「MIU404」最終回 ゼロ 感想│それぞれの相棒・人は必ずやり直せる

「MIU404」最終回の感想です。

サブタイトルは「ゼロ」。

いつからでも、どんな状況からでもやり直せる。

「MIU404」最終回 あらすじ

同時多発爆破テロのニュース映像はフェイクとわかり、大混乱は間もなく収束した。伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)は、犯人が乗っているとネット上で拡散されたメロンパンの機捜車両404での密行は行えずにいた。別の車両で密行していると、その車中、伊吹は志摩の態度がおかしいことを追及。結果的に2人の関係がギクシャクしてしまう。

実は、トラックにひき逃げされた陣馬(橋本じゅん)は、爆破テロの大混乱で救急搬送が遅れてしまった…。志摩はフェイクに気づけずに判断を誤った自分を責めていた。九重(岡田健史)も陣馬の相棒として一緒に行動できなかったことを悔やみ、桔梗(麻生久美子)は班長としての責任を痛感。それぞれが無力感にさいなまれていた。そして伊吹は…。

さらに、依然として久住(菅田将暉)の行方は掴めないまま…。4機捜はこのまま久住を捕まえられず、バラバラになってしまうのか…。

[引用元]TBSテレビ「MIU404」公式サイトあらすじ

それぞれの相棒

陣馬さん(橋本じゅん)が、トラックにはねられ、意識不明の重体。

お見舞いのうどんが、たくさん届き、陣馬さんがどれだけ署内で慕われていたかがわかります。

四機捜を離れた九重(岡田健史)ですが、ずっと陣馬さんに付き添っています。

志摩と伊吹

一方、志摩(星野源)と伊吹(綾野剛)は、少し溝が出来ているようです…。

伊吹は、志摩の様子が、どうもおかしいことを、気にかけています。

糸巻さん(金井勇太)に頼んで、盗聴器を志摩に仕掛けたり。

話も最後まで聞かないから、誤解がさらに誤解を呼んでしまいます。

 

このまま、志摩と伊吹の心が離れたままなのか…と心配てしまいました。

九重くんのこと

ドラマが始まったばかりのときの九重は、陣馬さんにも反抗的で、飲み会もお断りのイマドキの青年でした。

それが、いつの間にか、陣馬さんとしっかりバディになっていました。

やけ酒の相手も陣馬さん。

そして、目を覚ました陣馬さんを見て、涙を流す、熱い男になっていました。

 

誰と出会い、関わるかで、人は変わることが出来るのです。

きっと、彼はこれから警察庁の上層部に上り詰め、現場が仕事をしやすくしてくれると思います。

久住の住む世界

久住(菅田将暉)は、本名ではないようですし、関西弁ですが関西出身とは限らないようです。

相手によっては、標準語をしゃべっていました。

人をモノとして見ていた久住

久住は、知り合いは多かったけれど、本当の友達はいなかったのかもしれません。

人をモノとして見ていた久住は、結局、その考え方が、最後自分自身に帰って来ます。

屋形船の上で、志摩と伊吹に追い詰められ、橋に頭をぶつけたときも、屋形船にいた「知り合い」は、ドーナツEPのせいで頭がぶっ飛んでいる状態。

彼らは、額から血を流す久住を見ても「どうしたの?真っ赤じゃん!」と笑っています。

 

呆然とする久住ですが、それは仕方がないことかも。

久住はたくさんいる

久住のような青年は、この世界にたくさんいるのではないかと思いました。

自分以外は信じないし、勝手に決めつけられたくないし、正体不明。

だけど、本心では、本当に信じあえるバディが欲しいのかもしれません。

九重と陣馬、志摩と伊吹のような。

 

久住が人とつながっているのは、必ず、間にお金が介在しています。

そんな関係は、すぐに崩れてしまうのが常。

 

それは、ネットでのつながりも同じことが言えます。

久住は、ネットを駆使してお金を集め、お金で人との関係を手に入れていました。

 

久住という存在は、あまりにも希薄で、悲しく空しい。

 

久住が警察に捕まったあとの横顔は、とても寂しく哀しいものでした。

 

ずっと人を食ったような久住でしたが、最後は彼の本当の顔が見れたような気がしました。

菅田将暉という俳優の力量を、最大限に引き出したドラマだったと思います。

二つの世界線

2019年10月の段階では、オリンピックが中止になるとは誰も思っていませんでした。

そして、コロナ禍で人々が苦しむことも。

そのときの世界線では、志摩は死んで、伊吹は久住を撃ち殺します。

 

最悪の結末。

 

これは、ドーナツEPや薬で見せられたもう一つの世界でした。

 

しかし、オリンピックが中止になり、コロナウィルスの感染拡大があった世界線では、志摩は死なないし、伊吹は久住を殺さないのです。

新国立競技場の屋根の形は、奇しくも「0」。

 

人は、リセットして0にして、いつからでも、どの段階からでもやり直すことが出来るのです。

最後に

「MIU404」最終回の感想でした。

本当に、心に残る、刺さる、胸が震えるセリフがたくさんあったドラマでした。

男女同権と言われて久しいですが、まだまだ男性が中心の日本社会。

その中を生き抜く強い女性たちが描かれているのも、女性視聴者としては、とてもうれしかったです。

麦ちゃん(黒川智花)が、元気になってくれ良かった。

 

今、このコロナ禍を耐えてきた世界のどこかに、志摩と伊吹は元気に生き続けています。

オリンピックが中止になっても、コロナウィルスに脅かされても、私たちはまたやり直せると思えるのです。

 

やっぱり野木亜希子氏の脚本は素敵です。

素晴らしいドラマをありがとうございました!

映画「罪の声」も楽しみです!

 

以下の記事で、第10話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「MIU404」第10話 Not Found 感想│生きていれば何度でも勝てる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA