「私の家政夫ナギサさん」第3話 感想|疲労と寝不足でメイが倒れた!

「私の家政夫ナギサさん」第3話の感想です。

今回は、「肥後すこやかクリニック」の肥後先生の講演会が成功したあと、ホッとしたのかメイが倒れてしまいます…。

「私の家政夫ナギサさん」第3話 あらすじ

メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来た。
メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること。
そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。
ところが、美登里は「メイは“やればできる子”」と、またも呪いの言葉をかけ、メイも母の期待に応えたいと決意を新たにする。
ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘!
しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。
そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが…。

[引用元]TBSテレビ「私の家政夫ナギサさん」公式サイトあらすじ

またもやメイはやればできる子

メイの母の美登里さん(草刈民代)は、もともとキャリアウーマンだったようですね。

しかし、結婚することになったとき、夫にどうしても家庭に入ってほしいと言われ、仕事をあきらめたようです。

だからと言って、美登里さんのメイへの期待の掛け方は、少し厳しすぎるような気がします。

美登里は仕事を辞め、家庭に入りましたが、家事を完璧にこなすことができないのですから、メイに両方を求めるのはどうなんでしょうか…。

 

もちろん、家事ができない専業主婦であっても、それも、一つの家庭の形だから、それはそれでいいんでしょうが、メイにプレッシャーかけすぎw

ドラマの設定とはいえ、ちょっと本気でイライラしてきましたw

 

母に「やればできる子」と言われ、メイは、自分を甘やかさないように…と一念発起しますが、「そんなにすべてを頑張らなくてもいいと思います」とナギサさんも言ってくれます。

メイには、こうしてあたたかく包み込んでくれるような人が必要なのかもしれません。

これでは、妹の唯(趣里)が言うように、母親はただ娘に「呪い」をかけているようなものです。

 

お母さんはお母さんなりに、心配してはいるのでしょうが…。

 

ちなみに、私の母は、逆に私に全く期待してない人だったのでw、子供の頃は寂しかったですが、気楽でもありました!

学術担当の当山薫は婚活ガチ勢

メイは、昇進試験の勉強のための資料を貰い行くついでに、学術担当の薫(高橋メアリージュン)の家で夕食をごちそうになることになりました。

薫は、ガチで婚活も頑張っているので、家はきちんと片付いていて、お料理も完璧。

料理教室にも通っているようです。

 

そんなメイと薫は、マッチングアプリに登録しているのですが、なんと、メイは「肥後すこやかクリニック」の肥後先生(宮尾俊太郎)とマッチング!

そして、お願いしていた講演会の講師もOKしてもらえます。

そのあとの二人での懇親会にも誘われて…。

 

さらに、クリニックをあとにしたメイは、偶然、田所くん(瀬戸康史)に飲みに誘われ、思わずOKしてしまい、いつもの居酒屋さんで飲むことになってしまいます。

 

メイは、全部を頑張るために、どんどん忙しくなり、寝る時間も無くなっていくのでした…。

今回もぐいぐいくる田所くん

MRは、担当の医師と食事を共にすると「接待」ということになってしまい、厳禁だそうですが、MR同志はOKとのことです。

そして、いつも余裕のある田所くんに、メイは「どうしていつもそんなに余裕があるのか」と聞きます。

さらに「田所さんは、女性の先生に食事に誘われたことはあるのか」と。

田所くんは、「たとえMRと医師だとしても、恋愛関係になることは悪いことではない。本当に真剣に考えるなら、立場とかルールとかライバル同士とか、そういう表面的なことより、その人の内面と向き合うべき」と言います。

 

正論!!

 

そして、田所くんは、「自分が向き合いたいと思った人には、真剣に向き合いたいのだ」というのです。

これは、もう、愛の告白と言っても過言ではないです。

 

今回も、ぐいぐいくる田所くんです!

講演会でトラブル発生!

肥後先生の講演会当日。

肥後先生が乗った電車が止まって、会場に来れなくなったと連絡が入ります。

タクシー乗り場もいっぱいで、困り果てる天保山製薬のメンバー。

来場されている先生方を、長い時間お待たせすることはできないのです。

そして、車で迎えに行ったメイと新入社員の瀬川(真栄田郷敦)は、車の中から動画をライブ配信することにしたのです。

 

しかし、途中で通信のトラブルに見舞われ、途中で配信が途絶えてしまいます。

松平副支店長(平山祐介)が、謝罪しようとしたところに、会場に到着する肥後先生とメイたちMR。

さまざまなトラブルはありましたが、何とか講演会は大成功のうちに終了するのでした。

 

新人の瀬川くん、初の企画が大成功しましたね!

メイが倒れた…

講演会終了後、帰宅したメイが高熱を出して倒れてしまいます。

そこにちょうどストールを取りに母の美登里が、やってきます。

体温計を探すのですが、見つからず、メイはうわごとのように「おじさん…」とつぶやき、美登里がナギサさんに連絡を入れると…すぐに来てくれることに。

 

メイはそのまま病院に運ばれ、原因は、疲れと寝不足とストレス

講演会が成功して、ホッとしたのもあったんでしょうね。

 

メイの看病についても、美登里にテキパキとアドバイスするナギサさん。

美登里は、「メイに必要なのはあなたです」と言いますが、ナギサさんは「お母さんにしか出来ないことがある。ただ側にいてあげるだけでいいんです」と。

 

ナギサさん、家事だけでなく、人間の心の機微にもあたたかい目で対応できる…一体、何者なんでしょうか。

 

そして、メイは、ナギサさんに家政夫として、週3で来てもらうことになりました!

 

メイの妹・唯役の趣里さん、個性的で可愛いですね。

さらに、倒れたすっぴんの多部未華子さんも、お化粧を取ると幼くなって可愛さ倍増でした。

眼福。

最後に

「私の家政夫ナギサさん」第3話の感想です。

ちょっと無理がたたってしまったメイ。

「どんなに頑張っても、倒れてしまっては元も子もない」とナギサさんも言ってくれてます。

次回は、肥後先生からの突然のプロポーズ、田所くんとの恋の予感、そして、ナギサさんの過去…。

いろんなことが盛りだくさんな感じです。

楽しみです!

 

以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「私の家政夫ナギサさん」第2話 感想|グイグイ来る田所くん