「半沢直樹」(2020)第6話 感想|白井亜希子大臣が乗り込んで来た!

「半沢直樹」(2020)第6話の感想です。

今回は、白井亜希子大臣が直々に東京中央銀行に乗り込んできます。

そして、東京中央銀行は、与信判断を行われることになって…。

「半沢直樹」(2020)第6話 あらすじ

帝国航空を立て直し、何としても政府の要求する500億の債権放棄を拒否したい半沢(堺雅人)。自らの目で、現場で働く人々を見て何とか再建案を作り上げた半沢たち。
しかし、政府直属の再建検討チーム「帝国航空タスクフォース」のリーダー・乃原正太(筒井道隆)は、そんな半沢たちの努力をあざ笑うかのように、再建案を白紙に戻すと容赦なく告げる。その強引かつ高圧的な態度に半沢は反発し宣戦布告。両者は激しく衝突する。

一方、半沢の作成した再建案は帝国航空内でも暗礁に乗り上げていた。赤字路線の廃止、徹底的な経費削減、そして約1万人もの余剰人員の整理など、どれも大きな痛みを伴うことは必至であり、中でも整備士ら専門職は異業種への転職を断固拒否。彼らへの対応に日々追われる財務部長・山久登(石黒賢)はすっかり疲弊していた。

そんな中、乃原から政府に楯突く半沢の態度を聞いた国土交通大臣・白井亜希子(江口のりこ)は、なんと大臣自ら銀行に乗り込んでくる。この異例の事態に紀本(段田安則)も大和田(香川照之)も、そして中野渡頭取(北大路欣也)までもが、政府の脅威を実感するのだった。

そして、銀行には再びあの男の姿が。黒崎駿一(片岡愛之助)である。急遽始まったヒアリングで、帝国航空を巡るある重大な過失が発見されて—

[引用元]TBSテレビ「半沢直樹」公式サイトあらすじ

半沢がタスクフォースに反撃

半沢は、白井亜希子大臣(江口のりこ)にも、自分が悪いことをしていないなら謝る必要はないと思っています。

それが、半沢の信念の一つです。

従業員の1/5を削減

帝国航空再建のためには、従業員の1/5削減が必要です。

従業員、特に整備士からの反発は強く、山久財務部長(石黒賢)は心を痛めています。

半沢は、整備士の受け入れ先を見つけるために奔走します。

白井議員が東京中央銀行に乗り込んで来た

白井大臣が東京中央銀行に、半沢が政府に盾をついたと、直々に乗り込んできます。

白井大臣のおかけで内閣支持率は大幅にアップしているので、タスクフォースリーダー・乃原弁護士(筒井道隆)は、「債権放棄は国民の総意だ」と言うのです。

 

ちょっと、強引だな…。

 

そして、半沢はもちろん、白井大臣に謝罪もしませんし、今、どの企業も資金繰りに苦労しているのだから、帝国航空だけを特別扱いには出来ないと言います。

白井大臣は、こうなったら、金融庁の検査を入れて、場合によっては業務改善命令が出されることになると。

業務改善命令は、銀行にとってかなり重い処罰になります。

そして、中野渡頭取(北大路欣也)は、「最善を尽くして検討します」と、白井大臣に答えます。

 

しかし、白井大臣は、箕部幹事長(柄本明)に裏から手を回してもらい、銀行を陥れる手段を取ります…。

 

怖い。

人気のある議員も、裏では何やってるかわからないもんですね…。

鉄の女に会いに

一方、半沢は、政府系金融機関の開発投資銀行の鉄の女・谷川幸代次長(西田尚美)に会いに行きます。

半沢は、LCC最大手・スカイホープに、帝国航空の500名を受け入れてもらえないかを頼みに行くのです。

そこに、セントラル証券の森山(賀来賢人)が現れ…。

金融庁の検査が入る!

東京中央銀行に、金融庁のヒヤリングが入ると連絡が入ります。

与信診断とは、その企業の返済能力を適正に審査することです。

黒崎登場!

