「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第7話 感想

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第7話の感想です。

今回は、骨髄性白血病で入院していた簑島心春が退院します。

そして、政治家の古賀万奈美が骨折で入院してきて…。

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第7話 あらすじ

 葵みどり(石原さとみ)たちが朝の準備運動をしていると、販田聡子(真矢ミキ)が薬剤部の人員不足を解消するため作業ロボットの導入を話す。販田は院長と交渉して高額な導入予算を勝ち取るため、問題を起こさないようにとみどりに釘を刺した。そんなみどりに、瀬野章吾(田中圭)が検査結果が出たと伝えに来る。

結果が出たのは急性骨髄性白血病で入院中の簑島心春(穂志もえか)。心春は新人の頃のみどりが瀬野に任された患者で、一度は寛解したものの再発、再入院していた。検査結果は良好で退院出来ることになり、みどりと心春は喜び合う。そんな二人の前を病院長の案内で特別室に入る患者が通りかかる。

特別室に入った患者は議員の古賀万奈美(渡辺真起子)。左尺骨のヒビでの入院だ。だが、元秘書へのパワハラ疑惑でマスコミに追われる古賀には良い隠れ蓑。そのため、病院長と整形外科医、大津君郎(瀧川英次)以外の病院スタッフには古賀の素性が伏せられた。みどりは相原くるみ(西野七瀬)と古賀の病室へ。みどりたちの問いかけに、古賀は答えず、秘書の鴨居健介(モロ師岡)が代わりに応答する。みどりは喘息の持病を持つ古賀の容態も聞きたかったが、古賀がそのような態度なので答えは得られない。また、みどりは苦しそうに胸を抑えた古賀が気になる。

翌日、心春が手紙を書いていると古賀が現れた。しばらく話をしていると、古賀が胸を抑えてしゃがみ込んでしまう。助けを求めに走る心春は、出くわしたみどりとくるみに報告。みどりたちは古賀のもとへ向かう。その時、心春も体の変調を覚えていた。

[引用元]フジTV「アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋」公式サイトSTORY

薬剤部が作業ロボット導入?

販田部長(真矢みき)が、万年人手不足の薬剤部に「ロボピックⅡ」というロボットを購入したいと考えているようです。

院長には、要望書を提出したようですが、かなり高額のロボットで、その金額で何人の薬剤師が雇えるか…と言われるほど。

 

しかし、ロボットにはみどり(石原さとみ)のような優しい心遣いはできないと思います。

心春の退院

急性骨髄性白血病で入院していた簑島心春(穂志もえか)が、退院することになりました。

みどりは目を潤ませて喜びます。

最初の入院のときは、薬のせいで髪が抜けたり、泣き叫んだり、大好きなバレエをあきらめたり…。

しかし、最初の退院の後、心春ちゃんは、みどりに憧れて大学の薬学部に入学していました。

それが、再発してしまい、1年半の再入院生活中だったのです。

また倒れる心春

そんな心春ちゃんが、退院まで2日のところで、また突然、倒れてしまいます。

 

やっと外に出られることになったのに、心春ちゃんの退院は延期になってしまいます。

みどりの前では元気を装っていますが、きっと心底がっかりしているでしょうね。

 

みどりは、少しでも心春ちゃんが前向きになれるようにと、医師に付き添ってもらって外に出してあげました。

萬津総合病院も、小児科の先生は、優しいですね。

みどりの妹

相原(西野七瀬)は、みどりの妹も、心春ちゃんと同じ骨髄性白血病だったと瀬野(田中圭)に聞かされます。

新人だったみどりを、心春ちゃんの担当したのは、みどりがどんな患者にも平等に冷静に接することが出来るように、瀬野がわざと担当させたようです。

そうすることで、みどりはどの患者さんとも平等に接することが出来るようになったのです。

それでみどりは、どの患者さんにもつきっきりという方に平等になりましたw

 

相原は、自分には無理だと自信なさそうです。

がんばれ!相原!

古賀万奈美の病状

政治家の古賀万奈美(渡辺真起子)が、左尺骨のヒビで入院しています。

みどりと相原は薬のことで古賀の病室に質問しにいきますが、古賀は一言も発しません。

実は、元秘書へのパワハラ疑惑で、萬津総合病院を隠れ蓑にしているのです。

古賀は、喘息の持病も持っています。

咳をすると、ふらつきも出ているようで…。

 

何だか、誰かと誰かを合わせたような政治家ですねw

古賀が倒れる

心春と古賀が病院の備品置き場でたまたま出会い、言葉を交わします。

そして、なぜか骨髄性白血病に詳しい古賀

そんな古賀が、突然胸を押さえて倒れてしまいます。

心春に教えられ、みどりはすぐに駆け付けるのですが、古賀は放っておいてほしいと言って…。

骨折以外にも、何か病気がありそうです。

 

みどりは、一度検査を受けてはどうかとアドバイスするのですが、古賀は一切拒否です。

政治家は、一旦病気になってしまうと、その地位を虎視眈々と狙う議員ばかりなのです。

古賀は、病気になるわけにはいかないのです。

薬剤師の業務にも詳しい古賀

古賀は、病院薬剤師は仕事が多すぎるとわかっています。

病棟での仕事までやっていたら、休み時間も削っているのではないかと、みどりは指摘されます。

しかし、みどりは自分のやり方を変える気はないようです。

 

やっぱり、そうかw

古賀の秘書・鴨居健介

今の古賀の秘書、鴨居健介(モロ師岡)は、「古賀は本物の政治家です。私はそんな政治家としての古賀に惚れ込んでいるのです」と言います。

古賀議員は、心春ちゃんと話していてもいろんなことを知っていて、病院薬剤師の苦労もわかっているのです。

 

優秀な人物だということは、それだけでもよくわかります。

古賀の志

古賀は、友人を骨髄性白血病で亡くしていました。

そのため、白血病についての知識があったのです。

そして、厚生労働省に入り、さらに政治家になって、骨髄バンク設立に尽力していました。

古賀は、検査を拒否していましたが、心春ちゃんの頑張りを見ていたら、自分も検査を受けなければと思ったようです。

 

ところが、みどりは、古賀の胸の痛みが喘息の薬のせいだと気づきます。

喫煙者の古賀に、喘息でかかっている医師が薬の増量していたのですが、古賀は煙草の量を減らしていることを医師に伝えていなかったのです。

 

そして、古賀は見事に政治家として復活するのです!

最後に

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第7話の感想でした。

心春ちゃん、退院の延期はありましたが、何とかそのあと退院してキャンパスライフを楽しんでいるようですね。

その姿を見ると、私まで目が潤みましたw

 

そして、街の薬局に勤める小野塚(成田凌)は、救急認定薬剤師を目指しているようです。

もう少し、小野塚さんの出番増やしてほしいです!w

 

次回は、荒神さん(でんでん)の奥様が末期ガンで、さらに瀬野さんにも病魔が…。

 

以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」第6話 感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA