「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話 感想│清貧女子と浪費男子

ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話の感想です。

先日亡くなった三浦春馬さんと若手演技派女優松岡茉優さん主演です。

三浦春馬の屈託のない笑顔が、心に残ります。

「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話 あらすじ

中堅おもちゃメーカーの経理部で働く主人公・九⻤玲子(松岡茉優)は、モノも恋にも一途な“清貧せいひん女子”。
そんな玲子に訪れた「お迎えの日」。1年越しの片思いの相手「1680円の豆皿」をようやく買いに行くことにしたのだ。手作りした豆皿専用のコースターを部屋に配置して、愛しの豆皿と結ばれようとした瞬間、目の前で女性連れの派手な装いの男が、購入してしまい…。

その男は、なんと玲子が勤める会社の御曹司・猿渡慶太(三浦春馬)だった。
そんな折、慶太の度を越した浪費ぶりに社長である父・猿渡富彦(草刈正雄)が激怒し、お金の勉強のために異動させ、慶太は経理部にやってきた。

最悪な再会の中、玲子は慶太の指導係に任命されてしまう。
悪びれもなく浪費する慶太は、玲子とは、まさに正反対のタイプの人間。慶太の浪費っぷりに目を見張る玲子。
穏やかだった玲子の日常が一変する。
さらに、あることがきっかけで慶太は玲子の家に住み込むことになり、玲子は慶太の意外な一面を知ることになる。
“根は悪い人じゃないかもしれない”
玲子は、経理部でも、プライベートでも正しいおカネの使い方を教えることになる。
まず、玲子が渡したのは、お小遣い帳。
次に、玲子が慶太を連れて行ったのは、公認会計士の早乙女健(三浦翔平)のお金に関する公開講座。そこで慶太は、早乙女を一心に見つめる玲子を目の当たりにする。

そんなある日、会社のグッズを不正にフリマアプリに出品しているユーザーを見つける。
同じころ、玲子は、営業部の後輩・板垣純(北村匠海)のある“ほころび”を見つけて、気になり、調べ始める。そして、慶太も手伝っていくうちに、衝撃的な事実が判明する…。

[引用元]TBSテレビ「おカネの切れ目が恋のはじまり」公式サイトあらすじ

【演出】平野俊一・木村ひさし

【脚本】大島里美

【主題歌】Mr.Children「turn over?」

登場人物

九鬼玲子/松岡茉優

猿渡慶太/三浦春馬

早乙女健/三浦翔平

板垣純/北村匠海

猿渡菜々子/キムラ緑子

鴨志田芽衣子/ファーストサマーウイカ

白兎吉明/池田成志

九鬼サチ/南果歩

猿渡富彦/草刈正雄

超・浪費男子と清貧女子

九鬼玲子(松岡茉優)は、無駄なお金は使わないけれど、本当に心から欲するものにだけお金を使う清貧女子

玲子は、中堅おもちゃメーカー『モンキーパス』の経理部に勤めるOLで、自分の小さな楽しみとして、大好きな和菓子も1つだけ購入する、お金をとても大切に使う女の子です。

一つだけ購入するお客様

私は、大学時代、洋菓子店でアルバイトをしていたのですが、マカロン一つ、シュークリーム一つ、レモンケーキ一つ、またショートケーキも一つだけ購入するお客様は多かったです。

しかし、お店側も、それはとてもうれしいことでした。

と、言うのも、一つだけ購入されるということはご自分用だということ。

それだけ、お店のお菓子を愛してくださっているということですから。

食べきれないのに、気を使って二つ三つと購入されるよりは、ずっとうれしい。

玲子のお菓子の購入の仕方は、全く悪いことではないと思います。

欲望のままに買い物

一方で、欲望のままに同じ洋服を色違いで…とか、似合うと思ったら即買いというのも、お店によってはうれしいことなのかもしれません。

売り上げはもちろん上がりますし、たくさん買ってくれるお客様は上顧客です。

慶太(三浦春馬)は、まさにそんな買い物の仕方をする人。

芸能人でも、ハンガーにつるされた洋服を、「ここからここまで全部」という買い物の仕方をする人がいると噂で聞きますよね。

 

うらやましいと思う反面、ちょっと罪悪感も感じてしまったり…。

しかし、慶太は、一点の曇りもない笑顔でバリバリ買い物をしていきます。

慶太は、中堅おもちゃメーカーの社長の息子で、お金持ちなのです。

経理部でおかねについて学べ!

先月のカードの支払額が、¥7,690,000だった慶太。

父・猿渡富彦(草刈正雄)の家族カードは、ブラックカード。

そして、父は慶太のカードを止めてしまいます。

営業部から経理部へ

慶太は、父の会社の営業部に籍を置いていましたが、あまりの浪費癖にお金の勉強をするため、経理部へ異動になります。

そこにいたのが、玲子です。

玲子から研修を受ける慶太

新人研修担当の玲子は、慶太の教育担当になります。

玲子は、慶太に経理部の仕事を教えるのですが、慶太は居眠りしてばかり…。

さらに慶太のプライベートの買い物についても、玲子とは正反対で、あきれることだらけです。

 

玲子が、1年以上ずっとほしかったさるの絵が描かれた「豆皿」は¥1,680。

そのために、玲子はずっと節約をしてきたようです。

玲子は、正社員として働いていますし、¥1,680ならすぐにでも買えそうですが、彼女の中のお金を使うことの「決まり事」のようなものがきっとあるんでしょうね。

 

しかし、その豆皿を、バーベキューに行くためにお皿を調達しようとした慶太に、目の前で買われてしまう玲子。

そのお店は、一点ものの和食器のお店のようですが、ここのお皿を何枚も購入して、使い捨てにしてしまう慶太。

 

バーベキューなら、100均で紙皿買えばいいのにw

そんな発想は、慶太にはないのでしょう。

 

会社での昼食も、食べたい気持ちそのままにお弁当を三つも買って、飲み物も、甘いの、冷たいの、温かいの全部飲みたいと言って三種類買ってきます。

そんな慶太に、玲子は「おこづかい帳」を渡します。

 

これに買ったものを一つづつ書いていくのです。

貧しさに苦しむ板垣

営業部のエース・板垣(北村匠海)は、残り200万円もある、大学の奨学金を毎月返しています。

さらに、板垣の実家の工場の経営が思わしくなく、幼い弟や妹もいます。

いつも、お金の工面のことばかりを考えている生活。

 

板垣は、出来るだけ残業をして残業代を稼ぎ、飲み会には参加せず、出張費も新幹線を使ったことにして夜行バスに乗ってその分を浮かせています。

大学の奨学金

大学の奨学金って、社会に出て働きだすと、重くのしかかって来るものみたいですね…。

新入社員で、いきなり借金を背負うということですから、本当に大変だと思います。

幸い私の周りには、奨学金をもらっていた人はいませんでしたが、最近その大変さをよく耳にします。

 

何とか、半額にしてもらえたり、返済不要の奨学金の枠が広くなることを祈ります。

玲子の心遣い

慶太の歓迎会のときのこと。

たまたま上司に飲みに誘われた板垣は、お店で慶太の歓迎会をしているところに遭遇します。

飲み放題付きで¥3,000の会費を払わなければいけないことに。

しかし、板垣はお酒が飲めず、出された料理もほとんど手をつけることが出来ませんでした。

それを見ていた玲子が、板垣に「おつり」を渡してくれるのです。

 

素晴らしい幹事さん!

私もお酒が飲めないので、ちょっとだけ気持ちがわからなくもないです。

さらに、飲み放題付で¥3,000というお店を探してくる玲子、すごいですw

 

そして、おもちゃ会社モンキーパスでは、社のノベルティであるぬいぐるみが、オークションサイトに出品されていることが問題になっています。

それをやっているのが板垣なのではないか?と疑われるような演出がありましたが、それは板垣ではありませんでした。

彼も、玲子とは趣旨がちょっと違いますが、清貧男子と言えます。

蕎麦屋にて

板垣は、地方への営業のおみやげにいつも東京駅でしか買えない「チョコひよこ」を購入していたのですが、半年くらい前から普通の「ひよこまんじゅう」になっていました。

そして、営業の手土産を清算する経理の玲子は、そのことがずっと気になっていました。

実は、板垣は、京都出張に夜行バスで行き、新幹線代の差額を横領していたのです…。

¥180のかけそば

東京に戻って来た板垣を、玲子は朝ご飯を食べにある蕎麦屋に連れて行きます。

そこで、玲子は、板垣の提出する領収書が大好きだと言います。

とても、細かく説明が書いてあり、客観的で曖昧さがなく、清くて美しくて癒されるからだと。

 

¥180のかけそばを、板垣と慶太、玲子の三人で食べます。

ここ、いいシーンでした。

そして、慶太は玲子から渡された「おこづかい帳」に『かけそば¥180』と記入します。

北村匠海さんのこと

北村匠海さん。今、大人気の若手実力派俳優です。

北村匠海さんは、とてもイケメンですが、どこか寂し気で「不幸の香り」がするような気がします。

俳優さんって、この「不幸の香り」がとても重要だと、私は思っています。

そういう俳優さんは多いですが、北村匠海さんもその一人。

 

とてもすてきだと思います。

最後に

「おカネの切れ目が恋のはじまり」第1話の感想でした。

慶太はカードも止められ、住んでいた高級マンションも売却されてしまいます。

そのため、慶太は、玲子の母(南果歩)が経営する共同宿舎に住むことになりました。

 

これから、二人の間で「恋がはじまる」のでしょうか。

玲子は、三浦翔平さん演じる早乙女健という公認会計士の男性にずっと片思いしているのですが…。

 

私たち視聴者もお金について考えさせられるドラマです。

次回も楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA