「MIU404」第8話 君の笑顔 感想│俺は許さない

「MIU404」第8話の感想です。

伊吹の恩人である蒲郡さんの起こした事件。

今回は、伊吹、辛かった…。

「MIU404」第8話 あらすじ 

山中で男性の変死体が見つかり、伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は現場へ急行する。遺体の特徴的な創傷と残された文字から、未解決の連続猟奇殺人の可能性が浮上し、事件の捜査は一課の管轄となる。捜査会議に参加した伊吹と志摩は、そのまま一課の刑事・刈谷(酒向芳)の手伝いに駆り出される。

刈谷と同行し訪れた不自然死究明研究所、通称「UDIラボ」で、伊吹と志摩は臨床検査技師の坂本(飯尾和樹)と出会う。

その後、今回の事件の捜査資料を盗み見た伊吹は、複数の前科があった被害男性の最初の事件を担当した刑事が恩師の蒲郡(小日向文世)だった事を知る。伊吹と志摩は、蒲郡から得た情報を頼りに犯人を追うが…

[引用元]TBSテレビ「MIU404」公式サイトあらすじ

未解決の連続猟奇殺人事件

山中で、死後約一か月が経過した遺体が発見されました。

これは、20年前、千葉の海岸に上がった遺体、15年前、荒川区の自然公園で発見された遺体と殺人の手口が同様でした。

人差し指、中指、薬指の三本が切断されているのです。

そして、遺体には荷札がついており、中国語で「獣」という文字が書かれています。

不自然死究明研究所・UDIラボ

遺体は、不自然死救命研究所、通称UDIラボに運び込まれ、解剖されます。

UDIラボは、本作の脚本家・野木亜希子さんが脚本を担当されたドラマ「アンナチュラル」の舞台です。

今回は、神倉所長(松重豊)と坂本さん(飯尾和樹)が登場しました!

坂本さんのムーミン好き、変わってないw

 

そして、UDIラボから、三人目の遺体だけが、指の切断のされ方が違うと報告がありました。

三人目の遺体だけが、手の甲側から指を切断されており、他の二人は手のひらからなのです。

三人目の被害者の前科

三人目の被害者・堀内は、前科二犯。

そのときの担当は、伊吹(綾野剛)の恩師である蒲郡さん(小日向文世)でした。

 

志摩(星野源)と伊吹は、蒲郡さんを訪ねます。

すると、蒲郡さんは、少し記憶力が悪くなっているようです。

志摩が言うには、蒲郡さんは脳血管性認知症の疑いがあるようです。

 

奥様は亡くなっているのですが、それも忘れてしまっているようで…。

隠れキリシタンの迫害と似て

この連続猟奇殺人事件の被害者は、三本の指が切断されています。

これは、天草四郎の時代、隠れキリシタンの拷問に、指を三本切り落として二本指にするというものがあったと九重(岡田健史)が言います。

彼は、福岡出身なのです。

二本指のこの者は、人間にあらず=「獣」という意味です。

 

そして、蒲郡さんの奥様はクリスチャンです。

桔梗隊長の家が盗聴された

第四機捜の桔梗隊長(麻生久美子)の家に、盗聴器が仕掛けられていました。

しかし、この家が桔梗隊長の家だとわかっていたら、盗聴器が仕掛けられることはなかったはず。

ターゲットは羽野麦

盗聴器は、桔梗隊長宅に同居している羽野麦(黒川智花)が狙いだったようです。

そして、桔梗隊長の家をしっかり調べ終わるまで、警察の官舎に引っ越すことになりました。

ハムちゃん(羽野麦のニックネーム)は、桔梗隊長にずっとお世話になっていることを心苦しく思っているようです。

そんな麦ちゃんを心配して、伊吹が「蒲郡さんと麦ちゃんと三人で一緒に住もうか?」と言います。

少し認知症気味の蒲郡さんのことも、伊吹はとても心配しているのです。

冗談っぽく言っていますが、伊吹はあながち冗談で言っているわけではなさそうです。

 

志摩が言う通り、伊吹って、本当にいい奴!

成川岳の仲間が麦を追っている?

成川岳(鈴鹿央士)は、久住(菅田将暉)に紹介されたゲストハウスに住んでいます。

そして、違法薬物・ドーナツEPの売人になってしまったようです。

 

とうとう売人になってしまったんですね…。

そして、売人グループの上の男のPCにハムちゃんの画像があって、成川がこの人を見たことがあるというと、男は、「この女を見つけたら、賞金1,000万円なんだ」と。

麦ちゃんが関係している事件の犯人・エトリと久住は、何か関係があるのでしょうか。

蒲郡の復讐

蒲郡さんの奥様さんは、病気で亡くなったと言われていたのですが、車に轢かれて亡くなっていました。

その犯人が、第三の被害者・堀内でした。

伊吹と蒲郡さんの関係

高校生の頃の伊吹は、荒れていました。

ケンカばかりしていたようです。

そのときに、蒲郡さんに出会って、「お前なら刑事になれる」と言ってくれたのです。

今の伊吹があるのは、蒲郡さんのおかげなんですね。

志摩の推理

蒲郡さんの奥様は、家の前で事故に遭って亡くなっています。

そのとき蒲郡さんも脳に大きなケガを負っていたのです。

蒲郡さんは、本当に認知症なのか。

志摩は、その事故について調べているうちに、蒲郡さんの「物忘れ」が嘘なのではないかと気づいたのです。

俺は許さない

伊吹は、蒲郡さんの家を訪ねます。

盗聴器をつけて。

伊吹は、蒲郡さんが犯人だと思いたくないのです…。

 

蒲郡さんは、奥様の仏壇に手を合わせながら決心したようです。

自分が堀内を殺害したことを話そうと。

蒲郡さん自身も、このときの事故のせいで一時的に記憶がなくなったのですが、実は今は記憶が戻っているのです。

堀内は、二度目の服役の後、蒲郡さんに相談の電話をしてきたのですが、蒲郡さんはすでに退職してたあとで、他の担当刑事に相談するように言いました。

それを恨みに思い、わざと二人を車で轢いたのです。

蒲郡さんは、何度も許してくれと叫ぶ堀内に「俺は許さない。刑事だった自分を捨てても俺は許さない」と。

 

そして、蒲郡さんは、今の「自白」を盗聴されていることをわかっていました。

 

このときの小日向文世さんの演技、素晴らしかったですね。

優しいおじいちゃん、ボケかけたおじいちゃん、「俺は許さない」と復讐に燃える元刑事。

その三つの顔の演じ分け。

すごい俳優さんだなぁと思いました。

最後に

「MIU404」第8話の感想でした。

最後の志摩が伊吹に手を差し伸べるシーン、よかったですね。

志摩は、香坂には手を差し伸べることが出来ませんでしたが、伊吹にはできたのです。

心を閉ざしていた志摩ですが、伊吹の優しくさとあたたかさに触れて、本当のバディになりました。

 

今回は、伊吹、辛かったですね。

敬愛し、一緒に住もうと思うほど大切に思っていた蒲さん。

最後の悲しい横顔に、涙が出そうになりました。

そして、次回は、いよいよ久住が動き出しそうです。

ナイトクローラーの正体も気になりますね。

第9話も楽しみです!

 

以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「MIU404」第7話 感想│10年あれば何が出来るか