「半沢直樹」(2020)第1話 感想|東京スパイラル買収計画!

「半沢直樹」(2020) 第1話の感想です。

待望の「半沢直樹」(2020)が、今日からスタートしました!

各々、役者さんがみなさん、力入ってますね。

歌舞伎役者さんが多いからでしょうかw

私、はるきゆかは、株や金融関連の知識は「おさるさん以下」なので…的外れなことを書くかもしれませんが、よろしくお願いしますw

「半沢直樹」(2020) 第1話 あらすじ

東京中央銀行のバンカーとして活躍していた半沢直樹(堺雅人)。しかし、大和田常務(香川照之)の不正を暴き糾弾したことが原因となり、中野渡頭取(北大路欣也)から、子会社である東京セントラル証券へとまさかの出向を命じられてしまう。
こうして出向先の東京セントラル証券・営業企画部長となった半沢。扱う金融商品企画はどれも銀行時代とは比べものにならないほど小さなものだった…それに加えて、親会社の銀行からは不良案件を押し付けられる始末。さらに、銀行からの出向組に対するプロパー社員たちの不公平感は根強いものがあり、反骨心と確執が渦巻いていた。
一方、大和田は、敵対していたはずの中野渡頭取派に華麗に転身、保身のために組織を利用し新たな地位を築いていた。さらに、大和田の忠実な部下である証券営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)もまた、“半沢潰し”を目論んでいた。

そんなある日、東京セントラル証券に大型買収案件が舞い込む。プロパー社員・森山雅弘(賀来賢人)が担当する大手IT企業「電脳雑伎集団」が、瀬名洋介(尾上松也)率いるIT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと申し出て来たのだ。買収における株式取得にかかる費用はおよそ1500億円以上。東京セントラル証券にとって、かつてない規模の案件だった。
「銀行を見返せ!」と大規模買収に沸き立つセントラル証券だったが、突如電脳雑伎集団からアドバイザー契約を一方的に断ち切られてしまう—。そして、これが新たな銀行との戦いの始まりになるとは、この時の半沢は知る由もなかった——。
飛ばされた半沢は銀行に下剋上なるか!? 不屈のバンカー半沢の新たな戦いが今、始まる!

[引用元]TBSテレビ「半沢直樹」公式サイトあらすじ

東京セントラル証券・半沢部長

大手IT企業「電脳雑伎集団」が、IT業界の雄「東京スパイラル」を買収したいと、東京セントラル証券に申し出がありました。

担当は、生え抜きのプロパー社員・森山(賀来賢人)。

賀来賢人さん、今回はシリアスな役なんですね!w

役の幅が、めちゃくちゃ広い俳優さんです。

 

株式取得価格は1500億円

東京セントラル証券にとっては、かつてない大きな取引です。

東京中央銀行を見返せ!とセントラル証券の社員たちは沸き立っています。

 

しかし、二週間後、「電脳雑伎集団」から、セントラル証券に、一方的にアドバイザリー契約を取りやめると言ってきたのです…。

 

納得のいかない半沢たちですが、親会社である、東京中央銀行が横取りしたのです。

そして、東京セントラル証券の中に、東京中央銀行への内通者がいるはずだというのですが…。

 

裏切り者は、東京中央銀行へ返り咲きを約束された諸田次長(池田成志)と三木(角田晃広)でした。

なんとなく、顔を見てたら、わかってしまうくらい諸田次長は、初めから悪い顔してましたよね。

三木は、半沢に伊佐山へのメールの件で、「言え!!」ってキレられてましたが、このときの半沢の力の入り方、凄すぎて、こっちまでビクッとなってしまいました…。

 

「電脳雑伎集団」の副社長、平山美幸役の南野陽子さん、関西弁でちょっと胡散臭い感じで、いいです。

いつまでも、変わらずお美しいですね。

お美しいと言えば、半沢の妻・花ちゃん(上戸彩)も、相変わらず物分かりが良くてかわいい奥様ですね。

今回は、出演シーンが少なかったのが残念ですが、女性目線での半沢の戦いに、今回も「内助の功」を見せてくれそうです。

「東京スパイラル」の内紛

「東京スパイラル」は、社長の瀬名洋介(尾上松也)を中心に、加納(井上芳雄)と清田(加藤啓)の三人の若者が立ち上げたIT企業です。

しかし、会社の経営方針の考えの違いから仲違いし、加納と清田は、瀬名に辞表を叩きつけます。

さらに、加納と清田は、他の企業に出資しており、その会社があまりうまくいっていないようで…(セントラル証券が、東京中央銀行に押し付けられた案件の中にその会社がありました)。

 

しかし、瀬名はいつか、二人が戻ってきてくれることを信じ、社内の二人の席は残したままにしていたのですが…。

時間外取引と「東京スパイラル」の30%の株取得

『時間外取引』とは、「株式市場が開いていない時間に株の売買を行うこと」だそうです。

勉強になります!

そんなこと、できるんですね…。全く知りませんでした。

 

その『時間外取引』によって、「電脳雑伎集団」は「東京スパイラル」の株を30%も取得していたのです。

買うためには、売る人間がいるはず。

それが、瀬名と仲違いした、加納と清田だったのです。

当初は、瀬名を裏切ることをためらっていましたが、投資の失敗により、お金に困っていた二人は、900億円で株を買い取るという東京中央銀行の申し出を受けてしまったのです…。

今回の敵・伊佐山と三笠副頭取

今回の半沢の敵は、伊佐山証券部部長(市川猿之助)と、三笠副頭取(古田新太)

伊佐山証券部部長の表情の変化が、とにかくすごいです。

今回の最後のシーンで、半沢が突き付ける、伊佐山に送られたはずのメールを「知らない。知らないね。知らないよ」と、憎たらしい顔で言ってましたね。

 

そして、もちろん三笠副頭取役の古田新太さんの堂に入った悪役っぷり。素晴らしい!

古田新太さん、目が本気で怖い。

 

これから、このお二人の暗躍ぶりも、楽しみです。

やられたらやり返す 倍返しだ!!

今回は、東京中央銀行にやられてしまった半沢でしたが、今回も「やられたらやり返す。倍返しだ!」が聞けましたね!

このセリフを聞くと、してやられてしまったあとでも、負けた気がしないのがすごいです。

おそらく、銀行マンのみなさんは「半沢直樹」観てたら、力入ってしまいそうですね。

最後に

「半沢直樹」(2020)第1話の感想でした。

今回から、舞台が証券会社になるということで、もしかしたらストーリーについて行けない専門用語がたくさん出て来るんじゃないかと思っていましたが、ど素人でもわかりやすい物語の展開でした。

勉強になることも、たくさん出てきそうです。

次回も「倍返しだ!」が聞けますように!!

それから、今回は半沢の同期の近藤直弼(滝藤賢一)は出演されないのでしょうか。

だとしたら、ちょっと残念です…。