「半沢直樹」(2020)第3話 感想|スパイラルがフォックスを逆買収!

「半沢直樹」(2020)第3話の感想です。

今回は、「スパイラル」が「フォックス」を逆買収します。

そして、大和田常務が…。

「半沢直樹」(2020)第3話 あらすじ

電脳の買収相手であるスパイラルとのアドバイザー契約を正式に結び、親会社・東京中央銀行と全面戦争へと突入した半沢(堺雅人)。銀行の卑劣な買収計画からスパイラルを守ることには成功したが、依然ピンチであることに変わりはなかった。そこで半沢が次の手として瀬名(尾上松也)に提案したのは、なんと「逆買収」だった。

だが、そんなある日、突然、セントラル証券に証券取引等監視委員会が立ち入り検査にやってくる。半沢の目の前に現れたのは、黒崎駿一(片岡愛之助)だった。黒崎が一体なぜ? 黒崎のターゲットはいったい何なのか? さらに、タイミング良く検査のことがニュースで報じられ、半沢は裏で伊佐山(市川猿之助)だけでなく、三笠副頭取(古田新太)が糸を引いているのではないかと推測する。

一方、パソコンからゴミ箱の中まで徹底的に検査を進める黒崎は、ついにクラウド上の隠しファイルに迫ろうとしていた。もし、半沢たちが水面下で進めている逆買収の計画が見つかってしまうと、すべてが水の泡と化す。半沢から連絡を受けた瀬名は、すぐさま高坂(吉沢亮)に指示し、データを消去しようと試みるが…。
果たして半沢はこの危機を乗り切ることが出来るのか?

[引用元]TBSテレビ「半沢直樹」公式サイトあらすじ

今日も可愛い花ちゃん

花ちゃん、フローリストなのかな。

似合う!!

花ちゃんの心配は、直樹の浮気?…こんなに可愛い花ちゃんがいて、するわけないですよね。

紅茶は、智美さん(井川遥)へのプレゼント?

どういうプレゼントなんでしょうか。気になる。

井川遥さんが、小料理屋の女将ってだけでは終わらなさそうです。

スパイラルがフォックス買収

「フォックス」の経営状態が悪化しているというネット記事がでました。

これは、半沢が裏で操作したことでした。

するとフォックス株が暴落。

半沢は、「スパイラル」の瀬名社長(尾上松也)に、「フォックス」を逆買収する計画を提案します。

 

そして、「電脳雑伎集団」は、今の「フォックス」と電脳が合併しても、特にメリットはないと「フォックス」を切り捨てたのです。

焦った「フォックス」の郷田社長(戸次重幸)は、「スパイラル」と合併することを決め、一緒に記者会見をします。

 

もともと、瀬名社長は、郷田社長を心から尊敬していたので、うまく収まってくれるといいんですが。

 

さらに、世界のIT界の超大物・マイクロデバイス社のCEOジョン・ハワード(マイクロソフトのビル・ゲイツ的な?)が、300億ドルも、出資してくれるなんて、何がどう凄いのかもわからないくらい凄いことになってきました!

そして、スパイラルの株価は一気に上昇したのです。

 

しかし、東京中央銀行は、「電脳雑技集団」へ500億円の追加融資の稟議を通し、半沢は再び窮地に追い込まれます。

伊佐山部長が「お前の負けーっ」って言ってました。

眼球の毛細血管キレてましたよね。

黒崎との再会

金融庁の黒崎駿一(片岡愛之助)が、東京セントラル証券に、突然検査にやって来ました。

黒崎は、現在、証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官(←長いw)なのです。

異動になったんですね。

 

この検査のことも、マスコミにリークされていて、ネット記事が出てしまい、スパイラルの株価は急落してしまいます。

これは、三笠副頭取(古田新太)のしわざでした。

東京中央銀行は、子会社の東京セントラル証券に負けるわけにはいかないのです。

 

今回も黒崎さん、女らしかったですねw

半沢のことも、「直樹呼び」してました。

そして、香坂くんとのパスワード戦争も迫力ありました!

「イヤッホー!!」言うてましたね。

消されたけどw

 

しかし、黒崎の本当の目的は別にあったようです。

「電脳雑技団」の子会社「電脳電設」のある特許に関わることのようす。

天才プログラマー・香坂

フォックス買収計画についてのデータファイルを黒崎に見られたら、東京セントラル証券は、営業停止命令になることは確実でした。

黒崎に見つかる前に、セントラル証券のシステムに外部から侵入し、ファイルを削除してもらわなければならないのです。

そこで、このプログラムを開発した天才プログラマー・香坂くん(吉沢亮)が登場します!

 

やっぱり、吉沢亮くんの美しさは段違いw

今回は、大活躍でファイルを見つけられても、deliteはしっかり出来ましたね。

金融機関のシステムに侵入なんて、できるものなのかー。

香坂くんは、今回だけの出演だったのでしょうか。

また、出番あるといいですね♡

セントラル証券の浜村さんに軽口叩いたりして…ちょっとイマドキな感じもよかったです。

 

香坂くんが、ファイルをdeliteしてくれたのに、社長がシュレッダーゴミ、ちゃんと捨ててないから…。

今って、復元するのもPCで出来てしまうんですね。

だったら、「ハケンの品格」で東海林さんの黒豆ビスコッティのアンケート復元のときに、教えてあげてほしかったわw

 

しかし、「フォックス」の郷田社長が現れ、これは合併のために渡したファイルだと言い、半沢は助けられるのです。

最後に

「半沢直樹」(2020)第3話の感想でした。

だんだん、話が難しくなってきましたが、歌舞伎役者衆が、みなさん面白すぎてw

やっぱり、ドラマ自体はすごく面白いです!

次回は、政治家や弁護士などの大きな壁が立ちはだかるようですが、何とかストーリーについていけるようにがんばりたいです。

 

以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「半沢直樹」(2020)第2話 感想|巨大銀行の新たな仕掛けとは?