「未満警察 ミッドナイトランナー」第3話 感想|人身売買組織との戦い

「未満警察 ミッドナイトランナー」第3話の感想です。

前回から引き続き、人身売買組織との戦いです。

退学覚悟で、カイくんとジロちゃんが挑みます。

「未満警察 ミッドナイトランナー」第3話 あらすじ

誘拐された家出少女・亜未(上白石萌音)の行方を追い、監禁場所を突き止めた本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。だが、犯人の柴本(加藤雅也)に阻まれ、亜未を助けることができなかった。

2人は、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)、刑事の柳田晋平(原田泰造)に、亜未の他にも複数の少女が拘束されていることを報告する。そして共に監禁場所の廃ビルへ向かうが、時すでに遅し。そこに亜未たちの姿はなく、部屋には使用済みの麻酔の注射器が残されていた。

柳田は犯行現場の様子から、誘拐犯の目的は少女たちを海外へ売り飛ばす人身売買だと確信する。一刻を争う状況の中、今すぐにでも自分たちが捜しに行くと訴える本間と一ノ瀬。だが、片野坂から「お前らはまだ学生だ!」と制止され警察学校に連れ戻されてしまう。寮に帰った後も、誘拐された亜未たちのことが気になって仕方ない本間と一ノ瀬。熟考の末、2人は再び柳田に会いに行き、あることを懇願する。

さらに本間は、体力面で自分より秀でている一ノ瀬に「俺を鍛えてほしい」と頼み、筋トレ、柔道、剣道、護身術などの特訓に励む。

その頃、柴本と柴本の部下・小暮(松永拓野)によって別の廃ビルの一室に監禁されていた少女たちは、体力的にも精神的にも追い詰められ憔悴しきっていた。そんな極限状態の彼女たちを励まし続けていた亜未は、思いもよらぬ行動に出る。

[引用元]日本TV「未満警察 ミッドナイトランナー」公式サイトSTORY

ジロちゃんの身体能力

前回、柴本(加藤雅也)たちに捕まっていた、カイくんとジロちゃん。

何とか一味のアジトから抜け出すことが出来ました。

 

それにしても、ジロちゃんの身体能力のすごさといったら…!

二人とも吊るされていましたが、ジロちゃんが手首をつながれていたロープをほどき、カイくんのことも助け、雑魚寝している犯人たちから逃げ出すことに成功しました。

近くにあった交番に駆け込み、自分たちが警察学校の生徒であることを警官に告げます。

 

もしかしたら、退学になってしまうかもしれないのですが、このまま少女たちを放っておくわけにはいかなったのです。

そのあと、柳田刑事とともに、アジトに向かいますが、少女たちと共に一味は消えていたのです。

少女たちを救うために

片野坂教官(伊勢谷友介)に警察学校に戻るように言われるのですが、少女たちが気になって仕方がない二人。

しかし、捜査本部が立ち上がれば、すぐに事件は解決するとカイくんは言うのですが…。

 

警察学校の仲間に相談しますが、元家出少女だった同期の野原さやか(竹内愛紗)は、家出少女がどんな目に合うかをよく知っていました。

SNSでは危険な誘いがあり、家出少女の20%は親が探そうともしない…。

人身売買一味は、その20%を狙って誘拐しているのです。

 

実際に、私もSNSで、「家出してきたので誰か泊めてください」という投稿を見たことがあります。

冗談かと思っていましたが、本当のことなんですね…。

 

カイくんとジロちゃんは、少女たちのことが気になって、柳田刑事に相談しますが、それは大人に任せておけ!と一蹴されます。

 

及川助教(吉瀬美智子)の実技の際も、笑いながら見ている学生たちの中で、二人は襲ってきた相手の撃退法を覚えようと一生懸命です。

そして、及川助教には、二人が少女たちを助けに行こうとしていると見抜かれてしまいます。

片野坂教官は、外泊許可は絶対に出さないと言うのですが、教官は二人に期待しているのだと言います。

片野坂教官は、警察学校の教官として9年目になるようです。

同期の柳田刑事に、早く現場に帰って来いと言われるのですが、片野坂教官には、現場に戻れない何か理由があるようです…。

柴本との戦い

人身売買の船が出るのは、次の日曜日だということを、稲西刑事(中村ゆり)からの情報で知った二人は、もうじっとしていられなくなり、装備管理室から、片野坂教官の言いつけで取りに来たと嘘をつき、警棒と手錠、防具を借ります。

二人で訓練にいそしんでいますが…こんなことが上に知れたら…ドキドキするー。

 

少女たちは、船に乗せるコンテナの中に入れられ、麻酔を打たれて眠っています。

そこに、少女たちを救うために、防具を身に着けたカイくんとジロちゃんがやってきます。

何とか、一味の雑魚たちは倒せたのですが、コンクリートブロックを突き破るほどのパンチの持ち主で、一味のリーダーである柴本との戦いが待っています。

 

私としては、悪の組織のリーダー・柴本役の加藤雅也さんの久しぶりのアクションシーンが観れて、うれしかったです。

若い方は知らないかもしれませんが、加藤雅也さんは、アクションすごいんですよー。

おそらく、スタントなしでアクションシーンに挑まれたのではないでしょうか。

カイくんとジロちゃんとの格闘シーン、カッコよかったです!

もちろん、柴本を倒したカイくんとジロちゃんは、さらにカッコいいんですが。

退学なし!

柴本を倒したあと、コンテナにたどり着いた二人は、無事に少女たちを助けることが出来ました。

「退学になるよ…」と言いながら、教官に連絡をします。

あとは、校長の判断を仰ぐだけです。

 

「不名誉な前例になると言われましたが、知っていながら二人が何も行動を起こさなかった方が、不名誉になるのでは?」という片野坂教官の言葉に、カイくんとジロちゃんは退学になることはなく、罰則処分を受けることになりました。

 

今回もまた、片野坂教官の恩情に助けられたカイくんとジロちゃんでした。

最後に

「未満警察 ミッドナイトランナー」第3話の感想でした。

最後に、助けられた少女の一人、亜未(上白石萌音)が二人にお礼に訪れます。

はじめにジロちゃんにしっかりハグをする亜未。

感激で目を潤ませるカイくんにも、もちろんハグするのですが、カイくん、ちょっとハグが長い!w

ハグする二人を、ジロちゃんがさらにハグするというすごいことになっていましたが、二人ともいいコンビです。

次回もまた難事件が待ち構えているようですが、楽しみです!