「BG~身辺警護人」第1話 感想|フリーのボディガードに

木村拓哉主演「BG~身辺警護人」第1話の感想です。

スタートが本当に待ち遠しかったドラマです。

それにしても、島崎さん、初回でいきなり、フリーになるとは…。

「BG~身辺警護人」第1話 あらすじ

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収され、「日ノ出警備保障」改め「KICKSガード」身辺警護課の所属となった島崎章(木村拓哉)高梨雅也(斎藤工)菅沼まゆ(菜々緒)沢口正太郎(間宮祥太朗)ら民間ボディーガードたち。彼らは日ノ出時代から一転、劉の方針に従い、クライアントを政財界のVIPに限定した警護活動に従事していた。そんな折、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する後援会パーティーを警護。章が負傷するアクシデントに見舞われつつも、見事なチームプレーで会場に紛れ込んだ不審者を撃退し、メディアからも賞賛される。
その矢先、章に宛てた一通の手紙が「KICKSガード」に届く。差出人は、刑務所で服役している「関東工科大学」の元講師・松野信介(青木崇高)。今から3年前、厳重ロックのかかった実験室で研究員・伊丹綾子(竹島由夏)を窒息死させた容疑がかかり、世間から散々叩かれるも、最終的には業務上過失致死罪と判断されて禁錮刑に処せられた男だった!
翌月には刑期満了となるため、出所後のボディーガードを章に頼みたい、という松野。だが、劉に絶対服従を貫く身辺警護課の新課長・小俣健三(勝村政信)から、犯罪者の警護などありえないと猛反対された章は、松野に直接断りを入れるため、わざわざ刑務所へ。亡くなった綾子、そして迷惑をかけてしまった教授・坂上司(神保悟志)にどうしても謝罪したいため、研究室まで同行してほしい――そう思いつめたように訴える松野と対面し、反射的に彼を護りたい気持ちに駆られるのだが…。
ほどなく、章は“信じられない光景”を目撃。しかもそれが引き金となり、会社を突然退社し、個人で松野の警護を引き受けることに! ところが警護するうち、松野の言動に“ある違和感”を覚え…!?

[引用元]TV朝日「BG~身辺警護人」ストーリー

ボディガードという仕事へのプライド

「日ノ出警備保障」は、IT企業のキックスコーポレーションに買収され、「KICKSガード」になりました。

「KICKSガード」は政財界の大物だけをガードするという社長の方針で、今回は与党議員・桑田(小木茂光)を警護しました。

桑田が主催するパーティに、不審者が現れましたが、完璧なチームプレイで見事、撃退。

しかし、それはキックスコーポレーションの社長・劉(仲村トオル)と桑田のお互いのイメージアップ戦略のために計画されたものでした。

それを知った島崎は、「KICKSガード」をいきなり退社してしまいます…。

正義感の塊みたいな島崎には、そんなことは我慢できるわけがないのでした。

 

フリーのボディガードになった島崎は、刑務所から手紙で警護を依頼してきた松野(青木崇高)の警護を引き受けます。

松野は関東工科大学の研究員で、同じ研究員の女性が松野のせいで亡くなったとされており、業務上過失致死罪で服役しています。

島崎は、困っている人を守りたいという信念のもと、ボディガードをしているのです。

 

もともとボディガードの仕事は、一人で出来るものではなく、チームが必要でした。

そこに、「KICKSガード」の高梨(斎藤工)が現れます。

高梨は、島崎に対してライバル意識が強いですし、さらに、社長の意に反することですが、島崎を助けてくれるのでした。

 

やっぱり、時計を合わせて「誤差なし!」は、カッコいいですね。

島崎と息子・瞬の関係

島崎の息子・瞬くんも、大きくなりましたね。

瞬くんは、朝食が少し豪華な日は、島崎が危ない仕事をする日だということを知っています。

この日の朝食は、目玉焼きが2つだったのです。

 

瞬くんは、1年4か月前にお母さんのもとから、島崎のところにやってきました。

島崎は離婚しているのです。

そして、現在、瞬くんと二人の父子家庭です。

前シリーズでも、瞬くん、ちょっと反抗的でしたが、今もなかなか生意気ですw

 

高梨と瞬くん、ちょっと似ているような…w

松野の違和感

松野の警護がスタートします。

出所した松野を、刑務所の前で迎える島崎。

松野はどうしても、迷惑をかけた坂上教授(神保悟志)に謝罪したいので、事件現場に行きたいと言うのです。

事件当時、ワイドショーなどでも大きく報道され、過失ではなく殺人だと思っている人が世間にはたくさんいるのです。

松野の担当弁護士の事務所には、匿名で「あんな殺人者を野に放っていいのか」という電話があったのです。

そのため、松野には警護が必要なのです。

 

しかし、松野が出所したことが、マスコミに漏れているようで…。

なぜか、うまい具合に、週刊誌の記者やカメラマンに追いかけられたりするのです。

そのため、出所した日は、島崎が借りたばかりの事務所で一泊することになります。

そのときに、島崎は、あの事件は本当に事故だったのかどうかを松野に聞きます。

松野は、あれは事故だったとはっきり答えるのですが…。

真犯人は坂上教授

松野の言動がどうも不自然。

常時、スマホを触っていて、マスコミが現れ、誰かが来たらドアを開けてしまったり…。

それが、島崎にはすべてお見通しでした。

 

実は、松野自身がマスコミをおびき寄せていたのです。

 

真犯人は坂上教授だったのです!

そして、松野が坂上教授に会いたいと言っていたのは、謝罪したいからではなく、教授にマスコミの前で事実を発表してほしかったからでした。

坂上教授は、伊丹綾子に言い寄っていたのです…。

セクハラで、伊丹に訴えられそうになっていました。

松野は、研究を守るために自分が罪を被ったのですが、伊丹綾子が亡くなったのは事故ではなく殺人だったことが教授の撮った写真から気づいたのでした。

坂上教授は、自分がやったことだと発表するより、事実を知った島崎も含め、三人で低温室に入り、死ぬことを選ぶのです。

 

島崎さん、大ピンチ!

 

しかし、そこに、高梨が現れ、低温室のドアを開けてくれるのでした。

 

丸腰で、命をかけてクライアントを守るボディガード。

カッコよすぎて、感動します。

 

ちなみに、高梨さんと菅沼(菜々緒)さんって付き合ってるんでしたっけ?!

最後に

「BG~身辺警護人」第1話の感想でした。

やっぱり、ボディガードってカッコいい!

次回からは、島崎・高梨の二人が、最強バディを組むことになるようです。

劉社長は「これが二人のボディガードの最後の仕事になるでしょう」と言ってましたが…。

悪い感じの仲村トオルさんも、渋いわ♡