「未満警察 ミッドナイトランナー」第8話 感想|引きこもり男の母への愛

「未満警察 ミッドナイトランナー」第8話の感想です。

カイくんとジロちゃんは、交番での実務実習に入りました。

そして、ちょうどその頃、警察官が拳銃を奪われ、殺害される事件が起こっていたのです。

「未満警察 ミッドナイトランナー」第8話 あらすじ

連続猟奇殺人犯「スコップ男」とされた父の冤罪を訴える姉弟による警察学校立てこもり事件が心に引っかかったまま、本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は交番での実務実習の日を迎える。

そんな折、制服警官が襲われ拳銃を奪われる事件が発生。その銃を使った強盗殺人事件も起り、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)からも細心の注意をもって交番での実習に臨むよう命じられる。

実習開始早々、近くの民家に暮らす引きこもりの野々村晴至(松尾諭)から、家に強盗が入り母親が拳銃で撃たれたと110番通報が入る。2人は指導役の先輩警察官のあとを追って現場へ急行。

するとそこには、銃で撃たれ横たわる晴至の母・野々村玲子(銀粉蝶)と、腰を抜かして震えている晴至の姿が。晴至のことを心配した本間が「この状況では隠れるしかなかったと思います。じゃなきゃ晴至さんまで撃たれてました」と声をかけると、晴至は「隠れてない」と連呼しながら2階へ上がり部屋に閉じこもってしまう。

そして事件現場には、刑事の柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)も駆けつける。だが、柳田は捜査中にも関わらずどこか上の空で…。

その夜、寮に戻り、晴至に無神経なことを言ったことを反省する本間。同じ頃、立てこもり事件の時から様子のおかしい警察学校の同期・橘冬美(大幡しえり)は、寮の部屋で古い携帯電話を見つめていて…。

[引用元]日本テレビ「未満警察 ミッドナイトランナー」公式サイトSTORY

事件はまだ終わっていない

前回、逮捕された天満直子と智也の事件は、まだ終わっていません。

そして、国枝警視正(木下ほうか)も、頭を殴られ拉致されています。

事件のたびに割れるカイくんのメガネ、この事件では、割れていません。

それは、「事件が解決していない」ということ。

 

本当のスコップ男はまだ捕まっていないのです。

そして、天満暁生の無実の証明も。

交番での実務実習の日

柳田刑事から、カイくんとジロちゃんには何もさせないように…と実務実習の交番へ連絡が行きます。

それは、これ以上問題を起こさないように…という柳田刑事の気持ちなのか、それとも…。

実務実習の交番来ていた女性

カイくんとジロちゃんが赴任した交番によく差し入れを持ってきてくれる女性がいます。

町内の防犯担当をボランティアでしてくれている野々村玲子(銀粉蝶)です。

彼女の息子・野々村晴至(松尾諭)は、10年ほど引きこもり生活をしています。

玲子は、カイくんとジロちゃんを見て、うちの子もこうだったらいいのに…とため息をつきます。

拳銃を奪った犯人がアポ電強盗

警察官から拳銃を奪った犯人が、アポ電強盗を起こします。

玲子は、「オレオレ詐欺」の電話だと思い、「言えに300万くらいお金がある」と騙されたふりをして警察を呼びます。

息子の晴至は、その現場を見ていて、スマホで犯人の写真を撮っていました。

晴至は、怖くて母を助けることが出来なかったのです。

それをなぜか警察には言わず、ネットで犯人のことを調べていたようで…。

 

そして、晴至は、カイくんとジロちゃんの同期・黒岩(葉山奨之)を襲って、彼の拳銃を奪ったのです!

しかし、実習中の警官の拳銃には玉が入っていません。

カイくんの推理

カイくんは、靴跡や奪われた拳銃が二丁であったことから、犯人は二人だと推理します。

さらに、カイくんは、晴至が犯人のことをネットで調べていたのは「自分で母のために復讐しようとしている」と考えているようです。

しかし、もし、晴至が犯人のところに行っても、晴至が奪った拳銃には玉が入っていないので、ただ身を危険にさらすだけです。

犯人グループのアジトへ

晴至がプリントアウトしていた犯人の情報から、柳田刑事(原田泰造)と稲西刑事(中村ゆり)らは、犯人グループのアジトへたどり着きます。

そして、そこにいた「アポ電強盗」の元締めを逮捕し、晴至を救出します。

しかし、玲子に顔を見られた実行犯の男は、入院している玲子のところへ行き、殺害しようとします。

 

そこに、カイくんとジロちゃんは待ち伏せしていて、玲子さんを助けます。

 

動かないように言われていましたが、やっぱり動いてしまうカイくんとジロちゃんw

母と息子

10年間も引きこもっていた晴至は、母のために10年ぶりに外に出ることが出来ました。

そして、晴至は「かあちゃん、今までごめん」と謝るのです。

 

玲子さんの意識も戻って、晴至さんもこれから外に出られるようになるでしょう。

カイくんとジロちゃんは、この親子のことも助けることが出来たのです。

柳田刑事の反応

柳田刑事は、このところ心ここにあらず…な感じでした。

警察官の拳銃強奪事件が起こっても、それほど驚いたりしていませんでしたsし…。

 

片野坂教官(伊勢谷友介)に、稲西刑事が「国枝警視正と連絡が取れなくなっています。そして、柳田刑事も」と報告にやって来ます。

そして、柳田刑事は、カイくんとジロちゃんが着実に警察官として成長していることを、「参ったな。このままじゃ、まずいな…」と言いました。

 

これは、一体どういう意味なんでしょうか?

このままじゃ、まずいな…と言ったときの顔が、ちょっと怖かったし。

橘冬美が犯人を知っている

カイくんとジロちゃんの同期の橘冬美(大幡しえり)が、スコップ男の事件の真犯人を知っているようです。

スマホの画面に向かって、それを告白していました。

確か、彼女の父親は警察官だったはず…。

最後に

「未満警察 ミッドナイトランナー」第8話の感想でした。

未満警察もあと残すところ2話となりました。

次回は、スコップ男の事件に進展があるようです。

さらに、今回の最後にスコップ男のコートを着て立ち去ったのは、柳田刑事でした。

柳田刑事がスコップ男ということなのでしょうか?!

早く、真犯人が誰なのか知りたいです!

 

以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「未満警察 ミッドナイトランナー」第7話 感想|立てこもり事件の結末