ドラマ「危険なビーナス」第1話 感想|異父弟の妻

ドラマ「危険なビーナス」第1話の感想です。

まず、登場人物の相関関係を把握しなければ、意味がつかめなくなりそうなので、相関図を確認しておきます。

妻夫木聡さんのドラマは久しぶりなので、すごく楽しみです!

ドラマ「危険なビーナス」第1話 はじめに

あらすじ

ある日、いつものように動物病院で診察をしていた伯朗(妻夫木聡)。そこに「弟の妻」を名乗る謎の美女・楓(吉高由里子)が突然現れ、弟・明人(染谷将太)が失踪したことを聞かされる。さらに楓は、明人の失踪には親族の誰かが関わっているのではないかという。

親族とは、伯朗の母が夫を亡くした後に嫁いだ「矢神家」の一族だ。伯朗は矢神の家では連れ子として肩身の狭い思いをしてきており、母の死後は一族と疎遠になっていた。一方、矢神の血を引く明人には総額30億円とも言われる遺産の相続権があり、現当主が危篤状態にある今、その遺産を狙う親族が明人をさらったかもしれないと楓は訴える。

もう矢神家とは関わらないと決めていたが、困っている女性を放っておけない伯朗は楓と共に矢神の屋敷へ向かう。そこには昔から伯朗を見下している矢神家の養子・勇磨(ディーン・フジオカ)をはじめとした一族の面々が顔をそろえていた。伯朗と楓が調べを進めていくと、一族の不穏な動きが次々に浮かび上がってくる。

そんな中、伯朗は楓と行動を共にするうちに、捉えどころのない不思議な魅力に惹かれていく。その様子を察した動物病院の助手・蔭山元美(中村アン)は、伯朗に忠告するが…。

[引用元]TBSテレビ「危険なビーナス」公式サイトあらすじ

登場人物

手島伯朗/妻夫木聡
主人公。獣医師。矢神家に嫁いだ母の連れ子。

矢神楓/吉高由里子
伯朗の弟・明人の妻。謎の美女。

矢神勇磨/ディーン・フジオカ
康之介の養子。レストランオーナー。楓にアプローチしてくる。

矢神明人/染谷将太
行方不明の伯朗の異父弟。楓の夫。

矢神康治/栗原英雄
矢神家の当主。禎子の夫で明人の父。

蔭山元美/中村アン
伯朗の動物病院の看護師。

支倉百合華/堀田真由
明人の従妹。祥子と隆司の娘。明人に好意を持っている。

君津光/結木滉星
矢神家使用人兼執事。

永峰杏梨/福田麻貴
康治の専属看護師。

手島一清/R-指定
伯朗の実の父。画家。

矢神佐代/麻生祐未
康之介の養女。銀座のクラブのママ。

兼岩順子/坂井真紀
伯朗の叔母。憲三の妻で、白朗の母・禎子の妹。

支倉祥子/安蘭けい
康之介の次女(後妻の子)。

支倉隆司/田口浩正
祥子の夫。矢神園経営者。

矢神牧雄/池内万作
前当主・康之介の次男(後妻の子)。医師で脳科学者。

矢神康之介/栗田芳宏
矢神家前当主。16年前に死去。

矢神禎子/斉藤由貴
伯郎と明人の母。入浴中の事故で死亡。

矢神波恵/戸田恵子
矢神康之介の長女(先妻の子)。矢神家の財産を管理している。

兼岩憲三/小日向文世
伯朗の叔父。順子の夫で数学者。

謎の美女現る

ある日、突然、手島伯朗(妻夫木聡)が勤務する動物病院に、伯朗の弟である明人の妻だと言って矢神楓(吉高由里子)が現れます。

 

伯朗さん、美女に弱いようですねw

楓はドストライクのようです。

怪しい雰囲気の楓

ただ、この楓が何だかちょっと怪しい雰囲気をまとっています。

肝心の明人が4日前から行方不明。

そして、明人には矢神家の莫大な財産を相続する権利があります。

 

矢神家の当主である明人の父・矢神康治(栗原英雄)が危篤状態だと知らされ、明人と楓はアメリカから帰国しました。

そして、康治のお見舞いに一緒に行ってほしいと言われるのですが、伯朗はすでに矢神家とは縁を切っているので断ります。

しかし、伯朗は困っている美女にめっぽう弱いのでw、いっしょに行くことに。

勘が鋭い蔭山

看護師の蔭山元美(中村アン)は、「彼女には気を付けた方がいい」と言います。

蔭山は、とても勘が鋭いようです。

 

結婚式の写真は一枚だけ…。

楓は本当に明人の妻なのでしょうか…。

いろいろ、怪しいところがいっぱいです。

 

それにしても、中村アンさん、売れてますね。ドラマ出ずっぱりです。

現在、本作以外にも「スーツ2」にも出演されています。

矢神家の人々

伯朗と共に、矢神家に向かう楓。

矢神家は代々医者の家系で大病院を経営しており、他にも介護施設などの医療施設をいくつも持っています。

明人は誘拐された?

楓は、明人は財産相続の件で、誘拐されているのではないかと思っています。

そして、自ら矢神家に乗り込んでいくのです。

楓と伯朗は、矢神家の親族会の場なので、「客間」に通されます。

 

こういうところが、矢神家の冷たさを感じるところですね…。

伯朗さんが矢神家に行くのを嫌がるのがわかります。

 

普段は、康治(栗原英雄)と波恵(戸田恵子)、後妻の子である次男の牧雄(池内万作)だけで暮らしていますが、親族会議が開かれるときだけ一族が集まるようです。

そして、次の親族会議には、楓と伯朗も出席することに。

 

楓は、この一族の中に明人を誘拐した犯人がいると思っているのです。

魑魅魍魎が跋扈する

矢神家の人々は、それぞれがどこか怪しくて嫌味で、あからさまに財産を狙っています。

伯朗が矢神家の人々が嫌いなのは、子供の頃、伯朗と禎子を「財産狙いの貧乏人」とさげすんでいたからです。

特に、養子の勇磨(ディーン・フジオカ)は、伯朗をいじめまくっていたようです…。

 

ディーン様、相変わらずカッコいいですが、今回の役柄はかなり嫌な奴です。

さらに、相関図によると楓に言い寄るらしいですし…。

ディーン様からも目が離せない。

 

同じく養子の矢神佐代(麻生祐未)も、一見優し気ですが、絶対財産相続の件に関しては虎視眈々と想いを巡らせているはず。

 

康之介の次男の牧雄は、矢神家の開かずの間に、何かかなり価値のある財産があることを知っているようで、すごく執着しています。

 

しかし、楓は臆することなく、この魑魅魍魎と対決できる根性がありそうw

ある意味、一番怖いのは楓の可能性も。

優しい叔父と叔母

矢神家の人々とは打って変わって、伯朗の母・禎子の妹夫婦の兼岩憲三(小日向文世)と順子(坂井真紀)は、すごく温かくて優しい人柄。

何だか、ホッとする感じ。

今のところは…ですが。

禎子の妹夫婦

楓はこの妹夫婦のことも少し疑っているようで、明人がいなくなった日のアリバイを確認していました…。

 

伯朗は、叔父叔母夫婦を疑っている楓に対して、二人より楓の方が怪しいと言います。

「明人の妻を装って、矢神家の財産を手に入れたら姿を消すんじゃないか」と。

怒った楓は、伯朗の頬を叩いて怒りますが…。

悲しい妻

斉藤由貴さん、前クールのドラマ「竜の道」でも、とても悲しい妻の役をされていましたが、今回もそうなんですね…。

しかし、少しおどおどしたような感じがすごく上手で、これから先は回想シーンでの出演ですが、楽しみです。

明人は全財産を相続する

前当主の康之介は、亡くなったときの遺言に「全財産を明人に遺贈する」と書いています。

しかし、まだ子供だった明人が相続する財産は、それぞれ一族が一部相続し、他は明人の父である康治が管理していました。

そのため、明人は何も相続しておらず、成人してからどうするか決めさせることになっていました。

明人の意向

明人の意向は、楓から告げられます。

「全財産を喜んで相続する。16年前に一族それぞれが相続したものについても、改めて不正がなかったか精査する」というものでした。

 

これは明人自身の言葉ではなく、突然現れ、まだ入籍もしていない楓の言葉です。

正直、私でも信じられないw

しかし、こう言ったのは、楓の策略だったのです。

こう言えば、ひっかかってくるものがいるかもしれないと思ったようです。

 

これほど機転が利いて、落ち着き払った楓とは一体、何者なのでしょうか。

そして、牧雄が一番執着している開かずの間に保管されている財産とは一体何なのでしょうか。

地下室に閉じ込められて

楓は、この財産分与の話の後、矢神家の家の中を探索していました。

そして、何者かに地下室に閉じ込められてしまいます…。

こんなことをするのは一体誰なのか?

楓の自作自演?

 

楓の怪しさがどうしてもぬぐえません!

最後に

ドラマ「危険なビーナス」第1話の感想でした。

ラストシーンで、楓を地下室に閉じ込めたのは牧雄だとわかりました。

そして、楓は牧雄と話をするために待ち合わせをします。

伯朗と一緒に牧雄を待っていた楓が、やって来ない牧雄を探しに行っていると、牧雄はエスカレーターから突き落とされていて…。

ちょうどそのとき楓は伯朗といっしょにいませんでした。

 

やっぱり、どうしても楓は、正体不明です…。

 

今回の妻夫木聡さん、「いい人すぎるくらいいい人で優しくて正義感の強い獣医さん役」ぴったりです。

本作「危険なビーナス」はミステリーですが、コメディ要素も多分に含まれていて、観ていて楽しいです。

 

次回は大きく物語が展開していくようなので、楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA