「MIU404」第5話 感想│日本は夢の島ではなく悪夢の島なのか

「MIU404」第5話の感想です。

日本人店員が勤務するコンビニで、同時多発強盗が発生。

外国人労働者の過酷な現実が描かれています。

「MIU404」第5話 あらすじ

日本人店員が勤務するコンビニを狙った強盗事件が同時発生する。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、現場周辺の店舗でコンビニ店員に扮して張り込みを行うが、なんと、その店舗も強盗に襲われてしまう。さらに付近の店舗も次々と強盗に襲われるが、マークしていた捜査員によって一斉に確保される。犯人は外国人で、その大半が低賃金で労働する元技能実習生だった。

伊吹と志摩も同様に犯人を捕まえるが、二人に仕事を教えた留学生のマイ(フォンチー)が勤務する別店舗では、犯人を取り逃がしていた。その一件が発端で、マイに共犯の容疑がかかってしまう。伊吹と志摩は、マイの関係者から話を聞くために彼女が通う日本語学校の事務員・水森(渡辺大知)を訪ねるが…

そんな中、伊吹は恩師であり元刑事の蒲郡(小日向文世)に会いに行く。今は外国人支援センターで働く蒲郡から外国人労働者の実態を知った伊吹は、思わぬところから事件の真相に迫ることになるのだが…

[引用元]TBSテレビ「MIU404」公式サイトSTORY

同時多発コンビニで強盗の真相

コンビニ

日本人店員だけが働いているコンビニで、強盗事件が多発しています。

犯人は、おそらく外国人。

もしくは、陣馬さん曰く外国人のふりをした日本人…。

 

志摩・伊吹バディが、連続するこのコンビニ強盗に備えて店頭に立っています。

すると、他店の外国人店員マイ(フォンチー)が、商品が足りなくなったと取りに来ました。

 

フォンチーさん、色白で華奢で可愛いですね。

伊吹さん好みの「キュルっと」した感じw

 

マイは、ベトナムからの留学生です。

しかし、マイには好きな人がいるようで、伊吹さんあえなく撃沈w

それでもあきらめない伊吹と志摩のやりとり、おもしろいですねー。

 

志摩たちのいるコンビニの外で、車で待機していた陣馬と九重に、他店で強盗が押し入ってきたと連絡が入るのですが、志摩たちのいるコンビニにも強盗が!

そして、近隣の他のコンビニにも複数の強盗事件の連絡が入ってきます。

3:33ちょうどに、SNSで誘い合わせて、同時多発強盗事件が発生した模様。

 

署に戻ると、19人の外国人が逮捕されていました。

ほとんどがベトナム人で、他はネパール人とカンボジア人で、元外国人技能実習生でした。

過酷な労働を課せられ、差別され、不当な賃金で働かされ、逃げ出した人々です。

 

外国人技能実習生で、逃げ出した人は、この二年間で、のべ二万六千人…。

これは、正直、日本の恥ですね。

 

日本人店員の店ばかりを狙っていたはずなのですが、マイの店にも強盗が入り、マイに共犯の疑いがかかってしまいます。

さらに、同じ店長の系列店が三店舗襲われ、200万円ものお金が盗られ、マイが強盗と話をしていたのが防犯カメラに写っていて…。

 

しかし、マイは釈放されます。

マイを泳がせて、心を許している伊吹に何か漏らすのでは…ということなのですが。

外国人労働者の悲劇

日本にやってくる技能実習生の中には、一日12時間週6日労働で、給料月8万円で働かされている人がいるとか…。

ベトナムの平均月収は、日本円で約三万円。

日本人と同じように月に二十万円お給料があれば、ベトナムでは半年暮らせます。

しかし、日本語学校の学費などで、日本にやってくるだけで100万円かかるのです。

 

マイの通っている日本語学校の事務員の水森(渡辺大知)は、ここの留学生は、留学生と言う名の出稼ぎ労働者だといいます。

お金に困っているのは、富裕層の中国人以外はほとんどだと。

 

マイは、留学生の規定の労働時間を超えて働いています。

そうしなければ、100万円の借金は返せないのです。

コンビニ、飲食店、運送会社と3つの職場で働いており、運送会社では、他の外国人労働者と親しげに話をしていました。

 

 

そのため、運送会社で働く外国人全員のアリバイを調べる必要が出てきました。

 

そして、マイの好きな人というのは、どうやら日本語学校の事務員・水森のようで…。

 

一方、伊吹は元刑事で、今は外国人支援センターで働く蒲郡(小日向文世)と飲んでいました。

蒲郡は、マンツーマンの外国人労働者のアドバイザー的な仕事をしています。

きちんとしているところも、あるにはあるんですね。

 

そして、伊吹は、SNSでベトナム語で強盗を呼び掛けていた文章を、蒲郡が担当しているベトナム人に訳してもらったのですが、これは、日本人が書いたものだとわかって…。

ベトナム人にとっての日本

マイは、勤めていたコンビニを解雇されます。

強盗の共犯だと疑われてしまったようです。

 

ベトナムには、日本企業のきれいな工場がたくさんあります。

そして、マイは、日本に憧れてやってきたのに、日本が嫌いになりたくなかったと言います。

 

悲しいですね…。

 

SNSで、同時にコンビニ強盗をしようと呼びかけたのは、やはり水森でした。

理不尽には理不尽で返せ…。

マイは、何もしていないのに、強盗の共犯として捕まりそうになっています。

それこそ、理不尽です。

現実を知る水森の叫び

水森は、日本語学校に勤める前、自分で人材サービス会社を興していましたが、失敗して多額の借金を抱えていました。

そのあと、管理団体で働いていた経験もあるので、ベトナム語を少し話すこともできます。

水森が働いていた管理団体は、業務停止命令を受けていました。

外国人労働者一人につき、30万円のキックバックを受け取っていたのです。

しかし、そんな会社は、他にもまだまだ存在します。

 

その現実に、水森は嫌気がさしていたのですが…。

 

そして、またSNSに書き込みがあり、今回は今夜の3:00。

しかし、3は、ベトナムでは不吉な数字で、「来るな」という意味をあらわしていたのです。

 

九重くん、大手柄ですね!

なんか、訛ってたけどw

 

水森は、自分だけが捕まるために、一人で犯行を行うつもりだったのです。

 

「外国人は日本に来るな」

「ここはあなたを人間扱いしない」

「一山いくら買って、いらなくなったら帰れという」

「ジャパニーズドリームは全部嘘だ」

 

悲しい叫びでした。

 

夢の島とは、ゴミの埋め立て地のことを示唆しているのでしょうか。

最後に

「MIU404」第5話の感想でした。

今回も、弱い立場の人々の悲しい叫びを聞くことが出来ました。

やっぱり、野木亜紀子さんの脚本は素晴らしいです。

マイさんが、幸せになりますように。

そして、また日本を好きになってくれますように。

 

そして、志摩が、ウイスキーを見て、過去がフラッシュバックしていました。

次回は、いよいよ志摩の過去が明らかに!

 

以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「MIU404」第4話 感想│虐げられる女性たちの悲しみ