「半沢直樹」(2020)第4話 感想|半沢と大和田常務がタッグを組む!

「半沢直樹」(2020)第4話の感想です。

今回は、電脳の粉飾決算が半沢によって暴かれます。

そして、半沢が東京中央銀行に返り咲きます!

盛りだくさんな第4話拡大スペシャルです。

「半沢直樹」(2020)第4話 あらすじ

半沢(堺雅人)たちの作戦によって、フォックスの逆買収に成功したスパイラル。だが、このままでは面子がつぶれてしまう東京中央銀行は、三笠副頭取(古田新太)の後押しによって、スパイラル株を買収するために電脳への500億円もの追加融資を強引に進めようとしていた。

卑怯にも、強大な資金力にモノを言わせ強引に決着をつけようとする銀行に、もはや絶体絶命の半沢。そんな中、半沢は電脳の収益に不透明な部分があることに気づく。財務担当の玉置(今井朋彦)に接触を図るが、彼は口封じのために電脳を追われてしまう。玉置はいったいどこに消えたのか?

予断を許さない状況が続く中、渡真利(及川光博)から、まもなく半沢の出向先が正式決定する、という知らせが入る。動揺する森山(賀来賢人)に「人事が怖くてサラリーマンが務まるか」と力強く語る半沢だが、このままでは万事休すとなることは確実だ。これ以上、打つ手はあるのか——。

ついに覚悟を決めた半沢は最後の望みをかけてある人物に会いに行く——。

銀行、電脳、半沢、最後に勝つのは一体誰か!?
すべての真相がまもなく明かされようとしていた。

[引用元]TBSテレビ「半沢直樹」公式サイトあらすじ

不透明な電脳の収益

大和田常務(香川照之)から三笠副頭取(古田新太)に寝返っていたと思われていた伊佐山証券部部長(市川猿之助)が、大和田常務と裏で繋がっていて…。

電脳の社長と副社長がセントラル証券に

電脳雑伎集団の平山夫妻(南野陽子・土田英生)が、セントラル証券に直々に訪れました。

これは、よっぽど危機的な状況のようです。

半沢(堺雅人)は、電脳とゼネラル電設の関係を調べるために、森山(賀来賢人)を伴って静岡まで行きます。

電脳の財務担当で、ゼネラル電設の社長の息子である玉置(今井朋彦)の居所を探しに行ったのです。

 

半沢は、社長らしき初老の男性に話しかけます。

そして、机におそろいのお弁当箱を発見し、息子の玉置がここにいることを見つけます。

半沢、細かいとこ見てる!w

 

そして、電脳は、ゼネラル電設を傘下に入れ、電脳電設と名前を変えさせています。

電脳の狙いは、ゼネラル電設が持っている特許でした。

帝国航空再建の担当は…

電脳以外のもう一つの大きな案件は、帝国航空再建計画

これは、中野渡頭取(北大路欣也)が関係している案件のため、伊佐山の助けもあり、大和田常務は自分が担当するものだとばかり思っていましたが…。

稟議書の担当者には、大和田の名前はなく三笠副頭取と伊佐山の名前があったのです。

伊佐山は、やはり、大和田ではなく三笠副頭取側についていたことがわかります。

 

伊佐山にやられましたね、大和田常務。

 

伊佐山は、大和田常務に「あなたが半沢に土下座なんかするからだ!」と言います。

そして、自分が出世するためには、大和田より副頭取についている方が確実だと判断したのです。

 

森山くんの言う通り、本当に自分の出世の事しか考えてないんですね…この人たちは。

ゼネラル電設への投資家を探す

東京セントラル証券は、ゼネラル電設に投資してくれる企業を探し始めます。

ゼネラル電設には素晴らしい技術があるため、大手企業のハマハタ電子が名乗りをあげます。

しかし、伊佐山がハマハタ電子に、ゼネラル電設への投資はやめた方がいいと強く言ったようで、この話はなかったことにしてほしいと言われ…。

500億の融資を止めるために

「本当の悪党は、電脳だ!」と狙いを定めた半沢は、今、東京中央銀行が電脳に500億の融資をしようとしているのを止めるため、大和田常務に会いに行きます。

取締役会まであと15時間。

「私に力を貸してほしい」と、頼むのですが、

 

「死んでも嫌だね!」

 

と、一旦は断られるのですが、伊佐山の裏切りがあったことから、話を聞こうと戻ってきます。

 

こういうとこ、大和田常務、かわいいw

 

そして、半沢は取締役会で自分に発言の機会を与えてほしいと大和田に頼み、それが実現するのです。

因縁の相手が、タッグを組んだ瞬間です!

 

取締役会が始まります。

大和田は、電脳への融資にはリスクがあると発言したあと、もっと事情をよく知っている人物に説明してもらいますと、半沢を取締役会の会場に招き入れます。

 

実は、電脳は粉飾決算をしていたのです。

電脳は、その隠れ蓑として、ゼネラル電設を使っていたのです。

半沢は、取締役会の前に、ゼネラル電設の特許は必ず守ると約束して、その証拠となる裏帳簿を玉置から手に入れます。

森山がその裏帳簿のコピーを持って、平山夫妻を訪ねますが、出所が言えないようなものは認めない!と書類を投げつけられます。

しかし、森山は原本の在りかも、玉置から聞き出していたのです。

それは、副社長のデスクの後ろの本棚から出てきました。

 

さらに、平山夫妻の音声での証言も手に入れた森山は、データを半沢に送ってきます。

伊佐山と三笠副頭取の失態

半沢は、事前に諸井(池田成志)に、電脳とゼネラル電設について調べた方がいいというメモを伊佐山に渡してほしいと言ったのですが、伊佐山はそのメモも見ていなかったようで…。

諸井は三笠副頭取に渡し、三笠副頭取から伊佐山に渡してもらうことになっていました。

電脳の粉飾を調べることもできず、あやうく500億のお金をどぶに捨てるところでした。

 

三笠副頭取は、そんなメモは知らない!と怒鳴りますが…。

平山夫妻の音声データには、しっかりと証言が残っていました。

森山がこの決算書にはいくつか不透明な支出がありますがこれは?と聞くと

「三笠さんだよ。娘さんの留学費用に、奥さんの経営する飲食店の改装費、何から何までこっちが面倒見た。その代わり、銀行に買収の手はずをお願いしたのに」

と、はっきり平山社長は言っています…。

 

三笠副頭取…そんなことしてたんですね。

銀行員が、個人的な賄賂をもらうなんて、ありえない!

半沢の出向先決定!

以上のような功績から、半沢は東京中央銀行営業部に返り咲くことになりました。

そして、帝国航空再建担当に抜擢されるのですが…。

国土交通大臣の発言

元アナウンサーの新人議員・白井亜希子(江口のりこ)が、国土交通大臣に抜擢され、帝国航空再建のために、各銀行には一律7割の債権カットを要求すると言うのです。

半沢の次なる敵は、政府そのもの…ということになるのです!

 

スケール大きすぎ!w

ちょっとだけ最後に幹事長の箕部啓治(柄本明)が映ってましたが、究極の「悪い顔」でしたね…。

花ちゃんの言葉

今回も、花ちゃんの内助の功が光りましたね。

朝からおいしい紅茶を半沢のために淹れて、

「どんな辞令が出ようと、堂々と帰ってきてよね」と、半沢をあたたかく送り出します。

こんなジェットコースターみたいな生活なのに、肝が据わってます、花ちゃん!

最後に

「半沢直樹」(2020)第4話の感想でした。

第4話は、拡大スペシャルでしたが、てんこ盛りでしたね!

半沢が東京中央銀行に返り咲いたのはよかったですが、三笠副頭取のえげつなさが凄すぎましたw

そして、次回から、敵は政府!

帝国航空って、日〇航空のことかなぁw

企業年金で揉めてましたもんね。

一般企業は、利益が出ないと企業年金は少なくなるの当たり前なのに、どうして税金で払わないといけないのかなぁ…と思った記憶があります。

また、次回もドキドキが止まらない!

一週間が、長いです!

 

以下の記事で、第3話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「半沢直樹」(2020)第3話 感想|スパイラルがフォックスを逆買収!