ドラマ「極主夫道」第1話 感想|龍が専業主婦になった理由

ドラマ「極主夫道」第1話の感想です。

本作は、原作漫画も少し読みましたが、玉木宏さんがすごく龍っぽくてびっくり!

前クールのドラマ「竜の道」でも、裏社会と関わる役でしたが、今回はコメディなので気楽に楽しめそうです。

ドラマ「極主夫道」感想 はじめに

あらすじ

龍(玉木宏)は、“不死身の龍”と呼ばれる伝説の極道だった。大きな抗争が起こった時、たった一人で敵の組に乗り込み、一晩のうちに壊滅させたという伝説を持つ龍。彼の存在は極道の世界で語り継がれていた。

極道から足を洗った龍は、妻の美久(川口春奈)、娘の向日葵(白鳥玉季)と平穏に暮らすように。美久とは「二度と人ともめ事は起こさない」と固く約束して結婚した。出勤する美久のために弁当を作り、掃除・洗濯・料理と、すべての家事をする“専業主夫”として、毎日忙しく過ごす龍。彼は町内の婦人会にも参加し、“見た目は怖いが優しい人”として、主婦たちの中にすっかり溶け込んでいる。

一方、龍が所属していた天雀会は、危機に陥っていた。ライバルの大城山組が勢力を伸ばし、従わなければ潰すと天雀会にプレッシャーをかけてきたのだ。大城山組と争うにしても、今の天雀会の力では勝てそうにない。天雀会会長の江口(竹中直人)と、その妻・雲雀(稲森いずみ)は「龍がいてくれたら…」と嘆くばかり。龍の元舎弟・雅(志尊淳)は「組を守るためなら命も惜しくない!」と息巻く。

ある日、買い物を終えた龍がスーパーを出ると、雅が待っていた。雅は龍に天雀会の状況を打ち明け、組に戻ってほしいと懇願。しかし、龍は「俺は、専業主夫になったんや」と断る。それでもあきらめない雅。

大城山組は天雀会のシマで幅を利かせるようになっていた。龍が向日葵の通う小学校の前で交通安全のおじさんをしていると、大城山組組長・大城山(橋本じゅん)と遭遇。大城山は「不死身の龍も落ちたもんだ」と、龍を挑発する。

龍は、江口から呼び出される。江口は、龍に大城山組の横暴を訴え、力を貸してほしいと頼む。
そんな中、天雀会と大城山組の緊張がさらに高まる、ある事件が起こる。恩義ある人たちが追い詰められていくのを目の当たりにした龍は、放っておけなくなり…。

[引用元]日本TV「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店員。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姉御。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

龍が主夫になった理由

龍は、「不死身の龍」として、その世界では知らないものがいない伝説の極道です。

 

そんな龍が一般市民の美久と知り合い、どのようにして結婚し、天雀会を抜けて専業主夫になったかは今のところ不明です。

龍はいつも「SHIBAINU」とプリントされた可愛いエプロンをして家事に励んでいます。

龍と美久の出会い

漫画の中では、傷だらけでかなりすごい状態の龍との出会いを美久が回想するシーンがあります。

ドラマではどのように描かれるのでしょうか。

楽しみです。

龍、婦人会になじむ

龍は、町内の婦人会に入り、すでにかなり馴染んでいる様子。

漫画では入会するまでに、いろんな「試練」があったようなのですがw

龍は、ちょっとした家事のコツのようなものを婦人会で披露したりと、かなり楽しそう。

不思議な風景ではありますが、龍は婦人会のみなさんとしっかり信頼関係を築いているようです。

 

婦人会会長(MEGUMI)と龍のやりとりも、可愛いです!

婦人会会長にも頼られている龍なのです。

キャラ弁を作る龍

龍は毎朝、美久のためにお弁当を作っています。

可愛いキャラ弁で、きっちり写真も撮っていますw

ある朝、お弁当を忘れた美久にお弁当を届けようと急いで自転車を走らせる龍ですが、恰好が「あれ」なのでいつも警察に止められてしまい、お弁当を届けることができないのですw

天雀会と大城山組

天雀会の会長の江口菊次郎(竹中直人)は、姐さん(稲森いずみ)にはめっぽう弱いw

稲森いずみさん、相変わらずお美しいです。

不死身の龍の復帰を願う雅

今、大城山組と天雀会の間で抗争が勃発しそうになっています。

そのため、雅はどうしても龍に天雀会に復帰してもらいたいのですが…。

龍は今、守るべき家族が出来たため、暴力は使わないと決めたのです。

大城山組の組長

龍は「交通安全おじさん」(みどりのおじさん?)をやっているのですがw、そこに大城山組の組長・大城山國光(橋本じゅん)が通りがかります。

そして、いざこざがあり、それを向日葵(白鳥玉季)に見られてしまいます。

龍は美久が結婚するとき、二度と暴力は振るわないと決めたのでした。

 

大城山國光役の橋本じゅんさん。

迫力ありますね。

いかにも…という感じw

本物っぽいです!

武器を調達する龍

龍と天雀会の会長が喫茶店で、関西の山ノ森一家と杯を交わす話が出ていると話しています。

天雀会としては、絶対にそんなことはできないというのですが、大城山組はさっさと杯を交わし、天雀会も杯を交わせと言ってきています。

そんな天雀会の雅は、一人で大城山組に乗り込んで、大けがをしてしまいます…。

 

こうなると、龍が黙っていないはず。

龍は「武器」を調達しに行くのですが、その目的は婦人会の娘のお誕生日会の準備のためでした…。

会長は会長でも、婦人会の会長でした。

龍は、もう極道の世界に戻ることはないのです。

 

しかし、ナレーションが「仁義なき戦い」っぽいのがおもしろいwwww

大城山組とは決着

組を守るために必死な雅は、龍に天雀会を守ってくれると思っていたのに…と訴えます。

しかし、龍は大城山組とは話をつけてきていたのです。

あの「不死身の龍」が天雀会というもう一つの家族を守るために、頭を下げたのです。

最後に

ドラマ「極主夫道」第1話の感想でした。

おもしろい!

玉木宏さん、すごくうまく漫画の龍を再現されていると思います。

ちょっと、漫画の龍よりカッコいいけどw

 

そして、次回は刑務所に入っていた「剛拳の虎」こと虎二郎が、出所してきます。

虎二郎は、このあとクレープ屋さんになるのですw

次回も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA