「未満警察 ミッドナイトランナー」第9話 感想|橘が真犯人を知っている!

「未満警察 ミッドナイトランナー」第9話の感想です。

スコップ男の顔が写っている動画を、橘冬美が持っています。

そして、犯人は…。

「未満警察 ミッドナイトランナー」第9話 あらすじ

9年前の連続猟奇殺人〝スコップ男事件〟の真犯人を突き止めるため、改めて事件の模擬捜査をしようと決意した本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。

そんな折、本間と一ノ瀬の寮の部屋の窓に「スコップ男の事件から手を引け」という不審なスプレー文字のメッセージが書かれる。この文字を書いた人物が連続殺人犯の〝スコップ男〟なら、なぜ警察学校の敷地内に入ることができたのか。疑問に思う警察学校の同期たちに「スコップ男は警察の人間だから」と説明する一ノ瀬。

さらに「当時の管理官は、それを知っていながら別の人を逮捕して真実を隠蔽した」と続ける本間。信じられない事実を突きつけられ、同期たちが衝撃を受けていると、そこに警察学校を辞めた野原さやか(竹内愛紗)がやって来る。さやかは、同期の橘冬美(大幡しえり)がスコップ男の正体を知っていて証拠も持っていると話す。

一方、教官・片野坂譲(伊勢谷友介)の前には、国枝警視正(木下ほうか)が行方不明になってから音信不通となっていた柳田(原田泰造)が現れる。片野坂から「どこで何してた?」と聞かれた柳田は「いろいろあってな」とはぐらかし…。

同じ頃、冬美がスコップ男に会いに行こうとしていると知った本間と一ノ瀬は、警察学校を抜け出し冬美の元に駆けつけていた。するとそこに、以前一ノ瀬を襲撃した砂岡(山根和馬)ら謎の男たちが再び姿を現す。3人は追われる身となり必死で逃げるが、廃ビル内で追い詰められ、本間がおとりになることに。

その隙にビルから脱出しようとする一ノ瀬と冬美。ところが何者かに「待てよ!」と呼び止められる。2人の前に現れたのは、不穏な言動を繰り返す柳田だった——。

[引用元]日本TV「未満警察 ミッドナイトランナー」公式サイトSTORY

橘冬美が真犯人を知っている

カイくんとジロちゃんは、スコップ男の事件を同期と模擬捜査しています。

前日、警察学校にスコップ男が現れたことを同期に話し、スコップ男は警察官だと言います。

その事実に驚く同期たち。

そして、警察は、この事件の犯人を天満暁生だとでっち上げ、罪もない人間を死刑囚へと追い込んだのです。

 

カイくんとジロちゃんは、天満姉弟のためにも、無実の人間を救いたいと言うのですが、それはすなわち組織に歯向かうということにほかならないのです。

 

そこに、警察学校を退学した野原さやかが教室に駆け込んできます。

昨日、橘から電話があって、「スコップ男の正体を知っている。その人に会って確かめたい」と。

カイくんとジロちゃんが橘の元へ

カイくんとジロちゃんが、スコップ男を知っていると言う橘冬美の元へ向かいました。

証拠も持っていると言います。

すると、カイくんたちは、天満暁生の無実の証拠を受け取ったときに追って来た刑事たちに追い詰められて…。

彼らは、スコップ男が警察の人間だと知っているようです。

そして、この刑事たちは、柳田の指示で動いています。

 

廃屋に追い詰められたカイくんたちは、橘に犯人が誰なのかを尋ねますが、橘は言うのをためらっています。

とにかく、その動画を守るために、今は、カイくんがおとりになって、ジロちゃんと橘は外に出ることに。

 

それにしても、平野紫耀くんの身体能力、すごいです。

 

