人の関係に意外な結末が待っていた。

そして、乃十阿の事件の先にケイトが見つけ出した答えとは…。

[参考サイト]日テレ「知らなくていいコト」公式サイト

悩みながらも書く決断をしたケイト

週刊イースト編集部の選ばれたメンバーの取材で、乃十阿徹の事件の真相にたどり着きます。

事件当時の写真を入手し、そこには乃十阿の3歳になる息子が給水タンクに何かを入れようとしている姿がはっきりと写っていました。

 

さまざまな証拠資料を目の前に、ケイトは悩みながらも記事を書くことにします。

泣きながら、悩みながら。

 

「真犯人」である当時3歳だった乃十阿の息子は、事件後ドイツに渡りピアニストとして活躍中。今は結婚もしてドイツ人の妻との間に息子がいます。

ケイトの記事で、その幸せが失われるかもしれない…それはケイトにとってもかなり辛い決断だったはずです。

しかし、記者としてケイトは記事を書きました。

 

それが、結局は社長のダメ出しで、記事を載せることはできませんでした。

以前、乃十阿徹が出所したときの写真(撮影:尾高さん)が人権侵害に当たると問題になったことに、社長が尻込みしたようです。

ケイトが命を削って書いた記事でしたが、やはり組織の中では仕方のないことなんですね…。

 

しかし、このときの岩谷編集長の切り替えの早さ、やっぱり敏腕だなと思いました。

強行突破することはできたようですが、そうなると岩谷編集長もケイトも東源出版にはいられなくなるということでした。

 

ボツになった記事を、ケイトは乃十阿に見せに行きます。

あくまでも、乃十阿はケイトのことを娘だと認めません。

そして、息子のために30年間も刑務所に入ることもいとわない…強くて本当の意味での優しさを持った人なんだなと思いました。

小林薫さんの静かな演技、迫力ありましたね。

尾高さんの離婚とケイトへのプロポーズ

尾高さんは、自分のスタジオにケイトを呼び出します。

そして、ケイトに離婚することになったこと、あとは子供をどうするかを話し合っているところだといい、プロポーズします。

しかし、ケイトは…離婚はしないでほしいと尾高さんにいいます…。

乃十阿の事件を担当した高村弁護士に、乃十阿徹が息子の犠牲になったかもしれないという話を二人で聞いたときに、ケイトは尾高さんが乃十阿の気持ちに共感していたことをわかっていました。

それで、離婚はしないでほしいと…。

……切ない。切なすぎる…。

 

そして、尾高さんがスタジオから家に帰ると、奥さんが息子を置き去りにして出て行ってしまったことを知ります。

尾高さんは、息子は自分が守るしかないのだと決意するのです。

奥さん…ちょっとひどいなー。

しかし、尾高さんはケイトとのことを包み隠さず奥さんに話してしまったんだろうなと想像できるので、奥さんも気の毒ではありますが…。

 

結局、尾高さんは奥さんとは離婚しましたが、ケイトとも別れることになってしまいました。

 

これは、かなり意外な結末だと思いました。

私は、尾高さんは離婚せず、ケイトは仕事に生きる…という結末なんだろうなと思っていたので、意外すぎる結末でした。

 

でも、尾高さんっぽいなぁ…という気もします。

本当にタイミングが悪いです、尾高さん。

岩谷編集長の言うように、まさに「ままならないなぁ、人生は」です。

闇落ち野中がベストセラー作家に!

野中くん。

何日も欠勤したあと、突然週刊イースト編集部にやってきます。

そして、ケイトが乃十阿の娘だと他誌に売ったのは自分だと絶叫!

どう見ても、あかんやつやん…って感じになっていましたが、退職願を出し、「僕は大作家になって見せます~」と言いながら去っていきました。

根は悪い人じゃなさそうなので、このまま終わってしまうのは悲しすぎると思っていたら…。

 

本当に「闇落ちした亀」という本を書き、ベストセラー作家になりました!

 

救われたというか、何となく最後までちょっとカッコ悪い感じの重岡大毅くん、今回の役はすごく腹立つ感じが上手で、よかったです。

いつも、さわやかな好青年の役が多いので、こういう役も出来るんですね。

ケイトはケイトらしく

三年後の週刊イースト編集部。

ケイトはデスクになっていました。

黒川デスクが編集長に、岩谷編集長は局長に!

ケイトは、デスクになっても外に出て行くタイプで、ケイトらしいデスクになっています。

尾高さんは、カメラマンではあるようですが、子育てもしっかりされているようです。

 

でも、もう不倫じゃないから、いつかまたケイトと…と、思った視聴者は多いはず!

そんな期待も感じさせてくれる最終回でした。

最後に

「知らなくていいコト」最終回の感想でした。

本当に毎週楽しみにしていました。

私にとっては、2020年冬ドラマの中では、いちばん感情移入しやすいドラマでした。

柄本佑さんの魅力にも気づきましたし、佐々木蔵之介さんの安定のカッコよさ、重岡大毅くんの怪演wも、素晴らしかったです。

春からは「ハケンの品格」が13年ぶりにこの枠に戻ってきます。

それも、今から楽しみです!!