ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」最終回 感想|復讐は何も生まない

光

ドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」最終話の感想です。

最終回、怒涛の展開でしたが、竜一を気遣う人々の愛が溢れていました。

そして、復讐の果てには…。

「竜の道 二つの顔の復讐者」最終回 あらすじ

源平(遠藤憲一)の殺人教唆の証拠を手に入れられず、打つ手がなくなった竜一(玉木宏)は、さらに沖(落合モトキ)から“矢端竜一”が生きている証拠を突きつけられ、窮地に陥る。

そのうえ、沖が美佐(松本穂香)にまで近づいたことを知り、竜一はますます焦りを募らせる。一方、エニイウェイズとの契約内定を取り付け、ついに悲願である運送業界トップの座が視野に入ってきた源平は、一層言動に狂気を帯びていく。

これ以上竜一に危険なことをさせたくない竜二(高橋一生)は、「俺に計画がある」と次の手を持ちかけようとするが、竜一は話を聞くより先に、ある決意を胸に美佐の元へ。翌日、異変を感じて竜二が駆けつけると、竜一は衝撃の事実を打ち明け、「もうお前はいらねぇ」と、竜二に銃口を向けて……!?

[引用元]フジTV「竜の道 二つの顔の復讐者」公式サイトあらすじ

沖に和田猛の正体を掴まれて

和田猛(=竜一・玉木宏)の周辺を嗅ぎまわっていたフリーライターの沖(落合モトキ)に、とうとう和田が竜一であることを掴まれてしまいました。

沖が和田に揺さぶりをかけて

沖は、竜一の日日タイムス時代の同僚・田沼に和田の写真を見せ、これは斎藤一成だと言われて以来、斎藤一成について調べていたようです。

そして、竜一が斎藤一成から戸籍を奪い、日日タイムスの社長・大野木から10億円を奪ったことも知られていました。

そして、大野木の息子から恨まれていると言うことも…。

沖は、情報を小出しにして、和田に揺さぶりをかけてきました。

沖の目的はお金だった

沖の目的は、やはりお金でした。

沖の家を調べた和田は、いくつかのスクープ記事が世に出ていないことに気づきます。

おそらく沖は、お金と引き換えに記事を握りつぶしてきたのです。

和田はそれを沖に話すと、沖は「自分には守るべきものがない。しかし、あなたにはある。そこが俺とあなたとの違いだ」と言って、沖は決定的な証拠を出してくるのです。

 

沖は、竜一たち兄妹が引き取られていた北九州の親戚の家から竜一が使っていたえんぴつを持ち帰ってきます。

そして、指紋を調べ、和田と竜一の指紋が一致したことを和田に告げます。

和田は、自分が竜一だと認めざるを得ません。

 

さらに、沖はキリシマ急便に復讐しようとしている証拠がなくても、今まで竜一がやって来たこと、竜二が国交省のエリート官僚であること、その影で二人の人間の命が奪われていること…。

それだけで、センセーショナルな記事になるのだと言います。

そして、竜二と美佐の人生が、この記事を出すことによってめちゃくちゃになると。

美佐とも接触する沖

沖は、竜一と竜二の妹・美佐(松本穂香)にも近づきます。

自分は、人の悪事を世間に知らせるのが仕事なのだと言い、美佐に「真実を知ったら、竜一が死んでくれていたらよかったのにと思うでしょうね」と言い…。

思わせぶりな言い方に胸騒ぎを覚えた美佐は、UDコーポレーションに向かいます。

そして、凛子に兄を止めてくれと言って涙を流します。

沖を殺害

そして、沖はとうとう美佐の名前を出して、竜一にヘラヘラと「美佐ちゃん、可愛いですねぇ。好きになっちゃいましたよぉ」

 

竜一は、もう黙っていられなくなります。

 

そして、竜一は最後に美佐に会い、「強うならないけん。これからもずっと」と美佐の頬をつまんで言うのです…。

子供の頃、よくしていたように。

そして、竜一は、初めから沖の命を奪うつもりで、沖に会いに行きます。

 

竜二からも、もう人の命を奪うのをやめろと言われていたのに…。

竜一は、沖の記事を美佐に見せたくない、そして、復讐がうまくいかないかもしれないと焦りを感じていたのかもしれません。

 

さらに、沖は自分の父親を見殺しにした斎藤一成(=和田・玉木宏)について、大野木の息子に聞かれたときも、「斎藤一成は、もう死んでるみたいなんだよ」と言い、少年の気持ちを弄ぶのです。

沖は、ジャーナリストとは名ばかりのただの腐りきった人間でした。

竜二のある計画

美佐は、竜一が生きていることに感づき始めています。

竜二(高橋一生)が、まゆみと結婚することも復讐の為なのではないかと感じたようです。

そして、美佐は竜二にまゆみを復讐に巻き込まないでほしいと言いますが、竜二は復讐のことを隠し続けます。

竜二には、「ある計画」があったのです。

国交大臣への賄賂

竜二は、まゆみ(松本まりか)と結婚したいと霧島源平(遠藤憲一)に許しを得ます。

国交大臣との会食の席にも、竜二は呼ばれて…。

国交大臣に竜二が賄賂を渡す

竜二は、源平から預かった賄賂を、国交大臣に「手土産」だと言って渡します。

国交省の役人のいる前で渡す「手土産」は、大臣も拒むことが出来ません。

源平は、エニウェイズとの正式契約を結ぶために、国交大臣を利用しようとしたのですが…。

キリシマ急便はエニウェイズの傘下に

しかし、竜二の目的は、そこではありませんでした。

国交大臣は、エニウェイズから党への多額の政治献金を受け取っていました。

 

竜二の真の目的は、「キリシマ急便をエニウェイズに吸収合併させること」

これが、竜二の「ある計画」でした。

 

何人も過労死を出しているキリシマ急便をエニウェイズの「運送部門」として傘下に収めれば、キリシマ急便の実態がなくなり、健全な運輸計画がなされるはずです。

そして、「エニウェイズからの政治献金は、さらに大きなものが期待できるのでは?」と竜二は大臣に進言するのです。

 

こうすれば、源平から家族も会社も奪うことに成功します。

 

頭がいい人の考えることは、本当にすごいなと思います。

法に抵触せず、源平から全てを奪うことが出来ます。

UDコーポレーションの社員たち

復讐に燃える竜一の周りには、竜一を心配する人がたくさんいます。

凛子

凛子は、ブラジルで辛い生活を送っていたのかもしれません。

そして、凛子は、和田に助けられ、「死にそうな目をしていた」和田がどうしても成し遂げたいことがあるなら、それを自分の生きる目的にしようと思ったのだと言います。

日本でお金を稼げるならそれでいいと思っていた凛子ですが、和田を見ているうちに、和田がやろうとしていることの先には幸せがあるのか疑問に思い始めます。

和田には、UDコーポレーションという居場所があって、美佐のように心から心配してくれる人がいるのだから、もう、いいのではないですか?と。

 

このシーン、目が潤みました。

ほとんど笑顔を見せず、仕事だけを黙々とこなす凛子が、本当は、とても人間的で優しい人だということがわかります。

「これ以上どこにいくつもりですか?」という凛子の言葉が、視聴者の気持ちを代弁してくれています。

 

そして、凛子は、ひそかに竜一のスマホに追跡アプリを忍ばせており、曽根村の舎弟たちが死なせず放っておいた竜一の居場所を見つけてくれるのです。

 

凛子、本当に優秀すぎる!

砂川

砂川は、沖が和田を強請っていることを知り、後をつけます。

そして、沖を説得しようとしたのですが、返り討ちにあってしまいます。

傷だらけで社に戻った砂川は和田に「役に立てなくてすみません。私は何もわかっていなかった」と言います。

 

ここにも、竜一のことを思ってくれている人がいます。

最後は、凛子と三人でブラジルへ行こうと、航空券を買ってきてくれたりもします。

 

