「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話 感想

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の感想です。

今回は、理想の仕事について考えさせられたターンでした。

そして、小野塚の正体がわかります。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第2話 あらすじ

葵みどり(石原さとみ)は相原くるみ(西野七瀬)と救急センターの調剤室で仕事中。すると、処置室にいた瀬野章吾(田中圭)から、搬送された小学校教師、新田奏佑(浅利陽介)の処置を手伝うよう呼ばれる。意識を取り戻し、医師から入院を告げられたが拒否する新田をみどりがなだめる。

調剤室に戻る途中、病院薬剤師の忙しさに辟易するくるみに、みどりは産休育休を取っていた先輩が戻ってくると告げる。しかし、その先輩はドラッグストアに転職することになってしまった。このままでは忙しくなりすぎて、みんな辞めてしまうと嘆く刈谷奈緒子(桜井ユキ)を販田聡子(真矢ミキ)が諫める。

みどりとくるみが、新田に服用している薬について聞くと、新田は大量の薬を出した。なかには日付の古い薬がある。また、くるみは半分に割られて処方された錠剤に気付くが、みどりが制した。みどりたちが新田の病室を出ると、ひとりの児童がいる。新田の教え子らしいが、声をかけると帰ってしまった。

錠剤を割る処方は、その薬剤で行ってはいけないもの。みどりから話を聞いた刈谷たちも憤る。みどりはドラッグストアに電話して、新田の薬を出した薬剤師に問い合わせるが、白けた対応に腹が立つだけ。それならばと、みどりは直接ドラッグストアに赴く。躊躇しながら店内に入り、薬剤師を探すみどりに声をかけた店員は『娘娘亭』で顔見知りの小野塚綾(成田凌)だった。小野塚が薬剤師だということを隠していた事、新田の薬について電話で応対していたのも小野塚であった事に憤るみどり。しかし、小野塚も病院薬剤師を嫌っている様子で…。

[引用元]フジTV「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」公式サイトSTORY

小野塚は薬剤師だった

救急搬送された小学校教師の新田奏佑(浅利陽介)は、薬の管理がずさんで、みどり(石原さとみ)は気になって、処方されている薬局に電話をかけました。

さらにこの薬局では、医師から処方された量の薬がなかった場合、錠剤を半分に割ったものを出しているようです。

そして、食前・食後の別もなく一包にしてしまっています。

 

これ、ダメだったんですね…。

私も持病があるのですが、半分に割られた錠剤を処方されたことがあります。

病院には薬局がないので、ドラッグストアです。

 

新田は、週3回早く帰って、透析を受けているので、学校の仕事がたまっていきます。

それをこなすために、栄養ドリングを飲んで、透析日以外には、仕事を最優先していると言います。

みどりは、それでは長続きしないといいますが、新田はあなたにそんなことを言われたくないと…。

 

透析って辛いですよね。

一日おきに4時間…。

私の親戚には、3人、人工透析を受けている人がいますが、心身ともに辛そうです。

 

みどりは、そのドラッグストアに直接話を聞きに行くことにしました。

すると、そこには、中華料理屋「娘娘亭」で会った小野塚(成田凌)がいたのです。

小野塚は、薬剤師だったのです。

みどりは、小野塚に新田の薬の処方について抗議しますが、忙しい新田はそうするしかないのだと冷たく突き放します。

 

確かに、ドラッグストアの薬剤師は、薬を出すこと以外にもやることはたくさんあるでしょうから、忙しいとは思いますが…。

 

そして、みどりは、瀬名(田中圭)に相談しますが、「患者のためになることを考えろ」と言われるのでした。

新田の苦悩

新田がいなくなった

新田の薬の管理をやり直していたみどりのもとに、新田がいなくなったと連絡が入ります。

新田に「会ったばかりのあなたに、自分の生活のことをどうこう言われたくない」と言われたみどりは、小野塚に連絡をします。

しかし、小野塚は自分には関係ないことなのでと、また冷たく突き放すのですが…。

小野塚はそう言いながらも、新田を探して走り回り、新田が倒れているのを見つけます。

 

小野塚は、病院薬剤師と何かあったのでしょうか。

第1話でみどりに会ったとき、両親が薬剤師だったと小野塚が言っていましたよね。

でも、本当は、根はいい人なんですね…。

 

救急搬送された新田に病院まで付き添ってきた小野塚に、瀬名が薬剤師の勉強会をやっているので、来ないか?と誘います。

そのことにも反発する小野塚ですが、瀬名は「僕は君のことは認めているよ」と言って、どうも小野塚のことを知っているようです。

萬津総合に運び込まれる

萬津総合病院に運び込まれ、意識を取り戻した新田。

新田が、飲むと吐き気がする薬をわざと飲まないようにしていたようです。

その薬は、腎臓病の患者にはとても大切な薬なのですが、新田は仕事中に吐き気がするのを避けるために飲んでいなかったのです。

腎臓病になるまでは、新田は自分の教師人生を理想的なものだったといいます。

しかし、病気になった今は、同僚教師にも、生徒にも疎まれていると…。

 

新田は、入院中に自分で作っていた運動会の旗を、生徒たちに届けるために病院を抜け出していたのです。

そして、自分は教師として何もできないと自分を責めるのでした。

 

相原(西野七瀬)は、病院薬剤師は、患者さんと近い分、辛いことが多いですね…と言います。

確かに、薬を出して「はい、おしまい」というわけにはいきませんからね…。

理想の仕事

新田は、教師の仕事を辞めようとしているようです。

みどりと相原から、お薬カレンダー(飲み忘れないように薬を入れるポケット式のもの)を手渡され…。

生徒からのメッセージ

新田が担任をしているクラスの子供たちが、新田へメッセージを書いてくれました。

みどりは、校長にお願いして、学校まで出向き、生徒たちのメッセージ動画を撮り、それを新田に見せてくれます。

 

みどり、本当にすごい薬剤師だな…。

ここまでしてくれるなんて。

 

それを見た新田は、「これからですね。薬をしっかり飲んで、自分の力で周りに納得してもらわないと」と前向きになれるのでした。

小野塚の理想

みどりは、新田が退院したことを伝えるために、小野塚が勤めるドラッグストアに行きました。

そして、瀬名が言っていた薬剤師の勉強会に誘うのですが、けんもほろろに断られてしまいます。

 

小野塚は、大学の奨学金を受けていて、それが600万円ありました。

今、勤めているドラッグストアは、3年間勤めれば、それを肩代わりしてくれるのです。

小野塚も働き始めたときは、勉強会にも参加し、認定薬剤師の勉強もしていたようです。

しかし、週に3回の夜勤があり、薬剤師としての仕事以外の品出しなどをしていくうちに、そんなこともどうでもよくなっていくほど、疲れてしまったようです…。

 

そして、小野塚は、みどりのように理想に燃えてやる気満々でやってると、ドラッグストアの薬剤師は続かないのだと吐き捨てます。

みどりは、「どこにいてもどんな境遇にいても、理想の仕事を追及している人はいる」といいます。

 

みどりたち病院薬剤師も、過酷な仕事をしていますよね。

そして、新田さんは透析を受けながらも理想の教師を目指すといったのです。

 

かつて、小野塚は萬津総合病院の勉強会に参加していたんですね!

瀬名が「君のことは認めている」と言ったのは、そんな小野塚のことを覚えていたということです。

 

薬を取りに来た新田に、小野塚は「困ったことがあったら、何でも相談してください」というのでした。

小野塚も、昔のやる気を取り戻した瞬間でした。

最後の笑顔が、素敵でしたね。

最後に

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第3話の感想でした。

理想の仕事をできるかどうかは、本人次第。

心に刺さりました…。

みどりのやや暴走気味ですがw「やる気」が周囲に伝わっていくのが素晴らしいですね。

 

そして、販田部長(真矢みき)の心配していた調剤部のストライキ?が、実は販田部長の勤続20年のお祝いだったとは!

最後に心がほっこりしたターンでした!

 

以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第2話 感想