「BG~身辺警護人~」第5話 感想|沢口の恋人がストーカー行為に…

「BG~身辺警護人~」第5話の感想です。

今回は、沢口の恋人・凪子が被害者のストーカー行為の警護にあたります。

しかし、それはただのストーカー行為ではなく…。

「BG~身辺警護人~」第5話 あらすじ

 「KICKS CORP.」の社長・劉光明(仲村トオル)が目をかけている第一秘書・岩田一也(三宅弘城)の下で、サブ秘書として働いている角田凪子(成海璃子)が、夜道で引ったくりにスマホを盗まれ、ケガを負った。実は、凪子は子会社「KICKSガード」のボディーガード・沢口正太郎(間宮祥太朗)の恋人。連絡を受けた沢口は、元同僚・島崎章(木村拓哉)の口利きで、かかりつけの整形外科医・笠松多佳子(市川実日子)に緊急処置を頼む。幸い凪子は軽症で、胸をなでおろす沢口。ところが…診察中、なぜか凪子が防犯ブザーを複数所持していることが発覚。章が問いただすと、凪子が「少し前からストーカーに狙われている」と告白したのだ!

相手は誰か分からず、沢口にも心配をかけたくなくて黙っていた、という凪子。彼女の身が心配でならない沢口は、島崎と高梨雅也(斎藤工)に身辺警護を依頼する。ところが警護中、2人は凪子が無意識に取る些細な行動に、釈然としないものを感じ…!?

その矢先、島崎と高梨はストーカーを取り押さえることに成功する。ところが…その正体はどうにも信じがたい“意外な人物”! しかも背後には、ほかでもない劉が率いる「KICKS CORP.」の影がちらついて…!?

これは、単純なストーカー事件ではない――。凪子と共にストーカーと真正面から闘い、封じられた真相に光を当てようと立ち上がる島崎と高梨。だが、行く手には“とんでもない盾”を構えた劉が泰然と立ちはだかる! しかもあろうことか、その向こう側には「KICKS CORP.」の急所ともいうべき“致命的な秘密”が隠れていて…!? 章と劉がついに直接対決へ…物語は急展開で最終局面へ突入!

[引用元]TV朝日「BG~身辺警護人~」公式サイトSTORY

沢口の恋人・凪子がストーカー行為にあって

沢口(間宮祥太朗)の恋人で「KICKS CORP.」で秘書をしている凪子(成海璃子)が、ひったくりにあって、ケガをしました。

凪子自身は心当たりがないというのですが、笠松先生(市川実日子)によると、凪子が防犯ブザーを3つも持っていることから、おそらくストーカー行為にあっているはずだといいます。

笠松先生の洞察力は、いつもすごいです。

そして、沢口が、島崎と高梨に、凪子の警護を頼みます。

実は凪子は、三ヶ月前から見知らぬ男にストーカー行為にあっているといいます。

しかし、相手が誰かは見当がつかないというのですが…。

 

凪子の退勤時に、島崎と高梨が私服で警護をするのですが、どうも様子がおかしいと気づく二人。

人が飛び出してきても、凪子は怯える様子がないのです。

もしかしたら、凪子はストーカーが誰か知っているのかもしれません…。

 

すると、凪子の前に作業服の不審者が現れ、二人が確保すると、それは「KICKSガード」の課長・小俣健三(勝村政信)でした!

小俣がストーカーとは思えないので、これには事情がありました。

 

しかし、凪子は、小俣に監視されていたことは、沢口には内密にしてほしいといい、小俣を解放してほしいというのです。

残念ながら、島崎たちは小俣を解放することに…。

 

小俣を解放することに納得がいかない高梨に、島崎は「自分を制御できなくなりそうで、これ以上、劉社長(仲村トオル)と関わりたくないんだろう」と言われて、言い返すことができません。

劉社長は、悪人ですが、本当に頭が切れる人なので、島崎は少し振り回されているようですね…。

 

そして、凪子はもう、明日から警護は不要だというのですが、真相を知らない沢口は凪子が心配で、ストーカーが捕まるまで、凪子の警護を二人に頼むことになります。

凪子のストーカーはKICKSのイワタ第一秘書だった!