そして、この緊迫感満点のドラマに、一服の笑いを届けてくれた砂川、グッジョブ

仲違いする双子の兄弟

竜一が沖の命を奪ったと知った竜二は、怒り、二人は初めて本気で殴り合いのけんかをします。

源平のUSBはもうあきらめろと竜二は言います。

そして、あきらめない竜一は「邪魔するならお前も殺す…」と、竜二の頭に拳銃を突き付けて…。

厄介な肉親

その足で、竜一は曽根村会長の元に行きます。

そして、源平が殺人教唆をしている場面を撮ったUSBを渡せと言います。

そのときに、沖が曽根村会長の息子だということを聞かされます。

曽根村の厄介な肉親とは、沖のことだったのです。

 

そして裏社会の大物である曽根村は、名乗りあっていなくとも、厄介な肉親だったとしても、沖は実の息子だと言い、竜一に「責任」をとってもらうと。

曽根村の下のものたちが、物騒なものを持ち出してきました…。

生きていた竜二

竜二に拳銃を突き付けた竜一でしたが、発砲した三発は、竜二には当たっていませんでした。

竜二は怪我をしてはいますが、やはり、竜一が竜二を殺めるわけがありません。

そして、竜二は「ある計画」を実行したのでした。

 

源平の息子・晃(細田善彦)は、この計画を実行すること、姉との結婚、これはどちらも復讐の為ですか?と竜二に聞きます。

そして、晃は復讐でもかまわないから、自分の子供の頃の誇りだったキリシマ急便を良い方向に変えたいと言いました。

 

キリシマ急便の名前は亡くなりますが、ある意味、晃の理想が実現されたということです。

竜一と源平が対峙

最後に、竜一と源平が対峙します。

 

源平がいろいろな会社を乗っ取り、そのために自ら命を絶った人が他にもたくさんいました。

しかし、源平は弱いものが負けるのは当たり前だと言って笑います。

 

さらに、沖は、源平のところにも記事を見せに行っており、それをお金に代えていました。

そのため、竜一が生きていることも、二人が源平に復讐しようとしていたことを、源平は知っていたのです。

結局、竜一は、この記事を表に出されたくなければ、大人しくしていろと源平に言われ、力なくイスに倒れこむのです。

 

源平は簡単に土下座をしますが、目的の為なら土下座くらいどうってことないようです。

このようにして、人脈とお金を手に入れてきたのでしょう。なりふり構わず。

 

そして、竜一は、やはり源平をそのまま帰すしかなかったのです。

復讐の行方

キリシマ急便は、エニウェイズの傘下に入ることになり、実質キリシマ急便は、なくなります。

 

そして、竜一と源平が対峙したときの動画が世界中に拡散されていました。

醜い考え方を滔々と語る源平の姿が、しっかりと映っています。

 

竜二の「大事なお客さんの荷物、キリシマ急便さんの分まで、エニウェイズがしっかり運びますけぇ」というセリフ、スカッとしました!

亡くなった竜一たちの両親が、源平に言われたのと同じ言葉です。

竜一の最期

竜一は、自首することになり、最後に兄妹三人でお鍋を食べようと美佐が提案します。

竜一の件が出る前に、竜二は国交省を辞めました。

竜二と美佐がスーパーで買い物をしているときに…

 

竜一は、ガード下で、突然、大野木の息子にナイフで刺されてしまうのです…。

 

やはり、復讐は、幸せを生むことはないのです。

 

竜一は、大野木の息子に逃げるように言い、ナイフの指紋をふき取ります。

しかし、大野木の息子も、これから罪を背負って生きていかなければならないのです。

最後に

「竜の道 二つの顔の復讐者」最終回の感想でした。

最終回は二時間スペシャルでしたが、本当にあっという間で見応えありました。

このドラマは、役者さんが本当に素晴らしかったです。

私としては、まゆみ役の松本まりかさんが、特に良かったです。

竜二に出会う前と、竜二に出会い、愛を知ってからの顔が全く別人でした。

舞台では何度か松本まりかさんの演技を拝見したことがあるのですが、このドラマでもやはり素晴らしかったです。

 

最後は、とても悲しい結末でしたが、これから竜二と美佐が幸せに暮らしてくれることを祈ります。

薄れゆく意識の中で、幸せに鍋を囲む三人の幻を見ながら迎える竜一の最期。

 

最近は、ハッピーエンドのドラマが多いですが、こういう終わり方も心に残るものですね。

 

以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

「竜の道 二つの顔の復讐者」第7話 感想|破滅への道

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA