「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話 感想

中華料理

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話の感想です。

「娘娘亭」の店主の父・太一の容態が急変。

しかし、太一は延命治療はしたくないとみどりに相談していて…。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話 あらすじ

 萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、秀三は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まらない。樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話に行く。

みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいるが、それでも辛いことになるかもしれないと話す秀三に樹里は頷いた。
医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。秀三と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。

太一は家族との話し合いで治療を決めた。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出た。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。
命の現場で薬剤師がみた現実は−

[引用元]フジTV「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」公式サイトあらすじ

相原がガン薬物療法認定薬剤師を目指す

みどり(石原さとみ)や刈谷(桜井ユキ)が「がん薬物療法認定薬剤師」の資格を持っていることを知った相原くるみ(西野七瀬)は、自分も資格取得を目指したいと宣言します。

あまりやる気がなさそうな相原さん、キャラ変わりましたね!w

太一の抗がん剤治療に関わることに

相原は、「太一さんの大切な命を預かるために、勉強します」と張り切っています。

そして、「娘娘亭」でみんなで食事をすることになって、ちょっと暴走してしまいます…。

瀬名(田中圭)が言うには、昔のみどりを見ているようだと言いますw

 

相原さん、このままやる気を持ってがんばってくれるといいですね!

おじいちゃんの病気

炒飯

前回、危篤状態に陥った樹里(久保田紗友)の祖父、太一(伊武雅刀)。

みどりが言うには、大病を患った近しい家族がいると、その人も病気になってしまうことがあるようです。

太一に告知

樹里の父親・辰川秀三(迫田孝也)は、太一にがんの告知をすることに決めました。

すると、太一は抗がん剤治療をしないと言います。

治療をしなければ、余命三か月だと告知されてしまいます。

それを聞いた樹里はショックを受けて…。

 

みどりに「治療についてご家族で話し合ってみてください」と説得されて、太一は抗がん剤治療をすることに決めたようです。

樹里の摂食障害

太一にガンを告知し、抗がん剤治療を受けることになって、樹里の摂食障害も改善してきました。

おじいちゃんに嘘をついていることが、樹里ちゃんにとっては辛いことだったんですね…。

 

摂食障害は、時間のかかる病気なので、このまま調子よくなってくれるといいですね。

太一の本当の希望

太一は、「家族で楽しく過ごす」ことを第一に希望しています。

そのため、「延命治療はしたくない。正直、しんどい」と。

 

ある程度、高年齢で、治らないとわかっている辛い病気の場合は、延命治療をしたくないという気持ちはよくわかります。

抗がん剤治療は、本当に辛いみたいですしね…。

樹里のノート

樹里は、おじいちゃんのやりたいことをノートに書いています。

「娘娘亭」の紹興酒と炒飯と餃子が食べたい

太一のために、みどりは病院の厨房で及川に作ってもらいました。

みんなで野球を観に行く

萬津総合病院 vs 小野塚チームの草野球試合ですw

とにかく家族で楽しく過ごすこと

これは、太一さんの亡くなり方を考えたら、最後に達成できたようですね。

太一の容態が急変

外泊許可が出ていた太一の容態が急変します。

そして、太一は、そのまま静かに息を引き取ります。

しかし、前日、太一は息子の秀三に、「何もかも楽しい人生だった。ありがとう」と微笑んでいました。

おじいちゃんに最後にやりたいことをしてもらえた樹里は、泣きながらも笑顔でおじいちゃんを見送ることが出来ました。

 

最後に告知して、本当によかったですね。

 

そして、相原は秀三に「一緒に頑張りましょうと言いながら何もできなくてすみません」と泣きます。

相原さん、薬剤師としての覚悟ができたようです。

太一からの「ありがとう」ボール

太一は、みどりに野球のボールに「ありがとう」と書いて、瀬名を通じて最後に渡してくれました。

刈谷が言うには、一番迷っていたのはみどりだと。

みどりは、そのボールを受け取り、号泣します。

 

萬津総合病院薬剤部チーム、本当にお互いを信頼し合っていて、素敵な職場だなぁ。

最後に

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第5話の感想でした。

最後のシーンで、瀬名と七尾副部長(池田鉄洋)が、揉めていましたね。

太一さんに治験薬を使っていたら状況はかわっていたかもしれないのに…と言ったことと、瀬名のお母さんのことを持ち出したことが原因のようです。

瀬名さんのお母さんは、治験薬を使ったけれど亡くなった過去があるのでしょうか。

そして、みどりにも、妹の病気のことで過去に何かあったようですね。

次回も楽しみです!

 

以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第4話 感想