「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話 感想|破滅への道

「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話の感想です。

今回は、源平を殺人者に仕立て上げようとする竜一と竜二。

そんな二人に心を痛める美佐は…。

「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話 あらすじ

芙有子(斎藤由貴)を失った源平(遠藤憲一)は、悲しみを打ち消すかのように、さらに危険な経営へと暴走し、以前にも増して仕事に没頭する。何とかして大手通販会社との契約を勝ち取ろうと躍起になる。源平の焦りに乗じて、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、曽根村(西郷輝彦)の手を借り、復讐の最後を飾るにふさわしい計画を実行することに。それは、キリシマ急便に恨みを持つ人物を利用し、源平を“殺人者”に仕立て上げて社会から抹殺しようという作戦だった――!

この計画ですべてが終わるかに思われたが、ある人物の裏切りにより、思わぬ方向へ。反対に、竜一が窮地に追い込まれてしまう。

一方、記者の沖(落合モトキ)が竜一を嗅ぎまわったことが発端となり、美佐(松本穂香)は、故郷にいる親族から竜一が生きているかもしれないと聞かされ、言葉を失う。にわかには信じられない話だったが、東京で“和田猛”と出会ってからのことを思い返した美佐は……。

[引用元]フジTV「竜の道 二つの顔の復讐者」公式サイトSTORY

破滅への道

芙有子(斉藤由貴)の死にショックを受けている源平(遠藤憲一)の焦りに乗じて、竜一(玉木宏)と竜二(高橋一生)は、復讐への最後の作戦は成功に近づいていました。

曽根村(西郷輝彦)の力を借りて、源平を「殺人者」に仕立て上げるのです。

二見を使って

和田(=竜一)は、元キリシマ急便の役員で源平を恨んでいる二見を利用しようとしています。

源平は、とにかく通販大手のエニウェイズとの契約を結ぶことに必死です。

しかし、キリシマ急便は、今、競合他社の運送会社に、一歩遅れを取っている状態なのです。

そこで、和田は、二見をそそのかし、キリシマ急便とエニウェイズの契約を邪魔させようとしています。

匿名で内部告発させたり、ネットにキリシマ急便の悪評を拡散させたりすることで、源平が曽根村に、二見の命を奪ってくれるよう依頼させようというのです。

 

そして、その場面を隠しカメラで撮影し、「殺人教唆」の罪をきせようという作戦です。

源平はかなりの大金を曽根村に渡して、二見の殺害を依頼したようです。

曽根村は、「源平、竜一、どちらの味方でもない」と言い、源平からは大金を受け取っているので、本当に二見の命を奪うと言うのです。

それを聞いた和田は、慌てて二見を助けに行きます。

和田は、もう二度と殺人を犯さないと誓っているので、曽根村の仕事の邪魔をする結果になってしまいます。

 

曽根村会長、本物の道を極めた方という感じですね…。

とにかく、筋は通すということでしょうか。

和田が窮地に立たされて

曽根村から拳銃を渡された和田は、自分の手で二見を殺害しなければならなくなってしまいます。

すでに曽根村の手には、源平が殺人を依頼している動画のUSBがあります。

それを手に入れなければ、復讐の計画は頓挫してしまうのです。

 

和田もさまざまな茨の道を歩んできていますが、拳銃で人を撃ったことなどありません。

本当は、復讐に燃えていなければ、普通の男性として一生を送るはずだったのです。

 

曽根村の本意は、どこにあるのでしょうか。

和田が試されているような気がして仕方がないのですが…。

まゆみと竜二

一方、まゆみ(松本まりか)は、母が孤独な最期を遂げたことに心を痛めていました。

そして、自分もどうせ母のような一生を送るのだとずっと覚悟していたのに、竜二が現れたために、愛を知ってしまったのです。

竜二も、そんなまゆみを裏切るつもりはなくなって来ているようです。

自分がまゆみと結婚して、キリシマ急便を継ぎ、家族も会社も奪ってやると竜一に言います。

 

竜二も、あれだけまゆみの心の拠り所となってしまったら、捨てるわけにはいかないのではないでしょうか。

竜一は生きている

フリージャーナリストの沖(落合モトキ)は、竜一たちの北九州の実家を訪ね、竜一のことを嗅ぎまわっているようです。

そして、沖は、親戚のおばさんに竜一が生きているかもしれないと告げます。

それをおばさんから聞いた美佐(松本穂香)は、激しく動揺します。

和田に会いに行く美佐

ずっと、和田と竜一がどこか似ていると感じていた美佐は、和田が竜一なのではないかと気づき始めています。

そして、和田を訪ねてきた美佐は、泣きながら自分と二人の兄の生い立ちを語り、自分がどれだけ兄たちを大切に思っているかを話すのです。

 

竜一は、曽根村から渡された拳銃をカバンに潜ませたまま、美佐の話を複雑な気持ちで聞いています。

 

竜一と竜二の復讐計画は、どうなってしまうのでしょうか。

おそらく、美佐自身も、復讐したい気持ちはあっても、兄たちが破滅への道を突き進んでいることを心から心配しているのです。

最後に

「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話の感想でした。

次回は2時間スペシャルで、最終回になります。

竜一と竜二の復讐は、成功するのでしょうか。

それとも復讐はかなわないのでしょうか。

 

それから、曽根村会長には、昔、捨てた息子がいるという設定になっているようなのですが、それは…。

竜一に肩入れしている曽根村会長を見ていると、竜一と竜二の父親なのかも…という意見も出ているようです。

次回、最終回が楽しみです!

 

以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「竜の道 二つの顔の復讐者」第6話 感想|霧島源平の妻・芙有子の死

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA