「私の家政夫ナギサさん」第5話 感想|お父さんの還暦パーティー

「私の家政夫ナギサさん」第5話の感想です。

今回は、メイたちのお父さんの還暦パーティーです。

唯も、帰ってきて相原家が3年ぶりにひとつになりました。

ナギサさんが大活躍です!

「私の家政夫ナギサさん」第5話 あらすじ

ある夜、メイ(多部未華子)が帰宅するとナギサさん(大森南朋)から料理を教わる母・美登里(草刈民代)の姿が。
父・茂(光石研)の還暦パーティーで手料理を振舞い、驚かせたいらしい。
これを機に、3年前に実家を飛び出したままの妹・ 唯(趣里)と美登里の仲を取り持ちたいメイは、ナギサさんに相談。
すっかりナギサさんに心を許しているメイは、自分もナギサさんについて知りたいと思うようになる。
一方、田所(瀬戸康史)はメイのことを意識しながらも何かを隠している様子…。

[引用元]TBSテレビ「私の家政夫ナギサさん」公式サイトあらすじ

新病院建設の調査はローラー作戦!

メイの天保山製薬横浜支社の担当区域は、周辺のお店の閉店が相次いでいます。

やはり、新病院建設の噂は確実なようです。

メイは、ナギサさんに相談したら、ローラー作戦はどうですか?と提案してくれました。

着任の可能性がありそうな医師を、一人一人しらみつぶしに調べておくのです。

 

メイは、天明大学出身の肥後すこやかクリニックの肥後先生(宮尾俊太郎)に探りを入れてみるのですが、はぐらかされ…。

結局、次のデートと結婚を前提としたお付き合いの話になってしまいます。

馬場データはすごい

メイの同僚の馬場さん(水澤紳吾)は、もうすぐ育休に入ります。

来月、お子さんが生まれるようです。

それを気にかけてか、メイに担当区域の医師に関する詳しいデータ「馬場データ」を残していってくれます。

それぞれの医師の人柄や趣味なども記載されています。

 

無口な馬場さんですが、イクメンだし、すごく優秀なMRなんですね!

松平副支店長が福岡へ

前回、福岡に栄転の内示が出ていた松平副支店長(平山祐介)。

メイに、福岡支店長として異動することを告げました。

メイは「おめでとうございます!」と言いながらも、少し不安そう。

これから新しく建つ総合病院への営業など、仕事が大変になることは火を見るよりも明らかです。

松平副支店長も、最後までみんなと仕事をしたいけれど、いつかは若手にバトンタッチをしなければならないと思っていたといいます。

 

頼りになる副支店長の異動で、メイのリーダーとしての仕事がさらに重要なものになりそうです。

お父さんの還暦パーティー

煮込みハンバーグ

仕事もさらに忙しくなったメイですが、お父さん(光石研)の60歳の誕生日・還暦パーティーの日が近づいています。

ナギサさんに相談して、お父さんの還暦パーティーを盛り上げようと一生懸命なメイ。

しかし、相原家には一つの大きな問題が…。

メイの妹・唯(趣里)とお母さん(草刈民代)の不仲です。

唯がヘルプで来てくれた

お父さんの還暦パーティーの料理は、ナギサさん一人だととても無理そうな種類の多さ。

ナギサさんは、唯にヘルプをお願いするという名目で、唯もパーティーに参加させようというナギサさんとメイの作戦です。

 

唯に、パーティーのメニューを教えてもらうナギサさん。

メイに、家族の思い出の料理を作ってあげるといいのではないかと、ナギサさんはいいます。

そして、お料理以外にも何かひとつ決め手のものがあるといいのでは?と。

 

ナギサさんって、本当に人の心に寄り添える優しい人ですね。

 

唯は、マスクとおもしろサングラスwで変装しますが…どう考えてもバレそうなんですけど。

素敵なおしながき

メニューの名前は、メイが考えることになりました。

想い出のお料理の可愛いネーミングです。

「相原家の奇跡のポークグラタン」(お母さんが間違えて豚の角煮にホワイトソースを入れてしまったら、わりと美味しかったというすごいお料理)

「茂と美登里の甘酸っぱいハネムーンディナー・あじの南蛮漬けと海老しんじょのお吸い物」

「桜でんぶたっぷりの桃色ちらし寿司」

「本日のメインデッシュ 煮込みハンバーグ」

 

おしながきは、全て手書きでイラストやマスキングテープやシールでデコレーションされ、とても可愛い!

相原家、良い家族だな。

お父さんの優しい言葉

メイが幼稚園の年長さんの頃、お父さんは病気で入院していたことがありました。

お母さんが、メイと唯に「仕事も家事も両立してほしい」というのは、そのときに苦労をしたせいで、二人にはそんな苦労をしてほしくないからだと、お父さんは言います。

そして、お父さんは宣言します。

「唯に戻ってきてもらいたい!」と。

 

唯は、家政婦の仕事をとても頑張っています。

資格も、あと2つ取ればパーフェクトなのです。

お母さんは、このとき、既にアシスタントとして来たのが唯だと気づいていたようです。

家族の思い出ビデオの制作は瀬川くん

最後の決め手となるのが、思い出ビデオです。

その編集は、瀬川くんが担当してくれました。

自分で作りながら、涙ぐんだりして、瀬川くんもいい子ですね。

本当にメイのことを本当のお姉さんのように思っているのかもしれません。

 

メインデッシュを食べながら、このビデオを見て、家族で思い出を語り合います。

親にとって子供は、大人になっても、子供はいつまでも子供のまま…。

お母さん、メイと唯に厳しいですが、お母さんなりの理由があったんですね。

 

唯もお母さんも、幸せな涙でいっぱいです…。

そして、お母さんが唯のご主人と子供も、呼びなさいと言ってくれます。

 

本当に一度も会ったことなかったんですね…。

孫に会えた!

夫のトモヤさんと孫のモモちゃんが、相原家にやってきます。

お父さん、念願のお孫ちゃんに会えました!

モモちゃんは、自分の宝物をプレゼントしてくれます。

 

これからは、祖父母とモモちゃんの交流が始まるのですね。

そして、姉妹は抱き合って喜び合うのです。

 

瀬川くん、そしてナギサさんのおかげでもありますね。

ナギサさんの正体

メイが、ナギサさんのことがもっと知りたいと言っていた答えを、ナギサさんが持ってきました。

ナギサさんがメイに、履歴書を提出してきたのです。

そして、ナギサさんの前職は、なんとメイと同じMRだったのです!

さらに、メイが就活で落とされた業界最大手のソルマーレ製薬に勤めていました。

 

本当に、ナギサさんって一体どういう人なのでしょうか?!

そして、MRを辞めて家政夫になった経緯は?

最後に

「私の家政夫ナギサさん」第5話の感想でした。

メイは、完全にナギサさんに心を許していますね。

さらに、前職がメイと同じMR。

これから、どんどんおもしろくなっていきそう!

 

そして、田所の秘密とは一体何なのでしょうか?

薫(高橋メアリージュン)は、完全に田所に恋をしているようですが…。

次回も、楽しみです!

 

以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

「私の家政夫ナギサさん」第4話 感想|メイがプロポーズされた!