「MIU404」第3話 感想│少年たちの分岐点とは

「MIU404」第3話の感想です。

今回のタイトルは「分岐点」。

高校生の愉快犯の遊びが招く、危機。

今日も、伊吹が走り、志摩がフォローします。

「MIU404」第3話 あらすじ

西武蔵野署管内でイタズラの通報が頻発している。西武蔵野署の刑事・毛利(大倉孝二)と向島(吉田ウーロン太)によると、イタズラ通報は“通報したプレイヤーが警察から逃げ切ったら勝ち“というネット上のゲームのルールを模倣した愉快犯の遊びであるという。これまでそのイタズラ通報に対応した警官全員が犯人に逃げ切られていると聞いた伊吹(綾野剛)は「足で負ける気はしない」と、犯人逮捕に名乗りを挙げる。

後日、伊吹と志摩(星野源)が管内をパトロールしていると、入電中に通話が切れるというこれまでのイタズラと同じ手口の通報が入り…。

[引用元]TBSテレビ「MIU404」公式サイトあらすじ

ゲーム感覚で警察を翻弄する高校生

西武蔵野署管内では、公衆電話から女子高生らしき女性からのイタズラの通報が頻発していました。

警察が到着すると、黒い帽子をかぶった犯人らしき男が走って逃げる…というパターン。

しかし、実際に、スタンガンを持った男が女性を襲うという事件も発生しており、その犯人もまだ捕まっていません。

 

このイタズラ通報は、廃部になったバシリカ高校の陸上部のマネージャーと部員の犯行でした。

陸上部が廃部になったのは、今回のイタズラ通報の高校生たちの先輩が、「ドーナツEP」という違法薬物を使っていたことが原因でした。学校側はそれを隠そうとし、校長が今回のイタズラも口外無用と釘をさします。

 

特に、成川岳(鈴鹿央士)は、陸上部のエースで、前の大会で400mで2位に入賞しており、陸上部が廃部になったことに最もショックを受けているようです。

さらに、ドーナツEPには、今回のイタズラ通報の少年たちは一切関わっていないのです。

走ることに自信のある伊吹が、必ず犯人を捕まえると息巻いていますが、相手は陸上部でリレーの選手だった高校生です。いくら伊吹でも、リレーにはかないません…。

リレーだというのは、伊吹の「雰囲気」で、また、九重を呆れさせるのですが、伊吹の勘は当たりでした。

 

少年たちは、一度伊吹に捕まりそうになりましたが、再度犯行を行います。

そして、今度は志摩らに、成川以外の少年たちは捕まりますが、その頃、電話をかけていたマネージャーのカオリ(山田杏奈)が、スタンガンを使って女性を襲う本当の猥褻者(岡崎体育)に襲われて…。

 

カオリから警察に緊急通報が入り、それが今までの虚偽の通報者と同じだとわかりますが、今までと違って声に切迫感があると気づきます。

こういうところ、警察ってすごい!

 

それにしても「まえだまえだ」の旺志郎くん、イケメンになって、もう立派な俳優さんですね!

陣馬さんのごはん

陣馬さんの作ったごはんを、機捜のメンバーで食べるシーン、いいですね。

特に、陣馬さん、うどん料理がお得意のようです。

今回の焼うどんもおいしそうでした!

 

九重は伊吹のことをあまりよく思っていないようですが、確かに正反対のタイプです。

でも、ごはんはいっしょに食べるんですねw

一緒に食事をするって、大切なのかも。

九重も、イマドキの青年なので、飲み会には出席しませんがw

 

機捜の仕事は、初動捜査と他の署からの応援がメインです。

最後まで捜査に関われないのには、ちょっとフラストレーションがたまりそう…。

菅田将暉登場!

そして、今回のラストで、菅田将暉さんが登場

きれいな顔でニヤニヤしながら、ドーナツEPを成川くんにちらつかせてましたね…。

機捜の仕事は、最後の犯人逮捕の前段階で終わってしまいますので、このあと成川くんはどうなってしまうのでしょうか。

志摩や伊吹に捕まっていたら…。

 

菅田将暉さん登場ということは、ここからドーナツEPをめぐる事件が大きく動きそうです。

来週から、さらに「MIU404」が楽しみになりました!

 

今回は、前田旺志郎くん、岡崎体育さん、山田杏奈さんと…ゲストがかなり多彩でしたね。

岡崎体育さんは、役にはまりすぎていてTwitterでみて、初めて気づきましたw

ドラマ「アンナチュラル」とコラボ

「MIU404」は、石原さとみさん主演ドラマ「アンナチュラル」とコラボしています。

どちらのドラマも脚本家が、同じ野木亜紀子さんです。

西武蔵野署の毛利刑事(大倉孝二)と向島刑事(吉田ウーロン太)のコンビが出演。

 

今回は毛利刑事の「こっちは警察なんで。通報がありゃ調べもするし、助けもしますよ」っていうセリフがかっこよかった!

 

大倉孝二さんや陣馬役の橋本じゅんさん、お二人とも元々、舞台を中心に活躍されている俳優さんですが、やはり、素晴らしいです。

舞台で鍛えられた俳優さんは、TVドラマでも実力発揮されますね。

最後に

「MIU404」第3話の感想でした。

今回のタイトル「分岐点」の意味は、見方によっていろいろ。

マネージャーのカオリを助けに行った3人の少年と逃げ続けた1人の少年…と、転がるパチンコ玉が表わしているのは、志摩と伊吹、九重のどちらに出会えたか…ということでしょうか。

毎回、事件が完全に解決するところは観れないので、次の回へストーリーがつながっていて、期待が大きくなるドラマです。

次回からは、菅田将暉さんも出演されるので、さらに楽しみです。

志摩と伊吹も、少しづつお互いを理解しあい、打ち解けてきているようで、二人のやりとりにも期待!