すると、柳田警部補が待ち構えていて、橘に詰め寄ってきます。

橘は、最初の犯行のときの犯人の顔が映っている動画を持っていると言います。

柳田警部補は、動画をこっちに渡せ、そしてスコップ男の事件から手を引けと。

片野坂教官

カイくんは、あの二人の姉弟のために、スコップ男を自分たちの手で捕まえたいと片野坂教官に言います。

すると、片野坂教官は「それなら約束しろ。どんなことがあっても、お前たちが真相を明らかにしろ」と。

立てこもり事件のとき、天満姉弟の前で、「この事件はお前たちのような警官が解決するべきだ」と片野坂教官は言っていました。

ジロちゃんが橘の携帯を見て

ジロちゃんは、橘の携帯の動画を見ました。

片野坂教官に電話をしてきましたが、ジロちゃんは「犯人は映っていない」と言います。

スピーカーフォンにしていたので、その場にいた柳田警部補にも通話が聞こえていました。

柳田警部補は、カイくんと片野坂教官を殴って、ジロちゃんのところへ向かいます。

そして、ジロちゃんに「携帯をよこせ」と言います。

 

そこに、片野坂教官も現れて、二人が同時に携帯を渡せと言い、ジロちゃんは困り果ててしまいます。

 

やはり…真犯人は…。

スコップ男の正体は?

携帯の画像を見たジロちゃんは、とても困惑した様子です。

そして、柳田警部補は、片野坂教官にいっしょに来いと言います。

さらに、片野坂教官は、二人には「帰ってろ」と…。

ジロちゃんが嘘をついた

ジロちゃんが、初めてカイくんに嘘をつきました。

柳田警部補に渡した携帯は、野原の携帯で、橘のガラケーではありませんでした。

カイくんは、ジロちゃんに携帯を見せろと迫ります。

 

ジロちゃん、何か苦しんでいるようです…。

ジロちゃんは「カイくんを守りたい」と言います。

一人で何とかすると。

しかし、カイくんは、「俺たち二人で真相を明らかにすると天満姉弟に約束したじゃないか」と…。

 

そして、ジロちゃんは、カイくんに証拠の動画を見せました。

柳田警部補が撃たれた

片野坂教官に、柳田警部補が撃たれました。

そして、スコップ男は、片野坂教官でした。

 

こんなことって…。

 

おそらく、柳田警部補ではないとは思っていましたが、片野坂教官だったなんて…。

 

ジロちゃんが言うのをためらう気持ち、わかります。

国枝警視正の命令は「揉み消せ」

柳田警部補は、片野坂教官を初めから疑っていたようです。

同期で本当の友達だと思っていたけれど、いつしかお互い嘘をつき合っていたのです。

そして、柳田警部補は、カイくんとジロちゃんに「お前たちはそうなるな」と言って、片野坂教官を追っていきます。

 

国枝警視正も、片野坂教官が犯人だと知っていたようです。

そして、柳田警部補に、犯人を挙げて、「揉み消せ」と…。

 

そのあと、国枝警視正は、片野坂教官に拉致されるのでした。

橘の携帯の動画の前半

橘の携帯の動画には、確かに片野坂教官が映っていましたが、この動画には前半部分があります。

そして、それを観たカイくんとジロちゃんは、また何かを発見したようです。

真犯人は、片野坂教官ではないのでしょうか。

柳田と二人を撃ったのも、ゴム弾でしたし…。

最後に

「未満警察 ミッドナイトランナー」第9話の感想でした。

前回は、柳田警部補が犯人かのような演出でしたが、今回は橘冬美が持っていた動画で、真犯人は片野坂教官…かと思ったら、まだ何かありそうですね。

どこまでも続くどんでん返し。

確か、初めの被害者は女子中学生でしたよね。

そして、国枝警視正の娘も、中学生?

この辺り、何か関係あるのかな…と思ったりしていますが、どうでしょうか。

さらに、橘はどうやってあの動画を手に入れたのかも謎。

 

次回はいよいよ最終回ですね。

寂しいですが、早く真相が知りたいです!

 

以下の記事で、第8話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「未満警察 ミッドナイトランナー」第8話 感想|引きこもり男の母への愛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA