ドラマ「極主夫道」第2話 感想|火竜町と水竜町の抗争勃発!

ドラマ「極主夫道」第2話の感想です。

婦人会が毎年出店している「食エキスポ」が近づいています。

材料の調達問題から、火竜町婦人会と水竜町婦人会の全面戦争が始まる!

ドラマ「極主夫道」第2話 はじめに

あらすじ

龍(玉木宏)は、かつてのライバル・虎二郎(滝藤賢一)と再会する。虎二郎は“剛拳の虎”と呼ばれ、“不死身の龍”と双璧をなす伝説の極道だった。彼は刑務所から出所してきたものの、所属していた組がつぶれて行き場を失い、クレープを売っていた。
龍が専業主夫になったと知り、虎二郎は驚く。「専業主夫? 笑かすなや!!」虎二郎に挑発される龍。龍と虎二郎は、にらみ合い、火花を散らす。その様子を見ていた雅(志尊淳)は、伝説の極道同士の戦いが始まると胸を高鳴らせる――!

天雀会は、江口(竹中直人)の公務執行妨害をうやむやにする代わりに組を解散してしまうことに…。江口は金策に困り、雲雀(稲森いずみ)がスーパーで働き始める。しかし、雲雀は慣れない仕事をさせられて、失敗ばかり。彼女は、すっかり自信を失ってしまう。
そんな中、龍は、ダイエットのために運動を始める。美久(川口春奈)は龍に、フィットネスクラブに行くことを勧める。

龍は、火竜町婦人会の会長・田中の誘いでフィットネスクラブに体験入会する。そこには、隣町の水竜町婦人会の会長・山本も来ていた。龍は田中に、山本を紹介される。

火竜町と水竜町が参加する、食イベントが近付いていた。そのイベントで火竜町婦人会は今川焼の店、水竜町婦人会はたい焼きの店を出す予定だった。龍は田中に頼まれて、今川焼の店を手伝うことに。
山本は田中に、出店の場所を交換してほしいと持ち掛ける。出店の場所は売上に影響するため、田中は山本の申し出を断る。

その後、火竜町婦人会が出店の準備を進めていると、水竜町婦人会の嫌がらせと思われるトラブルが発生。仲良くやっていた火竜町婦人会と水竜町婦人会の間に、不穏な空気が流れる。龍も、この婦人会同士の争いに巻き込まれ…。

[引用元]日本TV「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店員。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姉御。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

クレープ屋の虎二郎との再会

虎二郎(滝藤賢一)は、横浜大抗争で50人を一人で倒した伝説の広島ヤ〇ザ。

龍のライバル・虎二郎

龍と虎二郎は、その世界では知らない者はいない伝説の二人です。

その龍のライバル・虎二郎が、出所してきました。

しかし、出所してきたら、所属していた組が解散しており、虎二郎はクレープ屋さんになっていましたw

 

そんな虎二郎が、バーゲン帰りの龍(玉木宏)と雅(志尊淳)に再会します。

 

元極道界のライバルが、専業主夫とクレープ屋さんって…w

スイーツ対決

伝説のヤクザ同士の対決が今、始まる!

トロピカルフルーツジャンボスペシャルクレープ」vs「杏仁豆腐とフルーツジャムの苺添え」。

 

インスタに乗せて、いいね!の数で勝敗を決めるのですw

1時間後、二人ともいいね!が1つづつ…。

引き分け!w

 

伝説のヤクザが可愛すぎ( *´艸`)

ヨガ対決

婦人会の会長田中さん(MEGUMI)に誘われ、フィットネスクラブに通うことになった龍。

娘の向日葵(白鳥玉季)に太ったんじゃない?と言われたのです。

 

いや、龍、ちょっと太った方がいいくらいですけどw

 

そこに、虎二郎もフィットネスクラブのお試し体験に来ていました。

また、二人はバチバチで、ヨガのポーズの「名前当て対決」をするのです。

 

二人は物騒なポーズの名前を連発しますが、田中に「しょーもない!」と一蹴されてしまいますw

MEGUMIさん、ええ味出してはります。

天雀会・解散

前回、威力業務妨害で逮捕された会長の江口菊次郎(竹中直人)は、組を解散することになりました。

生活費の工面のため、姐さんの雲雀(稲森いずみ)はスーパーでパートに出ることになり、会長は8000万円で買った彫刻を売ることに…。

しかし、その彫刻は偽物で、500円にしかならなかったのです。

 

会長、不憫。

タイ焼きvs今川焼決戦

火竜町と水竜町の婦人会は、毎年「食エキスポ」というイベントに出店しています。

火竜町は今川焼、水竜町はたいやきと、毎年決まっています。

水竜町の会長が田中に、出店場所を変わってほしいと言われたのを断ったことから、言い争いになります。

材料が売り切れ

今川焼に入れるあんこ、チョコレート、薄力粉を仕入れようとしたら、全て売り切れ…。

これは、水竜町婦人会の仕業だと、火竜町婦人会の会員たちは、「全面戦争だ!」

婦人会対決

婦人会の主婦たちは、スーパーでのタイムセール対決をしていますが、決着がつかず…。

そこは雲雀の勤め先のスーパーで、雲雀は「その喧嘩、あたしが預かるよ」と。

雲雀はどんな大きな抗争も、雲雀の一声で「手打ち」になったこともあったようですが…(*_*;

喧嘩祭り開催

火竜町と水竜町の争いを、喧嘩祭りで手打ちにしようと、雲雀が出張ってきます。

仕切るのはもちろん、雲雀。

玉ねぎのみじん切り(割り箸を口にくわえると涙がでない)、ケチャップがついたシャツの洗濯(酸素系漂白剤と重曹を3:1の割合で混ぜ合わせ食器用洗剤を数滴加えて、歯ブラシで叩き洗いすると落ちやすい)、バーゲンの服の奪い合い…で、勝負を決めます。

途中で美久(川口春奈)が入って来たので、火竜町、ピンチw

さらに、水竜町の応援で虎二郎が入ってきて…。

 

勝利は水竜町のものになりましたが、その喧嘩を見ていた子供が泣きだし、主婦たちは自分たちが争っていたことを反省するのでした。

犯人は虎二郎

実は、虎二郎のクレープ屋さんも「食エキスポ」に出店することになっていて、新作のあんことチョコレートのクレープを出すために買い占めていたのです。

水竜町と火竜町の抗争の原因は、なんと、虎二郎だったのですw

それを知った主婦たちに、ぼこぼこにされた虎二郎なのでした。

恋に落ちた雅

雅が、突然、恋に落ちました。

雅が水竜町と火竜町の「抗争」があることを知ったのは、二人の女の子がカフェでスマホを見ながらのおしゃべりから。

このおしゃべりをしていたうちの一人が、龍たち婦人会の行きつけの喫茶店のウェイトレス大前ゆかり(玉城ティナ)でした。

雅がゆかりのスマホを手にしたまま「抗争」に駆けつけたため、スマホを取り戻しに来たゆかり。

 

そして、雅はゆかりに恋をしてしまいます。

 

ゆかりは結構、イマドキの女子で、クールでドライなタイプなので、雅、彼女を落とすのは大変です。

この二人の恋の行方も気になるところです。

雅くん、イケメンなんですが、なかなかに、ゆかりは手ごわいと思います…。

無駄に美しい姐さん・雲雀

姐さんの雲雀役の稲森いずみさん、本当に美しい!

色っぽいし、こんなに変わらない美しさを保たれているなんて、本当にすごいです。

そして、ものすごく素でw「姐さん」を演じられているのも、カッコいい。

組長の妻は、美しい方が多いですから、稲森さんぴったりです!

 

何だか無駄に美しい姐さんだなと思っていましたが、このドラマの本気度がうかがえます。

ドラマ「極主夫道」第2話感想 最後に

ドラマ「極主夫道」第2話の感想でした。

玉木宏さん、前クールでのドラマ「竜の道」の切ない竜一役からの龍w

このギャップがすごいですが、面白すぎます。

今回は、ヨガのポーズの名前を虎二郎と言い合うところと、久しぶりのパフェを一口食べたときに変な声でてしまった龍が、ツボでした。

 

日曜日の夜に、何も考えずに笑えるドラマ、心が和みますね!

 

以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「極主夫道」第1話 感想|龍が専業主婦になった理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA