「ハケンの品格」(2020)第5話 感想|黒豆ビスコッティは痩せない?!

「ハケンの品格」(2020)第5話の感想です。

東海林さん(大泉洋)が、S&F社の営業事業部に戻ってきました!

そして、東海林さんは、北海道で開拓した商品「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようとしているのですが…。

「ハケンの品格」第5話 あらすじ

「このたび営業事業部、営業一課の課長に就任しました東海林武(大泉洋)です」
東海林が十三年ぶりに東京本社に戻った。

大前春子(篠原涼子)が気になる東海林だったが、春子は彼をハエ呼ばわり。
東海林は、北海道で美味しく痩せると評判のお菓子「黒豆ビスコッティ」を全国展開しようと、ダイエット効果を証明するデータと、100人の女性達のアンケートを持って帰ってきていた。しかし、雑誌の取材をきっかけに、ダイエット効果のデータ改ざんが疑われ、栄養学の教授のお墨付きも怪しくなっていく。
そして検査分析士の資格を持つ春子が検査することに…。

謝罪会見にまで追い込まれる東海林。アンケートは実際に行われ、偽りがなかったが、宇野部長(塚地武雅)は証拠隠滅のため処分を命じ…。東海林のアンケートへの思いを知る里中(小泉孝太郎)は、それらがシュレッダーにかけられたと知って愕然とする。

そんな中、北海道から「黒豆ビスコッティ」を作る小さな工場の社長が上京。春子は「このままだと工場がつぶれそうだからと飛んできた」と聞かされー。

[引用元]日テレ「ハケンの品格」公式サイトSTORY

黒豆ビスコッティは痩せない?

東海林課長の企画である「黒豆ビスコッティ」は、「食べると痩せる」というデータ分析もされ、100名の女性モニターのアンケート結果もとても良いものでした。

黒豆の皮には、シアニジンというダイエット効果のある栄養素が入っており、それが「黒豆ビスコッティ」の売りなのです。

東海林課長は、「おやつ倶楽部」という人気雑誌の取材も受け、ピックアップ記事として「黒豆ビスコッティ」が取り上げられることになりました。

さらに「黒豆ビスコッティ」への問い合わせで、営業事業部の電話は鳴りっぱなしです。

 

東海林、里中(小泉孝太郎)、浅野(勝地涼)の三人は、春子がフラメンコダンサーとして踊っているお店で、東海林の本社復帰祝いをしていました。

思い出話をする三人ですが、里中課長も東海林課長も、今も春子のことを思っているようで…。

里中課長のようにイケメンで優しい人が、未だ独身というのは、やっぱりそういうことだったんですね。

 

そして、翌日、「おやつ倶楽部」の最新刊が発売され、表紙には「S&Fの黒豆ビスコッティは痩せない。むしろ太る」の文字が!

ネットでも、「黒豆ビスコッティは痩せるはウソ」という記事が流れ、あっという間に「黒豆ビスコッティは痩せない」という情報が広がっていくのです。

 

もともと黒豆ビスコッティの栄養成分が正しいのかどうか…。

東海林課長は、信頼できる部下に任せたので大丈夫だというのですが、この記事を書いたライターも独自で成分を分析していたようで、雲行きが怪しくなってきます。

 

「検査分析師」の資格を持っている春子は、里中課長に頼まれ、黒豆ビスコッティの栄養成分を分析し始めます。

新入社員の井手くん(杉野遥亮)は、春子の白衣姿を「かっけー!」と感動しています。

井手くん、本当に春子ファンなんですねw

 

一方、東海林課長は、検査分析を依頼した漆原教授を訪ねていました。

東海林課長が信頼していた部下に接待を受けていたらしい漆原教授は、データ改ざんをしていたようで…。

 

春子が行った検査結果では、漆原教授の出したデータのシアニジンの量は、実際の10倍の数値が記載されていることがわかったのです。

そして、漆原教授自身も、「接待が楽しくて、ちょっとデータを上乗せしたんだ…」と告白。

 

信頼していた部下に裏切られた東海林課長は、顔面蒼白。

これは、かなりまずいことに…。

黒豆ビスコッティの製造会社の社長が上京

成分の分析結果は、改ざんがありましたが、アンケートに答えてくれたデータには嘘はありません。

しかし、宇野部長(塚地武雅)は、とにかく、証拠を隠滅したくて、アンケート用紙をシュレッダーにかけるように、派遣の福岡さん(吉谷彩子)と千葉さん(山本舞香)に指示します。

営業企画課の課員たちに、それはまずいのでは…と言われるのですが、「処分したと言えば、調べようがないだろう」と、勝手なことを言うのでした。

 

それを知った里中課長は、珍しく声を荒げて怒りました。

そりゃあ、そうですよね…。

 

定時になり、春子が会社を出ようとしていると、黒豆ビスコッティを製造している会社の社長が、東海林課長を訪ねて旭川から上京してきたところでした。

「黒豆ビスコッティ」が世間で問題になっていることを、心配してのことでした。

このままだと、会社が倒産してしまうと。

しかし、黒豆ビスコッティの工場の社長は、こんなときでも、東海林課長の社での立場を気にしてくれるあたたかい人なのでした。

春子 シュレッダーごみから書類を探す

一旦、退社した春子が、戻ってきました。

そして、シュレッダーにかけられたアンケートを地下のゴミ置き場から回収して、元通りに貼り合わせようとするのです。

「ジグソーパズル検定1級」の資格を持つ春子は、本当にやる気なのです。

 

復元が終わったときには、朝になっていました。

あの大前春子が、残業をしたのです!

東海林修の謝罪会見

東海林課長は、社の方針だからと、今回の件をごまかすことにしました。

しかし、春子はそれに反対します。自分の言葉で謝りなさい!と。

 

13年前、東海林課長が社長賞を取り逃したのは、「この仕事は派遣社員がほとんどやったことだ」と正直に言ってしまったからでした。

いざというときに、嘘がつけない東海林さん。

だから、ごまかすことはあなたにはできない!と。

 

そして、謝罪会見が始まります。

記者からのきつい質問にも、役員は「現在、調査中です」とかわします。

さらにアンケート用紙について聞かれると、あろうことか「アンケートは事情を知らない派遣社員がシュレッダーにかけてしまった」と、宇野部長は、派遣のせいにするのです…。

これには、さすがに千葉さんも福岡さんも怒り心頭。

派遣元の近さん(上地雄輔)もさすがに「宇野部長に厳重に抗議します」と。

 

東海林課長は、社の方針に反していますが、データの改ざんがあったことを正直に認め、謝罪します。

そして、「黒豆ビスコッティ」がいい商品で、本物だと言うのですが、会場はさらに混乱して…。

 

そこに、春子が登場!

大逆転スピーチだと一枚の紙を持って現れます。(スピーチ検定も持っている春子)

アンケートに答えてくれたモニターの女性たちが、会場のスクリーンに映し出され、黒豆ビスコッティの素晴らしさを伝えてくれたのでした。

 

このシーンは、私もちょっと目が潤みました…。

 

結局、記者たちは納得せず、ネットでも炎上商法だと言われていましたが、それでも「黒豆ビスコッティ」の注文が殺到して、営業企画部の電話は鳴りっぱなしです!

最後に

「ハケンの品格」(2020)第5話の感想でした。

やっぱり、東海林さんが帰ってきて、さらにドラマがおもしろくなってきました。

春子には、「枯れたまりも」「腐れまりも」「不祥事(東海林)課長」などと呼ばれていましたがw

今回はちょっと泣かせるシーンもあり、最高でした!

寝不足の春子、可愛かったですね。

次回の予告では、ちょっと不穏な空気を感じましたが、次回も楽しみです!

 

以下の記事で、第1話~第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「ハケンの品格」第1話 感想|伝説のスーパーハケン大前春子が帰ってきた!

「ハケンの品格」第2話 感想|社員偏重主義と派遣のプライド

「ハケンの品格」第3話 感想|仕事に誇りを持つことの大切さ

「ハケンの品格」第4話 感想|井手くんと春子が冷蔵庫に閉じ込められた!