「未満警察 ミッドナイトランナー」最終回 感想|家族の罪も背負って

「未満警察 ミッドナイトランナー」最終回の感想です。

スコップ男事件の真犯人には、驚愕の事実が隠されていました。

そして、真相が解明され、天満暁生の再審請求が始まります!

「未満警察 ミッドナイトランナー」最終回 あらすじ

橘冬美(大幡しえり)が持っていた古い携帯電話の映像ファイルには、〝スコップ男事件〟の最初の被害者である中富姫花を土に埋めている片野坂譲(伊勢谷友介)の姿だけではなく、他にも衝撃の場面が写っていた。

その映像を見た本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)はショックを受け愕然とするが、助教の及川蘭子(吉瀬美智子)が手伝うことを条件に模擬捜査を行う許可をもらい、事件の裏に隠された真実を突き止めるため警察学校の同期たちと共に捜査を開始する。

さっそく姫花が埋められていた現場に足を運んだ2人は、遺体発見現場に花をたむけにきた女性・神尾舞(真魚)と偶然出くわす。そして姫花の同級生だという舞から姫花にまつわる重大な事実を聞き出す。

一方、拉致監禁された国枝警視正(木下ほうか)は片野坂から〝罪の告白〟をするよう脅されていた。

そんな中、刑事の柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)は片野坂の元妻・晴美(西山繭子)に会いに行き…。
その後、懸命に捜査を続け、蘭子や同期の仲間たちが調べた情報と証拠を元に3件の殺人事件をプロファイリングした本間と一ノ瀬たちは、片野坂を警察学校の教室に呼び出し〝スコップ男事件〟の模擬捜査の発表を行う。

思わぬきっかけから9年前の事件に巻込まれ、真犯人を追うことになった彼らは、果たして真実にたどり着けるのか!?

[引用元]日本テレビ「未満警察  ミッドナイトランナー」公式サイトSTORY

スコップ男の犯人は「片野坂の家族」

橘冬美(大幡しえり)が持っていたスコップ男の犯人の動画には、片野坂教官(伊勢谷友介)の姿が映っていましたが、この動画には前半部分がありました。

その前半には、片野坂の娘が、スコップ男事件の第一の被害者・中富姫花を殺害している映像が映っていました。

片野坂の二人の娘

片野坂教官には、二人の娘がいました。

長女・片野坂夏美は、中富姫花からいじめを受けており、それを苦にして自殺していました。

しかし、中富姫花の祖父・衆議院議員の中富幸三は、孫娘のいじめのせいで自殺した夏美の件を、揉み消し…。

次女は、姉の敵を討つために、中富姫花をスコップで殴り、殺害しました。

その様子が、全て携帯に残されていて…。

そして、姫花の遺体を埋めて、猟奇殺人鬼の犯行に見せかけたのが片野坂教官でした。

 

確か、一人目の被害者の頭の傷は他の二人に比べて、弱いものでした。

少女の犯行だとすると、符合します。

片野坂の妻

次女の犯行を、天満暁生の妻・千尋がたまたま目撃していました。

片野坂の当時の自宅は、天満暁生のパン屋の近くであったため、この二組の家族は顔見知りだったのです。

そして、第二の被害者である天満千尋が、片野坂家に出向き、片野坂の妻・晴美(西山繭子)と話しているうちに揉みあいになり、晴美は誤って千尋を殺害してしまいます。

 

長女がいじめを苦に自殺し、次女が姉をいじめた相手を殺害、それを目撃された母が目撃者を誤って殺めてしまう…。

そして、その遺体を夫である片野坂が、連続猟奇殺人鬼の犯行に見せかける…。

なんて悲しいことでしょうか。

片野坂の犯行

片野坂は、スコップ男の事件の捜査員でした。

そして、実はその二つの殺人に片野坂が関わっていることに、第三の被害者・近藤修平警部補は、気づいていました。

近藤は、以前から、犯人から金銭を要求し、犯行を揉み消しているのではないかという黒い噂のある刑事でした。

片野坂も、近藤に1,000万円を要求されたのです。

 

片野坂は、口封じのために近藤を殺害し、今までの二つの事件と同様に、スコップ男の連続猟奇殺人に見せかける偽装工作を行いました。

カイくんたちの模擬捜査で発覚

以上の件は、カイくんとジロちゃんたち同期が模擬捜査を行い、突き止めた真実でした。

しかし、その裏には警察の闇が隠されていました。

国枝警視正の隠蔽工作

このスコップ男の捜査が進んでいく中で、片野坂教官は、三件とも自分の犯行だと国枝警視正(木下ほうか)に告白します。

天満暁生に罪をきせる

その話を聞いた国枝は、警察の失態を世間から隠蔽するために、第二の被害者の夫・天満暁生を犯人に仕立て上げたのです。

殺人事件の犯人の多くは、被害者の身内であることが多いとされています。

そのため、天満暁生を犯人に選んだのです。

 

これが、片野坂教官が国枝警視正を誘拐した理由です。

国枝警視正に罪を告白させる

片野坂は、国枝警視正に、真犯人がわかっていながら、天満暁生に罪を着せたことを告白させる動画を撮ります。

そして、そのあと、生徒たちの模擬捜査の結果を聞きに行きます。

国枝警視正が告白したことで、天満暁生は再審が開始されることになります。

 

これで、カイくんとジロちゃんは、天満姉弟(長谷川京子・柿澤勇人)との約束を果たすことが出来ました。

片野坂の次女は橘冬美

第一の殺人・中富姫花の殺害を行った片野坂の次女は、橘冬美(大幡しえり)でした。

片野坂の離婚した妻の旧姓を名乗っていたのです。

冬美が警察学校に入校する際に、二人が親子であることは隠し通そうと決めていました。

 

携帯の動画を、なぜ冬美が持っていたのか…という疑問がここで解明されます。

確かに、ドラマの初めの方で、冬美は、「自分の父親も警察官だ」と誇らしそうに言っていたのを思い出しました。

警察の闇を暴いた二人

警察学校の上層部は、警察の闇を暴いたカイくんとジロちゃんの進退をどうするのでしょうか。

及川助教(吉瀬美智子)は、二人が警察官になりたいと切望しているなら、サポートしたいと言ってくれます。

 

そして、カイくんとジロちゃんは、今日も厳しい訓練に耐え、片野坂が望んだ正しい真っすぐな警察官を目指すのです!

最後に

「未満警察 ミッドナイトランナー」最終話の感想でした。

最後、全ての罪を背負って、片野坂教官は、シアン化カリウムで自ら命を絶とうとしますが、何とか命を救うことができました。

冬美も自分の罪を告白し、元妻の晴美も逮捕されました。

 

片野坂教官が最も望んでいたことは、天満暁生の再審開始です。

その望みは叶えられそうです。

 

思っていた以上に、結末は悲しいものでしたが、カイくんとジロちゃんの力で真実が解明されました。

二人はきっと、正義を貫く正直で真っすぐな警察官になってくれそうですね。

毎週、可愛いカイくんとジロちゃんが観れなくなるのは寂しいですが、本当にいいドラマでした!

 

以下の記事で、第9話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「未満警察 ミッドナイトランナー」第9話 感想|橘が真犯人を知っている!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA