ドラマ「24 JAPAN」第1話『00:00-01:00 AM』感想|出会い

アメリカドラマの大人気シリーズ「24」の日本版がスタートしました。

たった1日の出来事のドラマなのですが、登場人物も多く、いろんな事件が並行して描かれているので、画面から目が離せません。

今回はドラマの設定や登場人物の紹介的なターンでしたが、次回は大きな展開があるようです。

ドラマ「24 JAPAN」第1話『00:00-01:00 AM』はじめに

あらすじ

 “日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日を迎えた深夜0時――。CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、自宅で娘・美有(桜田ひより)と仲睦まじくトランプを楽しんでいた。ところがその直後、自分の部屋に戻った美有がこっそり家を抜け出したことが発覚。心配した現馬は美有を捜そうとするが、その矢先にCTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)から緊急招集がかかってしまう。あろうことか「24時間以内に総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)を暗殺する計画がある」との情報が入ったというのだ!
一刻を争う状況の中、この暗殺計画を阻止すべく、麗の側近とテロリストの接点を洗い出そうとするCTUの面々。そんな中、郷中は信頼する現馬にだけ「CTUの中に“暗殺計画に関わる内通者”がいる」と告げ、調査を命じる! しかも、極秘任務を請け負うことになった現馬の前に、CTU東京本部の第1支部長・鬼束元司(佐野史郎)が現れ、“新たな情報”を提供。だが、鬼束の言動を不審に思った現馬は“とんでもない行動”に及んでしまう! 一方、ひとり自宅に残された現馬の妻・六花(木村多江)も美有の身を案じていたが、そこに一本の電話がかかってくる…。
更にその頃、はるか上空を飛行する旅客機の中では、やがて日本中を震撼させる“恐ろしい計画”が進行していた――。

[引用元]TV朝日「24」公式サイトSTORY

登場人物

獅堂現馬/唐沢寿明
CTUの(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。日本初の女性総理誕生の日に自分の娘の誘拐事件も発生し…。

朝倉麗/仲間由紀恵
日本初の女性総理候補。クリーンなイメージのある民政党党首。選挙当日、自身の暗殺計画が発覚する。

郷中兵輔/村上弘明
現馬の上司。CTU(テロ対策ユニット)東京本部長。

獅堂六花/木村多江
現馬の妻で、美有の母。娘の美有とはうまくいっていない。

獅堂美有/桜田ひより
現馬の娘。家族間に何かトラブルがあるようだが、誘拐事件に巻き込まれる。

函崎寿々柳美稀
美有の友人。自由奔放な性格。

鮫島剛/犬飼貴丈
「GO」と名乗る自称・大学生。研矢を夜遊びに連れ出す。美有の誘拐事件に関わっている?

長谷部研矢/上杉柊平
「KEN」と名乗る鮫島の友人。優しく紳士的。

函崎要吾/神尾佑
寿々の父親で会計士。六花とともに娘を捜す。

朝倉遥平/筒井康隆
朝倉麗の夫。高学歴で政治家の二世。政界に顔もきく。世間からは良き夫と見られている。

朝倉夕太/今井悠貴
朝倉麗の息子。しっかり者で妹の日奈を大切にしている。しかし、ある別の顔を持っていて…。

朝倉日奈/森マリア
朝倉麗の娘。家族を大切にする優しい女の子。しかし、2年間ある秘密を持っていて…。

磯村滋子/水野久美
朝倉麗の義理の母。縁の下の力持ちとして活躍。

水石伊月/栗山千明
CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のチーフ。現馬からの信頼が最も厚い。冷静沈着な美女。

南条巧/池内博之
水石伊月の恋人でCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の暗号解析係長。獅堂現馬に敵意をむき出しにする。

明智菫/朝倉あき
CTUの暗号解析係。仕事が早く正確。病気の一人息子を女手一つで育てている。

神林民三/高橋和也
正体不明の男。裏社会で生きる人物で総選挙当日にある行動に出て…。

氷川七々美/片瀬那奈
謎の美女。目的のためには手段をえらばず、総選挙当日も大胆不敵な行動に出る。

皆川恒彦/前川泰之
国際的なカメラマン。総選挙当日、日本初の女性総理誕生の瞬間を撮りに東京へ。

山城まどか/櫻井淳子
麗と仲のよいニュースキャスター。「ある情報」を麗に連絡するのがだが…。

秋山昇/内村遥
朝倉麗の議員秘書。優秀な麗の右腕。

金田一忠/天野慶久
朝倉麗暗殺の情報を受け、朝倉麗のSPの責任者。

鬼束元司/佐野史郎
CTU(テロ対策ユニット)東京本部の第1支部長。情報源不明の情報を手に現馬に調査を依頼する。

上州/でんでん
闇の世界の情報屋。朝倉麗の政治手腕をかっており、裏の情報屋として麗を支える。

獅堂家の関係

獅堂家は、両親(唐沢寿明・木村多江)と娘の美有(桜田ひより)の三人家族。

美有は、父とはトランプをしたり仲がよさそうですが、母のことは完全無視。

仕事が忙しい父・獅堂現馬を半年前に、母の六花(りっか)が家から追い出したと美有は思っているようですが、ここには何か理由がありそうです。

第1話の段階では、それが何かは示されていません。

現馬の娘・美有

現馬とトランプをし終えて自室に戻った美有に、現馬が六花と美有の誤解を解こうと部屋に行くと、美有の姿がありません。

美有は、友達の寿々(柳美稀)と会うために部屋を抜け出していました。

 

そこに、現馬の携帯にCTU(テロ対策ユニット)東京本部長の郷中(村上弘明)から緊急の呼び出し電話がかかってきます。

美有のことを気にしながらも、職場であるCTUに向かう現馬。

 

0:00に呼び出されるとは、かなり緊急な何かがあったようで…。

夜遊びに出かけた美有

二週間ほど前に、あるカフェで知り合った美有と寿々。

厳しい母にうんざりしていた美有は、寿々にメイクの方法を教えてもらったり、クラブに連れて行ってもらったり…。

今回も夜中に寿々から呼び出しがあり、イケメン二人と合流して遊びに行こうと誘われます。

美有は、男子二人とは初対面でした。

 

しかし、美有と寿々が知り合った日、イケメン二人のうちの一人鮫島剛(犬飼貴丈)が実は美有とカフェですれ違っており…。

ここにも、計画的な何かがあるようです。

 

美有と寿々、剛と研矢(上杉柊平)の4人で夜遊びしているのですが、美有は途中で家に帰ると言い、家の前で車を止めてもらうつもりだったのですが、剛が美有の家の方に車を出してくれず…。

美有はどこかに連れ去られてしまいそうです。

 

美有はどうなってしまうのでしょうか…。

女性初の総理候補・朝倉麗

朝倉麗(仲間由紀恵)は、新生党の議員で、日本初の女性総理大臣候補です。

投票日を翌日に迎えた麗は、秘書らと原稿の打ち合わせに余念がありません。

CTUの中に内通者がいる?

そんな麗に「24時間以内に朝倉麗を暗殺する計画がある」という情報が入って来たのです。

そして、郷中によると暗殺計画を立てているものの内通者が、CTUの中にいると言います。

そして、その内通者が誰なのか、現馬は調べてほしいと依頼されます。

 

現馬は、半年前にCTUの仲間3人を告発した経験があり、今回もまた暗殺の内通者を調べなければならなくなってしまいました。

 

CTUには、半年前の件以来、あまり現馬をよく思っていないスタッフもいるようです。

現馬に最も信頼されている水石伊月(栗山千明)は、他のスタッフには内密で、ある口座情報を調べるように依頼されす。

口座情報を調べるなら、南条巧(池内博之)に頼むしかないのですが、彼は半年前の仲間3人を告発した現馬に反感を持っています。

しかし、南条は、水石の恋人なので、頼めばやってくれるだろうと現馬は考えています。

 

CTUの中でも、なかなか人間関係複雑です…。

麗の友人のニュースキャスターからの情報

今のところ、麗の暗殺計画の情報が上がっていることは、麗自身は知りません。

そこに麗の友人のニュースキャスター山城まどか(櫻井淳子)から「ある情報」がもたらされます。

まどかからの電話を受けた麗は、「まさかそんなこと!?」と動揺しますが、それが何なのかはまだ明かされていません。

 

おそらくどこかから「暗殺計画」の情報を得たまどかが、麗に連絡してきたのだと思いますが、はっきりとは明かされていないので、かなり気になるところです。

朝倉家の人々

朝倉家の人々は、仲が良く温かい家庭を築いています。

しかし、実は夕太にはある疑惑が浮上し、日奈は「ある秘密」を二年間にわたって持ち続けています。

 

この「疑惑」や「秘密」が日本初の女性総理誕生に、影を落とすことになるのでしょうか…。

しかし、第1話の今のところ、とても仲のいい素敵な家族にしか見えません。

謎の女・氷川七々美

飛行機で移動中の謎の美女・氷川七々美(片瀬那奈)は、かなり大胆な行動にでます。

七々美の隣の席に座った国際的カメラマン皆川恒彦(前川泰之)は、日本初の女性総理となる朝倉麗の写真を撮りにニューヨークから東京に行く予定です。

七々美は、皆川を色仕掛けで油断させ、彼の持っているpress用カードを財布から抜き取り、そのあと飛行機を爆破して墜落させ、自分自身はパラシュートで脱出します。

 

すごすぎる…w

 

なかなか、日本のドラマでここまですごいことする犯人、今までなかったような気がしますが、片瀬那奈さん、すごくこの役にぴったり。

峰不二子っぽいですw

最後に

ドラマ「24 JAPAN」第1話の感想でした。

冒頭からいろんな事件が絡み合って、2話以降もかなり複雑な様相を呈してきそうです。

私はオリジナルの「24」を観ていないのですが、1話が1時間という時間と同時進行のドラマなので、最終回まで24回あるというのは、うれしいです。

日本ドラマは、短いと9話、長くても11話というのが普通なので、長くじっくり楽しめそうです。

 

スタート時間が遅めで、大阪は「探偵ナイトスクープ」のあとということもあり、他の地域より1時間以上遅いスタートですが、出来るだけリアタイで観たいドラマです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA