「MIU404」第10話 Not Found 感想│生きていれば何度でも勝てる

「MIU404」第10話『Not Found』の感想です。

今回は、久住に直接、志摩と伊吹が接触します。

しかし、久住はネットを思うままに操り…。

「MIU404」第10話 あらすじ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。誰が何の目的で彼を殺したのか? 1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示。そして、伊吹と志摩にはその裏付け捜査をするよう指示し、4機捜が一丸となって爆弾犯の行方を追うが…

一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る。

TBSテレビ「MIU404」公式サイトあらすじ

エトリの正体

エトリの死因は、爆風による肺挫傷でした。

そして、エトリの本当の名前は、鴻上悟

かつて起こった、ある殺人事件の容疑者でした。

しかし、逮捕前に自ら命を絶ったように偽装し、目と鼻を整形して、「エトリ」として、逃げていたのです。

 

エトリのネクタイピンからはGPSが発見されており、それをドローンが追跡していたのです。

そして、エトリの側近の男が、エトリは、ある「システム開発に詳しい男」の指示に従って行動していたと証言しています。

 

志摩(星野源)も言うように、そのシステム開発に詳しい男は、久住(菅田将暉)でしょう。

エトリも敬語で話すくらい、久住は力を持っているんですね…。

本当に一体、何者なんでしょうか。

 

鴻上(=エトリ)の捜査資料から、「最近、面白い若者に出会った。仮想通貨の知識が豊富。かつて大手のシステム開発会社に在籍していた。自分が関わったシステムすべてに『バックドア』を仕掛けていた」とありました。

『バッグドア』は、システムの裏口のことです。

開発時に仕掛けられると、あとから解明することは難しいようです。

久住に関する情報

久住は、昔からエトリを知っているようだったと、成川(鈴鹿央士)が言います。

成川は、警察から逃げていたとき、ドーナツEPに関係していた陸上部の先輩に連絡をし、久住を紹介されたようです。

久住は、成川に住むところや、携帯をくれました。

成川は、久住と、池袋のシェアオフィスでいつも会っていたようです。

 

そして、成川くんは、前回久住にドーナツEPを飲み物に入れられ、一度だけ飲まされたことを九重(岡田健史)に話してくれました。

 

ドーナツEPは、安いので儲からない。

しかし、それがもっと深刻な薬物へと導かれる入口だということなのです。

久住に関する情報

久住は、大阪・天王寺の出身。

母一人子一人で、貧しい家庭に育ったと成川には話していたようです。

しかし、別の人間には、父と自分だけで、母親の顔さえ知らないと言っていたり…。

そして、ひっかかったと思った相手に、軽い調子でドーナツEPを手渡すのです…。

 

久住、本当に、正体不明で、気味が悪い。

やっぱり、菅田将暉さん、演技派ですね。すごい、気持ち悪いw

 

志摩曰く、久住は「メフィストフェレス」のような男。

甘い言葉で人間の心を操る悪魔。

前回の警察車両の件以外にも、久住の魔の手に踊らされている人間がいるということです。

 

それにしても、伊吹(綾野剛)の「メケメケフェレット」が可愛すぎるww

 

そして、成川くんは、ドーナツEPを作っている工場が国内にあると聞いたことがあると言います。

九重が異動

成川と心を通わせている九重が、異動になってしまいます。

彼は、キャリア組なので、そのキャリアに傷がつくと刑事局長の父親が心配して、異動させたのでした。

九重が、これから上に行くことによって現場の刑事たちの助けになるのだと陣馬さん(橋本じゅん)は言います。

 

陣馬さんの言うことって、毎回、胸に響きますね。

桔梗隊長の悔しさ

ネット上では、桔梗隊長(麻生久美子)があまりにも美しいので、顔で出世したとか、幹部と関係を持って出世したとか、息子の豊がその幹部の父親だとか…言われています。

桔梗隊長の涙

古臭い男社会の中で必死で働いているのに…と、志摩の前で涙をこぼす桔梗隊長。

特に、警察は古い体質の男社会

 

