『美食探偵 明智五郎』第6話 感想|明智五郎殺害計画はマリアが阻止

「美食探偵 明智五郎」第6話の感想です。

今回は、明智さんが命を狙われます。

しかし、そこにマリアが現れて…。

「美食探偵 明智五郎」第6話 あらすじ

実家の扇屋百貨店の将来を案じる母・寿々栄(財前直見)の強引な段取りで、弟と一緒にお見合いをすることになった明智(中村倫也)。

百貨店の役員・伊達(小市慢太郎)が選りすぐった見合い相手・社長令嬢の紗英(北原里英)に、明智か弟の六郎(草川拓弥)のどちらかを選んでもらうことになるが、当日姿を現さない六郎に代わり、急遽男装した苺(小芝風花)が代役を務めることに!

そんな中、見合い会場となった料亭にはマリア(小池栄子)の姿が……。

大混乱のうちに見合いが終了した直後、突然明智の前で苦しみだした紗英が急死する!

マリアの影を感じ、事件の裏で交錯する意外な思惑に迫る明智。その先にはマリアの歪んだ愛の大炎上が待ちうけていた!

[引用元]日テレ「美食探偵 明智五郎」公式サイトあらすじ

明智さんのお見合い

今回は、明智さんがお見合いをします。

嫌がる明智さんでしたが、お気に入りの高級料亭でのお見合いということで、お見合いをOKしますw

しかし、扇屋の役員・伊達が、明智さん殺害をもくろみ、マリアファミリーの茜(志田未来)と伊藤シェフ(武田真治)を仲間に引き入れようとします。

マリアファミリーの二人が、マリア以外の人間の言うことを聞くわけがなく、あっさり裏切り、お見合い相手の社長令嬢・紗英が殺害されます。

紗英は、お見合いの席でも軽いノリで、何だか怪しいと思っていたら、伊達の愛人でした。

伊達はニースでマリアと遭遇しており、マリアは明智さんがお見合いすることを聞かされていました。

そんなこと、マリアが許すわけがありません!

切羽詰まった伊達は、秘書に手伝わせて明智さんを古い物置小屋に連れ込み、火をつけて明智さんを殺そうとするのですが…。

一枚上手のマリア

火が放たれた小屋にいる明智さんを、苺ちゃんが見つけるのですが、火の中にいる明智さんをただ見ていることしかできません。

そこに、悠然と現れるマリア。

マリアは、燃え盛る火をもろともせず、明智さんに近づき助け出すのです。

慌てることもなく、明智さんとキスまでしてしまいます!

 

このシーン、すごく江戸川乱歩の世界観へのオマージュでしたね。

古い物置小屋といい、燃え盛る火と悠然と火の中に入る妖しいマリアの表情といい…。

小池栄子さんのマリア、すごく艶っぽくてカッコいい。

さらに、少しだけ苺ちゃんにライバル心をちらつかせる演技も圧巻でした。

 

かわいい苺ちゃんより、やはりマリアは一枚も二枚も上手(うわて)でしたね…。

切ない苺ちゃん

苺ちゃんは、明智さんの助手としてものすごく一生懸命頑張っています。

そして、マリアほどの度胸がなくて当たり前です。

相手は、殺人鬼ですから。

火の中にいる明智さんを見て泣き叫ぶ小芝風花ちゃんの演技が、切なくてよかったです。

きれいな涙をはらはらと流しながら。

知らず知らずのうちに、苺ちゃんは明智さんに本気で恋をしていたんですね。

 

最後の明智さんとのシーンも、苺ちゃんの気持ちがよく表わされていて素敵でした。

明智さんは、苺ちゃんをとても大切に思っています。

しかし、苺ちゃんの気持ちに、戸惑う明智さん。

明智さんと苺ちゃんのすれ違う気持ちが、切ないです。

苺ちゃんはマリアには勝てない…と思っているのに、明智さんは「側にいてほしい」と。

ああ…切ない。

 

そして、今回のラストシーンは、コロナウィルスのためのソーシャルディスタンスでこのようになったとテロップが出ていましたが、それ以上に今の明智さんと苺ちゃんの距離感を表しているようで、すごく印象的でした。

素晴らしい演出。

最後に

「美食探偵 明智五郎」第6話の感想でした。

とうとうこのドラマも、コロナのために次回から休止のようです…。

すごくいいところなのに…。

唯一の楽しみなドラマだったので、悲しいです。

残念ですが、第7話を期待してお待ちしています!