ドラマ「24 JAPAN」第2話『01:00-02:00 AM』感想|来日スケジュール

ドラマ「24 JAPAN」第2話の感想です。

朝倉麗の暗殺計画が発覚!

そして、CTUの中にいる内通者の正体が水石伊月?!

ドラマ「24 JAPAN」第2話『01:00-02:00 AM』 はじめに

あらすじ

 ニューヨーク発東京行きの旅客機が突然、墜落した。第一報を受けたCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(唐沢寿明)は、日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)の暗殺計画に関係した“事件”だと直感。CTUの暗号解析係長・南条巧(池内博之)に搭乗者全員の経歴をすぐ調べるよう命じるが、現馬に不信感を抱く南条は素直に命令に従おうとしない。
その頃、旅客機を爆破してパラシュートで脱出した謎の女・氷川七々美(片瀬那奈)は、地上で何者かと合流。墜落した飛行機の乗客のひとりで、数時間後には麗を取材する予定だったカメラマン・皆川恒彦(前川泰之)から奪ったIDカードの話になるが…!?
一方、CTU東京本部長・郷中兵輔(村上弘明)は、極秘調査を担当するCTU第3支部捜査員・三上徹(石垣佑磨)と落ち合い、所有者ナンバーが消去されたCTUのカードキーを受け取る。なんと、そこには正体不明の内通者によって、麗に関する膨大なデータが記録されていたというのだ!しかも、カードキーの受け渡し直後、何者かが郷中と三上を銃撃…! 郷中から連絡を受けた現馬はすぐさま救助に向かうが、その行く手には文字通り“絶体絶命の事態”が待ち受けていた! さらに同じ頃、麗が滞在先のホテルから姿を消してしまい…!?
娘・獅堂美有(桜田ひより)の行方も依然としてつかめず、公私ともに得体の知れない事件に翻弄されていく現馬。そんな彼にやがて、追い打ちをかけるかのような“耳を疑う新情報”がもたらされる――。

[引用元]TV朝日「24 JAPAN」公式サイトSTORY

登場人物

獅堂現馬/唐沢寿明
CTUの(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長。日本初の女性総理誕生の日に自分の娘の誘拐事件も発生し…。

朝倉麗/仲間由紀恵
日本初の女性総理候補。クリーンなイメージのある民政党党首。選挙当日、自身の暗殺計画が発覚する。

郷中兵輔/村上弘明
現馬の上司。CTU(テロ対策ユニット)東京本部長。

獅堂六花/木村多江
現馬の妻で、美有の母。娘の美有とはうまくいっていない。

獅堂美有/桜田ひより
現馬の娘。家族間に何かトラブルがあるようだが、誘拐事件に巻き込まれる。

函崎寿々柳美稀
美有の友人。自由奔放な性格。

鮫島剛/犬飼貴丈
「GO」と名乗る自称・大学生。研矢を夜遊びに連れ出す。美有の誘拐事件に関わっている?

長谷部研矢/上杉柊平
「KEN」と名乗る鮫島の友人。優しく紳士的。

函崎要吾/神尾佑
寿々の父親で会計士。六花とともに娘を捜す。

朝倉遥平/筒井康隆
朝倉麗の夫。高学歴で政治家の二世。政界に顔もきく。世間からは良き夫と見られている。

朝倉夕太/今井悠貴
朝倉麗の息子。しっかり者で妹の日奈を大切にしている。しかし、ある別の顔を持っていて…。

朝倉日奈/森マリア
朝倉麗の娘。家族を大切にする優しい女の子。しかし、2年間ある秘密を持っていて…。

磯村滋子/水野久美
朝倉麗の義理の母。縁の下の力持ちとして活躍。

水石伊月/栗山千明
CTU(テロ対策ユニット)第1支部A班のチーフ。現馬からの信頼が最も厚い。冷静沈着な美女。

南条巧/池内博之
水石伊月の恋人でCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の暗号解析係長。獅堂現馬に敵意をむき出しにする。

明智菫/朝倉あき
CTUの暗号解析係。仕事が早く正確。病気の一人息子を女手一つで育てている。

神林民三/高橋和也
正体不明の男。裏社会で生きる人物で総選挙当日にある行動に出て…。

氷川七々美/片瀬那奈
謎の美女。目的のためには手段をえらばず、総選挙当日も大胆不敵な行動に出る。

皆川恒彦/前川泰之
国際的なカメラマン。総選挙当日、日本初の女性総理誕生の瞬間を撮りに東京へ。

山城まどか/櫻井淳子
麗と仲のよいニュースキャスター。「ある情報」を麗に連絡するのがだが…。

秋山昇/内村遥
朝倉麗の議員秘書。優秀な麗の右腕。

金田一忠/天野慶久
朝倉麗暗殺の情報を受け、朝倉麗のSPの責任者。

鬼束元司/佐野史郎
CTU(テロ対策ユニット)東京本部の第1支部長。情報源不明の情報を手に現馬に調査を依頼する。

上州/でんでん
闇の世界の情報屋。朝倉麗の政治手腕をかっており、裏の情報屋として麗を支える。

飛行機墜落事故の原因

ニューヨークから東京行の旅客機の墜落事故が起こったのは、機内での爆破が原因だったようです。

その原因を作ったのは、謎の美女・氷川七々美(片瀬那奈)。

謎の男・神崎

七々美は、謎の男・神林民三(高橋和也)とある場所で落ち合い、カメラマンの皆川恒彦(前川泰之)から奪ったプレスカードと現金を引き換えようとしますが、プレスカードは七々美の仲間に預けてあると言って…。

しかし、仲間のアヤコという女は、ダミーのプレスカードを持ってきて、七々美に「あいつらの言いなりになる必要はない」と言って不敵な笑みを浮かべます。

暗殺者が現れる

七々美がシャワーを浴びていると、暗殺者の男が現れます。

その男は、飛行機事故で亡くなったはずのカメラマンの皆川にそっくりでした。

整形をして顔を変えたらしく、この男が朝倉麗(仲間由紀恵)の取材に向かい彼女を暗殺する予定のようです。

獅堂美有の行方

二人の男に車に乗せられた美有(桜田ひより)は、寿々(柳美稀)と共にどこかに連れ去られようとしていました。

美有が見つからない

車に乗った途端、二人の男・鮫島剛(犬飼貴丈)と長谷部研矢(上杉柊平)は、先ほどまでのフレンドリーな様子から豹変。

美有と寿々は、一体何のためにどこへ連れていかれようとしているのでしょうか…。

 

美有の母・六花(木村多江)と寿々の父・函崎要吾(神尾佑)は、娘たちがいたであろう大型家具店・ワールド家具センターで娘たちが戻るのを待っているのですが…。

鮫島剛の勤める家具店の店長殺害

美有と寿々を連れ去った男の一人・鮫島剛は、ワールド家具センターの従業員でした。

六花は、獅堂現馬(唐沢寿明)の部下・水石伊月(栗山千明)にワールド家具センターの店長の電話番号を調べてもらいます。

電話をかけると留守番電話につながり、メッセージを残すのですが、店長の男性はすでに殺害されています。

 

ワールド家具センターとテロ事件、そして朝倉麗とは一体、どんな関係があるのでしょうか。

朝倉麗暗殺計画が勃発!

朝倉麗は、友人のニュースキャスター・山城まどか(櫻井淳子)からかかってきた電話をとって以来、どこか落ち着かない様子です。

朝倉麗の家族

麗の息子の朝倉夕太(今井悠貴)、娘の日奈(森マリア)、姑の磯村滋子(水野久美)が麗の選挙事務所にやって来ます。

娘の日奈が、麗の好物であるアップルパイを焼いて持ってきたのです。

ほのぼのとするシーンですが、麗の様子がどうもおかしい。

そして、麗は情報屋の上州(でんでん)と連絡を取り、会いに向かうのですが…。

朝倉麗暗殺計画が発覚

突然、朝倉麗の暗殺計画が発覚したと、SPが朝倉麗の選挙事務所に飛び込んできます。

警備を強化するようにと言われたというのですが、麗は上州に会いに外出してしまいました。

 

犯人は、女性初の総理誕生を阻止したい人物。

まだ、それが誰なのかはドラマの中では現れていませんが…。

朝倉麗の情報が書き込まれたIDカード

CTU東京本部長の郷中(村上弘明)は、CTU第三支部の捜査員・三上徹(石垣佑磨)と落ち合い、あるIDカードを受け取っていました。

内通者は誰?

そのIDカードには、CTUの内通者によって、朝倉麗の膨大な情報が書き込まれているのです。

三上からカードキーを受け取った郷中は、突然、何者かに銃撃されてしまいます。

三上は命を奪われ、郷中は獅堂に連絡をし、IDカードの解析を依頼します。

 

そう言い残し、銃撃戦で撃たれた郷中も命を落としてしまいます…。

 

最も信頼できるCTU職員・明智菫(朝倉あき)に解析を依頼するように郷中から言われた獅堂は、明智に内密に解析を依頼すると…。

内通者は水石伊月?

明智からデータを受け取った獅堂が見たものは…。

なんと、朝倉麗のデータの入力者が獅堂が最も信頼する水石伊月だったのです!

CTUの内通者が、水石伊月?!

ドラマ「24」第2話感想 最後に

ドラマ「24JAPAN」第2話の感想でした。

私はオリジナルの「24」を観ていないのですが、観た方によるとほぼオリジナル通りだそうですね。

並行してオリジナルも観てみようと思います。

 

謎の男・神林から飛行機のチケットの手配を頼まれる役で、ジャック・バウワーのモノマネをする岸学さんが出演されていましたね!

おそらく、ワールド家具センターの店長でもあったはず。

第2話ですぐ亡くなってしまいましたが、岸学さんの出演、うれしかったです。

 

本作は、展開が早く、いくつかの物語が複雑に絡み合っているので、すごく面白いです。

次回も楽しみです。

 

以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「24 JAPAN」第1話『00:00-01:00』感想|出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA