『SUITS/スーツ2』第2話 感想|看護師組合との労使交渉に挑む甲斐

「SUITS/スーツseason2」第2話の感想です。

今回は、復帰した上杉との対立と共に、東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉に挑む甲斐の姿が描かれています。

「SUITS/スーツ2」第2話 あらすじ

甲斐(織田裕二)チカ(鈴木保奈美)によって、『幸村・上杉法律事務所』から事実上追い出されていた共同代表の上杉(吉田鋼太郎)が復帰した。上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びると、妻の死をきっかけに人を思いやることの大切さを学んだとアピールし、あっという間に彼らの心を掴む。

チカは、上杉に弱みを握られる前に大輔(中島裕翔)を解雇するよう甲斐に命じた。しかし甲斐は、大輔を辞めさせるなら自分もクビにして欲しいと返す。甲斐が辞めれば、上杉は必ずその理由を探り、無資格の弁護士を雇っていたことでチカを責めるはずだと言うのだ。

あくる朝、チカたちが事務所にやってくると、内装工事が行われていた。上杉の指示だった。その陣頭指揮をとっていたのは蟹江(小手伸也)だ。蟹江は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。蟹江からその許可を求められたチカはOKするが……。

そんな中、甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。東京国際記念病院は、もともと上杉が獲得したクライアントでもあった。だがチカは、重要な案件は上杉に任せない心づもりでいたのだ。

東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術が行われる日にあわせて一部業務のストライキを行うと宣言していた。

甲斐は、大輔とともに組合をまとめる看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に会いに行く。かつて被災地のボランティアをまとめた手腕でも知られる佐緒里は、弁護士もつけずにたったひとりで交渉の席につく。そこで甲斐たちは、平均5%の給与アップを提示した。しかし佐緒里はそれを拒否し、病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%もの賃金アップを要求。「私たちの仕事を舐めないで」。佐緒里は、甲斐たちにそう言い放ち……。

[引用元]フジTV「SUITS/スーツ2」公式サイト

手ごわい上杉

上杉は、過去に一体何をしているのでしょうか。

甲斐に「絶対に許さない」と言われていましたが…。

 

初回、上杉の妻が亡くなり、葬儀が行われました。

上杉は、事務所経費の横領と不倫疑惑があり、長期休職をしていましたが、2年経って今回のseason2で復帰したということになっているようです。

しかし、上杉は人心掌握術に長けており、着実に幸村・上杉法律事務所のトップの座を虎視眈々と狙っています。

事務所の事務職員たちにも気配りを行い、着実に自分に気持ちを惹きつけることに成功しています。

蟹江(小手伸也)は、自分は誰につけばいいのか?と迷っていましたが、上杉から最新式のヴォイスレコーダーをプレゼンとされ、上杉に気持ちをしっかり掴まれてしまったようです。

 

同じ弁護士事務所の中でも覇権争いが存在するのは、緊張感たっぷりですね。

そこもSUITSの見どころの一つかもしれません。

看護師のプライドをかけて

今回のゲストは、黒木瞳さんです。

相変わらず、お美しいままで全く年を取らないまさに美魔女ですね。

東京国際記念病院の看護師長・安田佐緒里役で、賃上げ交渉を弁護士を立てずに甲斐を相手に戦います。

15%もの賃上げを要求していますが、実際には、サービス残業が多い看護師の仕事。

15%UPが正当な賃金であるということです。

 

何と、甲斐は、紗緒理に時間外労働を行っていること自体が違法なので、解雇通告書を渡します。

しかし、甲斐は病院側が使っている経費や政治献金など不正な経費があることを指摘し、看護師の増員と労働時間の削減を病院側に約束させ、和解をさせることに成功します。

解雇通告書を渡したときは驚きましたが、さすが甲斐先生、素晴らしい!!

弁護士資格を持たない大輔

season1で、中島裕翔さん演じる鈴木大輔先生が実は弁護士資格を持っていないことが描かれています。

しかし、大輔は「映像記憶」という特殊な能力を持っており、高校2年生のときに司法試験予備試験に合格しているという天才的な頭脳の持ち主なのです。

 

幼い頃に両親を事故でなくしていることもあり、経済的に困窮していました。

そして、その頭脳を見込まれ、替え玉受験のアルバイトを引き受けてしまいます。

それがバレて高校を中退、その後麻薬の運び屋などもしているので、司法試験を受験する資格がありません。

受験さえすれば、確実に合格することができるはずなのですが、残念ですね…。

 

そんな大輔の過去を、甲斐はもちろん知っています。

しかし、その能力に惚れ込んだ甲斐は、大輔をパートナー弁護士として信頼しています。

 

今回、聖澤真琴との関係に進展があり、大輔は自分の過去を聖澤に告白したいと甲斐に相談しますが…。

好きな人に隠し事をしておきたくない気持ちはわかりますが、難しいですね。

幸村チカ役の鈴木保奈美さんのファッション

毎回楽しみなのが、鈴木保奈美さん演じる幸村チカのゴージャスなファッションです。

今回もおしゃれで高級感あふれる衣装にため息がでました。

特に赤いブラウスが、女性らしさもあって素敵でした。

 

鈴木保奈美さん、女優のお仕事をお休みされていた間にさらにスタイルがよくなられたような気がします。

普通は、出産もされてお休みをされていたら、太ったり、昔より美しさが衰えるものですが、さらに美しさに磨きがかかっているのは、きっと幸せな結婚生活を送られているのだろうな…と感じますね。

最後に

「SUITS/スーツseason2」第2話の感想でした。

次回の放送は、コロナウイルスの感染拡大防止のため、延期になったようです。

残念ですが、少し待つしかなさそうです。