秘密は守るという島崎と高梨に、凪子は、自分のストーカーは第一秘書のイワタであることを告白します。

何度か食事に誘われたり、勝手に誰かに自宅のPCにログインされたり、じっと凪子を物陰から見ていたり、ロッカーを勝手に開けられた李…と、怖い思いをしていたようです。

さらに、イワタは、凪子の家にまで押し入り、無理やりキスをされ…。

それを、沢口にばらすと言われたと。

それで、イワタのストーカー行為を公にしたくなかったというのです。

 

凪子は、島崎と高梨に背中を押され、イワタをKICKSの会議室に呼び出しますが、なかなかやって来ないため、島崎が「KICKSガード」のオフィスへ。

そして、そのまま社長室で話をすることになります。

ストーカー行為は卑劣な行為だとされ、イワタは第一秘書を解任され、自宅謹慎となりました。

そのままでは済まされない島崎は、イワタに凪子に対するストーカー行為を謝罪しろといいます。

しかし、イワタの本当の目的は、凪子への特別な感情ではなく、別にあったというのです。

 

自分が凪子を付け回していたのは、社長のためにやったことだと。

イワタが、凪子にアクセスを許可した資料の中に、劉社長が桑田代議士に政界関係者の警備データが紛れ込んでいて、警備データを横流ししていることがバレたら、飛んでもないことになると…。

それに対して劉社長は、「浅知恵だな…」と一言。

 

それを聞いて、イワタは劉社長に、飲んでいたコーヒーを浴びせかけるのでした。

社長のため…と思ってやったことだったのにと、キレてしまったんですね…。

 

しかし、最後の悪あがきと「こんなガキに俺が本気になるわけない」という言葉を聞くと、やっぱり、ちょっとは凪子に気があったんじゃないの?と思ったのは私だけでしょうかw

劉社長のボディガードへの恨み

劉社長は、やっぱり、ボディガードにかなりの恨みがあるようです。

ロスで恋人を強盗に殺害され、そのときのボディガードは恋人を守らず逃げ出したことを。

しかし、劉社長は、逃げ出したボディガードより、「できもしないのに、身体を張る、盾になる…そんなことをいうやつが大嫌いだ」と、島崎に吐き捨てるのです。

 

そして、凪子と沢田は、お互いを思い合っていたばかりに、しばらく距離を置くことになってしまうのです…。

 

一方、劉社長に、桑田代議士(小木茂光)から電話が入ります。

イワタが守ろうとした政界関係者の警備データが流出してしまうかもしれないという情報を、桑田がキャッチしたようです。

 

すると、桑田代議士の横には、小俣課長が!

情報流してたのは、この人だったんですね…。

そして、劉社長のことを「あの人は信用できない。自分以外は道具だとしか思っていない男です」と言いながら。

信用できないのは、あなたも同じやん!w

 

そして、退職を申し出た沢田に、劉社長は、「恨みより憎しみの方がモチベーションになる。ぬるま湯のような愛情より、憎しみという感情は数段激しい。そのエネルギーでぶつかれば、ビジネスを自分のものにできる」と言います。

沢田くん、劉社長に洗脳されてしまいそうです…。

最後に

「BG~身辺警護人~」第5話の感想でした。

今回でさらに「KICKS」vs「島崎警備」の争いが激化してきました。

一方、島崎と笠松先生が、回転寿司デート♡

笠松先生のご主人は、元警察官で殉職されているようです…。

すると、またあの桑田代議士のパーティにいた謎の男が現れ、笠松先生は「あの人、どこかで見たことがある」と…。

あのしつこい男は、一体何者なのでしょうか。

次回も、島崎・高梨コンビの活躍が楽しみです!

 

以下の記事で、第1話~第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「BG~身辺警護人」第1話 感想|フリーのボディガードに

「BG~身辺警護人~」第2話 感想│全盲の天才ピアニストを警護

「BG~身辺警護人~」第3話 感想|警護対象者は投資詐欺の大悪党

「BG~身辺警護人~」第4話 感想|20年間引きこもりニートから依頼が