金融庁検査を行うために、黒崎(片岡愛之助)が、東京中央銀行にやって来ました。

半沢が東京中央銀行に異動したのと同じく、黒崎もまた金融庁に異動になっていたのです。

政府に、無駄に反抗した報いだとしっかり検査すると黒崎は言います。

 

半沢に会えて、うれしそうな黒崎さんw

金融庁のヒヤリング

東京中央銀行が融資当時に提出した再建案と、実際の再建案の数字が異なっていました。

これは、金融庁検査を乗り切るために意図的に数字をでっち上げたと黒崎は言います。

こうなると、業務改善命令が発出される可能性があります。

 

そこで、当時の担当である曾根崎次長(佃典彦)は、「数字が違うのは帝国航空の事務的ミスだったことがわかった」と黒崎に告げます。

しかし、それは本当なのでしょうか…。

 

それにしても、審査部次長の曾根崎は、どうしてあんなに底意地の悪い顔してるんでしょうか…。

半沢が目の敵に

白井大臣、金融庁など政府から、半沢は目の敵にされているようです。

半沢を帝国航空の担当から外させようと、白井大臣は中野渡頭取にも圧力をかけてきます。

再建案の数字が異なるのは、帝国航空のミスだと山久部長も認めているのですが、半沢は納得がいきません。

 

山久部長がそんな重大なことをミスするわけがないと…。

山久部長は、人員削減にかなり苦しんでいるようです。

そして、やはり、裏で曾根崎が、山久部長の足元を見て、交換条件を出していたのです。

曾根崎が取締役会に提示したのは、山久部長が半沢に仕事の邪魔をされているという要望書でした。

 

しかし、山久部長は、半沢に本当のことを話してくれます。

山久部長がミスをしたことにしてくれたら、500名の人員はそのまま残留できるようにすると曾根崎に言われ、人員削減に心を痛めていた山久部長は、嘘をつくことを受けれてしまったのです。

半沢が、LCCの最大手、スカイホープから、帝国航空の500名の人員を受け入れてくれるという返事をもらってると山久部長に伝えたため、山久部長は、真実を話してくれたようです。

山久部長と曾根崎次長の会話は、ヴォイスレコーダーにしっかり録音もされていました。

そして、このスカイホープを紹介してくれたのは、セントラル証券時代の部下・森山でした。

 

やはり、信頼されている人の下には、出来る部下がいるものです!

数字の改ざんを指示したものとは?

この数字の改ざんは、曾根崎次長が単独で行ったこととは、半沢には思えません。

裏で金融庁検査を乗り切るために、指示を出したものがいたはずだと。

それは、一体、誰なのでしょうか…。

曾根崎次長は、それが誰なのかは言わずに引き下がってしまいます。

 

この不正を金融庁に報告すると、業務改善命令が出てしまうことは必至です。

東京中央銀行、大変な危機です!

スカイホープの新規路線の認可が下りない

さらに、帝国航空の500名の人員を受けれてくれると言っていたスカイホープの新規路線の認可が、急に取り下げられてしまいます。

そうなると、帝国航空の人員を受け入れることが出来ません。

これも、白井大臣の策略でした…。

白井大臣のプライド

大臣の役目とは、自分の意地やプライドを守ることでしょうか。

躍進中のLCC最大手スカイホープが、新規路線を増やし、帝国航空の500名も今までと同じ仕事をすることが出来、債権放棄もしなくて済むのは、国民全てにとって良いことなのに。

 

「私はやると決めたら、徹底的にやるんです」って、一体、何がしたいねん…。

業務改善命令

とうとう東京中央銀行に、『金融庁業務改善命令発出』

マスコミの前で、中野渡頭取が頭を下げることに…。

それをTVで観ていた半沢は、「帝国航空を必ず再建して見せる。やられたらやり返す!倍返しだ!」

 

倍返し、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

そして、半沢は、銀行内の裏切り者をあぶりだす!と、怒りに燃えるのでした。

最後に

「半沢直樹」(2020)第6話の感想でした。

帝国航空の受け入れ企業に、帝国重工、トキワ自動車とあったのは、日曜劇場ファンにはうれしかったですね!

 

そして、今回は、白井大臣が本当に憎らしかったー!

次回は、政府との勝負も片が付きそうです。

さらに、東京中央銀行内の裏切り者とは誰なのでしょうか。

次回も、楽しみです!!

 

以下の記事で、第5話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「半沢直樹」(2020)第5話 感想|日本中央銀行は債権放棄を拒否!