そこで、桔梗隊長は自分自身が働いて、今の地位を手にしたのです。

こんな言われ方、悔しいだろうなと思います。

 

ネットの情報は、発信する側が「こうであればおもしろい」という風に広がっていくものなんですね。

 

そして、志摩と二人で飲んでいて、酔った桔梗隊長は、志摩のことを亡くなったご主人だと勘違いw

志摩と伊吹のことを「この二人に、いつも助けられてるんだよ」と写真を見せます。

 

死んだ奴には勝てない…と、志摩は言います。

 

やっぱり、志摩は桔梗隊長のことが好きなんですね。

伊吹が言うところの、「キャッキャウフフ」はしてないようですがw

ナウチューバーRECの情報源「浜田」

成川くんが逮捕されたため、REC(渡邊圭祐)には、直接「浜田」から連絡が来ます。

RECが浜田から得た情報は、嘘ばかりです…。

ニセ情報

麦ちゃん(黒川智花)を女詐欺師だとし、身内に警察関係者がいて犯罪を隠蔽していると。

その羽野麦を追っていた氏名不詳の男(エトリ)が、今回の件で亡くなったというのです。

そして、今回使われたC4爆〇は、警察が反社会的勢力から押収したもので、警察の自作自演だと。

さらに、四機捜は、警察の悪事を隠蔽するための組織であると、RECはナウチューブに流してしまいます。

 

RECは、久住にニセの情報をつかまされ、ナウチューブに嘘を拡散させているのです。

久住を呼び出すREC

RECは、志摩と伊吹を家に呼び、警察と浜田(久住)のどちらが本当のことを言っているかわからないと言い、久住と連絡を取り、呼び出すというのです。

久住は、RECを使って、自分の都合のいいようにニセ情報をネット上にばらまいていましたが、RECは、本当の情報を視聴者に提供したいと思っているようです。

間違った情報を流したら、罪に問われるのはREC自身なのです。

 

志摩と伊吹がRECのところに来ていることをバレないように、RECは久住と通信していたはずなのですが、すべて久住に筒抜けでした。

志摩と伊吹が、MIU404だということも。

RECのPCが、久住に乗っ取られていたのです…。

 

しかし、スパイダー班の糸巻(金井雄太)が、久住の居場所を見つけてくれたのです。

それに怒った久住は、飛んでもないことを言いだして…。

警察庁と警視庁にテロ予告が!

久住は、爆〇テロを起こすと言います。

都内各地で同時多発爆〇テロを発生させるというのです。

それも、久住は、RECのPCからドローンを操作して、まるでRECが爆〇を落としているかのようです。

 

こんなことが出来る相手と闘うのは、かなり厳しい…。

久住のフェイクだった

警察に入電しているテロの被害も、映像も、すべてフェイクでした。

本当に全く、久住、正体不明すぎて…。

しかし、警察も、スパイダー班の糸巻が、これはフェイクだと気づきます。

ネットに上がっているTVのニュースのテロップも、警察に入電している被害報告も、全てフェイクだと。

 

「正義」のために動く志摩と伊吹。

こんな二人を振り回すなんて、本当に許せない…。

最後に

「MIU404」第10話『Not Found』の感想でした。

今回は、まさに悪魔のような久住とMIU404の死闘。

そして、ネット社会の怖ろしさをこれでもかと思い知らされたターンでした。

伊吹が、志摩に、「死んだ奴には勝てないは違う。生きていれば何回でも勝つチャンスはある」という言葉。

胸に刺さりました。

 

次回は、いよいよ最終回です。

そして、今回のラストシーンで、陣馬さんがトラックに…。

九重に「お前は俺たちに出来ないことをできるんだ」と言ってくれた陣馬さんが、どうか無事でありますように。

 

以下の記事で、第9話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「MIU404」第9話 或る一人の死 感想│エトリを逮捕したが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA