「MIU404」第1話 感想│カーアクションとスピード感ある展開!

「MIU404」第1話の感想です。

とても楽しみにしていたドラマなので、初回放送、とてもうれしいです。

星野源さん、綾野剛さんW主演です。

「MIU404」第1話 あらすじ

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。
伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

[引用元]TBS「MIU404」公式サイトSTORY

MIUとは

MーMOBILE

I-INVESTIGATIVE

UーUNIT

の略です。

機動捜査隊は第三課までしかなかったのですが、警視庁も働き方改革のため、第四機動捜査隊が出来ました。

404は、ネットのnot foundのことです。

まだ、第四機動捜査隊(仮)なので。

 

隊長は、美人過ぎる隊長・桔梗ゆづる(麻生久美子)。第一機動捜査隊との兼任です。

捜査隊員は、404号車の志摩一未(星野源)・伊吹藍(綾野剛)、401号車の九重世人(岡田健史)・陣馬耕平(橋本じゅん)の4人です。

九重は、若いですがキャリアなので、警部補です。

 

伊吹は、奥多摩署からやってきたのですが、今までいた部署の評判はあまりよくないようです。

ただひとつの長所が、「足が速い」ことです。

あおり運転とおばあちゃん

あおり運転をしていた男を止めるために、伊吹と志摩は追跡するのですが、そのときに一人の老女が道で転倒してしまいます。

このおばあちゃんは、孫へのプレゼントのおもちゃを買いに行った帰りなのですが、少し認知症を発症しているようです。

転倒したときに、孫へのプレゼントを失くしてしまい、別のお店に買いに行って道に迷い、行方不明になってしまいます。

 

「あおり運転」「認知症の老人の徘徊」など、今、問題になっていることを扱っているのも興味深いです。

そして、事故や事件になる前に未然に防ぐのがMIUの役割なんですね。

殴打事件が起こって

被害者は、食事をして店から出たところを、後ろからお店の看板で殴打されたようです。

機動捜査隊の仕事は、初動捜査が仕事なので、広く大きく捜査するようです。

犯人は、被害者のポケットから何かを盗んで逃げたようです。

 

被害者は、すぐに救急車で運ばれたのですが、先ほどあおり運転をしていた男でした。

殴打事件の犯人は、あおり運転をされて、それに腹を立て犯行に及んだようです。

そして、その後、ドライブレコーダーを盗んだのです。

しかし、機捜の仕事はここまで…。

書類を回して終わりなのです。

俺は自分も他人も信用しない

志摩は、元々捜査一課の腕利き刑だったようなのですが、何かがあって機動捜査隊に異動になったようです。

そのため、今も刑事としての能力は上から認められているようです。

伊吹が「信用ないなぁ…」とつぶやいたときに、志摩は「俺は自分も他人も信用しない」と返していたのですが、何かこの辺りに異動になった理由がありそうです。

 

伊吹は破天荒な荒ぶるタイプですが、野生的な勘がとても鋭いのです。

しかし、志摩は伊吹に「勘」や「感覚」で捜査をするなと言います。

二人はちょっとシビアな言い合いになるのですが、志摩が「俺までマウントとっちゃったじゃないか!」と頭を抱えるところが、可愛いですw

そして、そんな志摩を見て、伊吹はさらに燃えるのです!

 

二人は、正反対のタイプなので、逆にバディを組むと良さそうですね。

スピード感があってカーアクションもすごい

今回は、初回ということもあって、登場人物の人となりの紹介が軸になっています。

しかし、初回からカーアクションがすごかったですね!

初日から車を一台廃車にしてしまうとはw

 

次回からも、スピード感のあるストーリー展開とカーアクションが楽しみです。

あと、伊吹の俊足も!

最後に

「MIU404」第1話の感想でした。

わくわくするようなカーアクションと、志摩の過去、第四機動捜査隊のこれからなど、気になることがいっぱい。

そして、志摩が「規則」にこだわる理由は何なのでしょうか。

次回も楽しみです!