「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話 感想|霧島源平の妻・芙有子の死

「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話の感想です。

今回は、源平の妻・芙有子が、心筋梗塞で亡くなってしまいます。

最後に、芙有子が遺した源平への手紙とは…。

「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話 あらすじ

晃(細田善彦)が取締役の半数以上を味方につけ、源平(遠藤憲一)追放に向けたカウントダウンが始まる。一方、夫と息子の関係悪化に胸を痛める芙有子(斎藤由貴)は、2人の仲を取りもとうと源平に歩み寄るが、結婚当初からある想いを抱えていた源平は、芙有子の話を聞こうともせず、怒りを爆発させる。ところがその矢先、芙有子が突然病に倒れ、源平は激しく動揺する。

竜二(高橋一生)と真剣に付き合うことを決めたまゆみ(松本まりか)は、美佐(松本穂香)との親交を深め、さらに、ひょんなことから竜一(玉木宏)と竜二、晃を含めた5人で食事をすることに。その席で、竜二が復讐のためにまゆみに近づこうとしているのではと疑う美佐を前に、竜一と竜二は「ある作戦」に出る。しかし、会話は思わぬ方向に進んでいき…。

そのころ源平は、芙有子の傍らで完全に精気を失っていた。竜一は今がチャンスとばかりに取締役会を決行するが、当日、思わぬ事態が起きる!

[引用元]フジTV「竜の道 二つの顔の復讐者」公式サイトあらすじ

霧島源平と妻・芙有子

霧島源平(遠藤憲一)の妻・芙有子(斉藤由貴)は、名家の出のようです。

しかし、没落しそうな名家で、芙有子は「うちの両親は私を差し出したのではありません。自分から嫁いできたのです。お金のためです!」と、源平に言います。

源平は「結婚したときから、わしのことを軽蔑してただろう!好きなだけ軽蔑すればいい」と。

それでも、芙有子は、縁があって夫婦になったんですから…と涙を浮かべて言うのですが…。

病に倒れた芙有子

芙有子が、急性心筋梗塞で倒れました。

源平の慌てようは、尋常ではありませんでした。

源平は、芙有子を愛しているのです。

そして、源平は、意識の戻らない芙有子につきっきりで、仕事も投げ出してしまっています。

取締役会で

和田猛(=竜一・玉木宏)は、源平が慌てふためいている今が、源平を追い落とすチャンスだと、晃(細田善彦)にアドバイスします。

二日後に臨時取締役会を開いて、源平を社長の座から退けるのです。

解任届を取締役たちに出させるように、和田が話していると、竜二(高橋一生)がその場にやってきて、社長がいない間に不穏な動きはやめてくださいと言って…。

 

これは、取締役の中に裏切り者がいて、竜二に密告してくるものがいないか確かめていたようです。

すると、二見が竜二に密告してきました。

しかし、それを竜二は竜一に隠していました。

 

竜一が、なぜ隠していたんだと聞くと、竜二は、竜一が二見を殺害するのではないかと思っていたようです。

 

二人の信頼関係が危うくなってきている気がするのですが…。

 

二人の間に亀裂が入ったのは、やはり、美佐のことなのでしょう。

美佐が好きなのは、竜一だと竜二は感じたのかもしれません。

芙有子が意識を取り戻して

芙有子が意識を取り戻すと同時に、源平は社に戻ります。

そして、晃は芙有子に手紙を託され、その手紙を見た途端、取締役会で社長解任を言い出せなくなります。

 

ところが、芙有子は、一度は意識を取り戻しましたが、すぐにそのまま息を引き取ってしまいます。

そして、芙有子が晃に託した手紙は、源平への手紙でした。

「お金で買われた妻でしたが、愛し、愛されたかった」と。

 

芙有子さん、ずっと辛かったんでしょうね…。

五人で食事

今回は、和田(竜一)、竜二、美佐(松本穂香)、まゆみ(松本まりか)、晃の五人で食事をするシーンがありました。

 

まゆみが、美佐の勤める小学校に突然やって来ます。

そして、美佐はまゆみと一緒に芙有子の病院に行き、そのあと霧島家を訪れます。

そこに、晃が和田(竜一)を連れてやって来ます。

 

そこで、竜二は、自分と兄の竜一の過去の話をします。

竜二には、竜一という兄がいて、既に亡くなっていること、自分たち二人と美佐の両親の会社を、キリシマ急便に乗っ取られたこと。

そして、和田(竜一)は、「矢端さんは、お父さんに復讐しようとしているんですよ」と言い、驚くまゆみを見て、二人は笑い合うのでした。

 

ちょっとびっくりしましたけどw

 

しかし、曽根村会長(西郷輝彦)が言うように、復讐心というのはそれほど長く続くものなのでしょうか。

竜二は、少しまゆみに対して情がわいてきていると共に、美佐が好きなのは竜一だと感じ、竜一に対して嫉妬心を抱き始めているのかもしれません。

和田と美佐

食事をし終わって、美佐は、和田と二人で霧島家を後にします。

そして、「兄(竜二)が、何か自分に隠していると感じてる」と和田に言います。

しかし、和田は妹だからと言って、竜二の全てを知る権利はないと言います。

 

そういう言い方も、美佐にとっては、兄の竜一を思い出させるものでした。

最後に

「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話の感想でした。

今回は、霧島源平を社長の座から退けるはずが、うまくいきませんでした。

やはり、晃は、母の気持ちを思うと、父を退陣させることができなかったようです。

しかし、カジノ賭博で逮捕された二見が、キリシマ急便をクビになったことを根に持って、キリシマ急便のドライバーがまた過労死したことを国交省に告発してきました。

しかし、竜二は、源平に「私が揉み消しておきました」と言って…。

 

だんだん、竜二の気持ちがわからなくなってきました…。

次回は、また波乱がありそうです。

二人は、霧島源平に本当に復讐することが出来るのでしょうか。

 

以下の記事で、第5話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「竜の道 二つの顔の復讐者」第5話 感想|キリシマ急便のクーデター計画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA