「BG~身辺警護人~」第3話 感想|警護対象者は投資詐欺の大悪党

手術

「BG~身辺警護人~」第3話の感想です。

今回は、笠松先生(市川実日子)からの依頼です。

投資詐欺の被害者から強い恨みを持たれている道岡三郎の警護は、困難を極めるものでした。

「BG~身辺警護人~」第3話 あらすじ

 島崎章(木村拓哉)のもとに、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)から「危ない仕事」の依頼が舞い込んだ。警護対象者は、数々の投資詐欺で甘い汁を吸い尽くしてきた実業家・道岡三郎(豊原功補)。詐欺で儲けた金を政治家にバラまいた疑惑まである“悪党”だった!

実は道岡、逮捕されるも不起訴で釈放。その直後、恨みを持つ男に襲われてアキレス腱断裂の重傷を負い、多佳子の勤務する病院に極秘入院していた。ところが、入院中にまた襲われでもしたら病院のイメージに傷がつく…と、急に上層部が尻込み。執刀医の多佳子が手術放棄を拒んだため、「退院までしっかりと警護をつけること」を交換条件に、渋々承諾したというのだ。だが、道岡は襲われてもなお、相手を挑発するような男…。警護の脅威レベルが明らかに最高であることから、章と高梨雅也(斎藤工)が辞めた「KICKSガード」を含め、大手警備会社には軒並み断られる有様だった。

実際、道岡は章と高梨に対しても不遜な態度を取るばかりか、自らの悪事も何食わぬ顔で認め、「いつ殺されてもおかしくない」と豪語。根っからの悪党ぶりを目の当たりにした高梨は、彼を警護することに疑問を感じる。しかし、章は「クライアントを選びたくない」と断言し…!

そんな中、病院に「道岡を助ける医者は許さない。処刑する」との脅迫状が届く。しかも予告通りに手術直前、病院内で多佳子が何者かに襲撃されてしまったのだ…! 絶体絶命の窮地に立たされる多佳子。章と高梨、さらには病院関係者や防犯カメラの目までもかいくぐり、彼女を襲ったのは一体誰なのか!? 章たちは“見えない敵”を突き止めようとするが、道岡に恨みを持つ者はごまんといて…!?

[引用元]TV朝日「BG~身辺警護人~」公式サイトSTORY

投資詐欺の被害者遺族

投資詐欺の疑いで逮捕された道岡三郎(豊原功補)。

投資詐欺で得た利益を、政治家に利益供与した疑いも持たれています。

根っからの悪党ですが、被害者から襲撃されても逃げるどころか、相手を挑発するような行動をとってしまうので、被害者に襲われ、アキレス腱断裂の大けがを負ってしまいます。

そのため、どこの警備会社からも警備を断られてしまいます。

「KICKSガード」も、警備を断りました…。

そうなると、もう、「島崎警備」しか引き受けてくれるところはないでしょうね。

 

さらに、道岡は笠松先生(市川実日子)の病院に極秘入院し、手術を受けることになっているのですが、病院側も何かあったときのことを考えて、手術に反対しています。

笠松先生は、手術拒否をしたくないといい、病院側からは、もし、手術を請け負うのであれば「しっかりと警備をつけること」という条件を出されました。

こういうところ、笠松先生と島崎って似ていますよね。

 

一方、高梨を心配して、まゆ(菜々緒)が、道岡の警護はかなり危険なので、断るべきだと言いに来てくれるのですが、喧嘩してしまうのでした…。

まゆの感じからしたら、まだはっきりと別れたつもりはなさそうですね。

しかし、高梨、このままじゃあ、劉社長(仲村トオル)に取られるよw

見えない敵

道岡の警備は、かなり難航するようです。

敵がはっきりと見えないのです。

道岡は、気を遣う秘書にも当たりがきつく、秘書に狙われている可能性も…。

利益供与していた政治家のよこした刺客にも、襲われてしまいましたし。

 

そして、道岡が極秘入院していたはずだったのですが、情報が漏れたのか、病院に脅迫状まで届く始末。

 

手術の前日には、脅迫状の予告通り、笠松先生が暴漢に襲われてしまいます。

しかし、島崎に助けられ、手術は予定通り執刀されます。

 

島崎と高梨が、病院の中を見回っているときに、ヤクルトおばさん?的な女性が、何度もまとわりついて来ていたのもやっぱり、被害者の関係者でしたし、理学療法士の湯川もまた、お姉さんを、投資詐欺被害を苦にした自殺で亡くしていました。

病院内部に「敵」(敵というにはしのびないですが…)がいるのですから、警備が難航するのも当然です。

 

道岡は、秘書に「今、俺が最も欲しいものをここへ持ってこい」と言います。

それが何かは言わないのですが、秘書は道岡の気持ちを察し、投資詐欺であることの証拠資料を持ってきます。

秘書の彼は、道岡の投資セミナーを受け、人生を変えたのです。

彼にとって、道岡は永遠のカリスマなのですね。

笠松先生の気持ち

映画の「ボディガード」(主演・ケビンコスナー)でもそうでしたが、仕事とはいえ、命を張って守られると、キュンときますよね…。

それも、島崎みたいなカッコいいボディガード。

惚れてまうやろ♡

 

うずくまる笠松先生を、起き上がらせるときも、島崎さん、できるだけ体に触れないように配慮しているのも素敵でした。

 

そして、警備が完了したあとの笠松先生からは、島崎へのほのかな恋の予感が見て取れました。

島崎の正義

道岡が警察に出頭する車の中で、警護料金について聞くシーンがありましたが、道岡は自分の財産は被害者への賠償に充てたいといいます。

その申し出に、島崎はOKしてしまいます…。

出所してきてから、必ず払うという道岡を信じたのです。

島崎と高梨は、道岡の「野心」さえも護り通したのです。

 

これ、「KICKSガード」だったら、許されないことでしょうw

 

島崎は、やはり、お金のためにボディガードをやっているわけではないんですね。

これが、島崎一流の正義の示し方なのです。

最後に

「BG~身辺警護人~」第3話の感想でした。

今回も、島崎・高梨の最強バディ、カッコよかったです。

そして、ラストシーンでまた、例の政治家のパーティにいたボーイの姿が…。

劉社長は、「島崎警備」をどうしたいのでしょうか。

次回も楽しみです!