ドラマ「極主夫道」第3話 感想|PTA会のお楽しみ会はハロウィンパーティ!

ドラマ「極主夫道」第3話の感想です。

今回、龍は、「PTA会に入りたい!」と、会長に『入門』します。

そして、お楽しみ会はハロウィンパーティ。

しかし、ハロウィンを知らない龍は…。

ドラマ「極主夫道」第3話感想 はじめに

あらすじ

龍(玉木宏)は、仕事から帰ってきた美久(川口春奈)を労り、向日葵(白鳥玉季)が通う小学校の前で交通整理をするなど、主夫業に励む毎日。そんな中、龍が美久たちとともにテレビを見ていると、向日葵の学校でPTA会長を務める千金楽が出演していた。
医師の千金楽は、仕事に励むだけでなく家庭を大切にする“理想の父親”としてテレビや雑誌に取り上げられていた。主夫道を極めたい龍にとって、千金楽は目標になりそうな人物だった。

龍はPTAの会議に乗り込み、自分もPTAに入りたいと千金楽に直談判。会議では、近々開かれるハロウィンのお楽しみ会について話し合われていた。困惑する千金楽をよそに、龍は千金楽の弟分になって、お楽しみ会に協力すると宣言する。
子供たちが喜ぶように、お楽しみ会を盛り上げたい龍だが、ハロウィンがどういうものなのか、まったく分からない。龍は、雅(志尊淳)に助けを求める。しかし、雅もハロウィンには詳しくなかった。そこで、ゆかり(玉城ティナ)に教えてもらうことに。

その頃、火竜町周辺で連続強盗事件が発生し、警察は町に強盗犯が潜り込んだ可能性があると警戒を強めていた。酒井(古川雄大)と佐渡島(安井順平)は事件を未然に防ぐために、犯人を追う。
大張り切りで、お楽しみ会の準備を進める龍。しかし、向日葵はなぜか、お楽しみ会に行きたくないと言い出し…。

[引用元]日本TVドラマ「極主夫道」公式サイトSTORY

登場人物

/玉木宏
元極道で現在は専業主夫。

美久/川口春奈
龍の妻。デザイナーのキャリアウーマン。家事が苦手。

向日葵/白鳥玉季
美久の娘で連れ子。

/志尊淳
天雀会組員。元龍の舎弟。

酒井タツキ/古川雄大
警察官。

大前ゆかり/玉城ティナ
喫茶店店員。

田中 和子/MEGUMI
婦人会会長。

佐渡島 幸平/安井順平
警察官。

太田 佳世/田中道子
婦人会会員。

井田 昇/中川大輔
大城山組組員。

岡野 純片/岡久迪
大城山組組員。

遠野 誠/水橋研二
喫茶店店長。

三宅 亮/本多力
スーパーの店員。

立花 ユキ/新津ちせ
向日葵の友達。

大城山 國光/橋本じゅん
大城山組組長。

虎二郎/滝藤賢一
元・極道のクレープ屋さん。龍のライバル。

江口 雲雀/稲森いずみ
天雀会の姉御。

江口 菊次郎/竹中 直人
天雀会会長。龍の元親分。

PTA会に入りたい龍

龍(玉木宏)たち家族がTVを観ていると、向日葵(白鳥玉季)の学校のPTA会長・千金楽(=ちぎら・鈴木浩介)が理想的なイクメンパパとして紹介されていました。

それを観た龍は、千金楽をお手本にしたいと思い、自分もPTA会に入りたいと千金楽に申し出て、お楽しみ会のお手伝いをすることになりました。

お楽しみ会はハロウィンパーティ

PTA会では、次のお楽しみ会にパロウィンパーティを開催することになっています。

しかし、龍はハロウィンが何なのか知らないw

元舎弟の雅(志尊淳)を婦人会でいつも使っている喫茶店に呼び出し、相談します。

すると、そこには、雅が喧嘩祭りwで一目惚れした大前ゆかり(玉城ティナ)がウェイトレスとして働いていました。

 

そこで、龍と雅は、ゆかりを連れて100円ショップに向かい、ハロウィングッズを調達するのですが…。

龍の仮装は『重傷のヤ◯ザ』とか怖すぎてw、子供が怖がるだけだと美久(川口春奈)に言われ、「ヒーロー」になることに決めます。

龍の仮装は桃太郎

龍が用意したのは、なんと…『桃太郎』でした。

ハロウィン関係ないですけどw

婦人会の田中さん(MEGUMI)たちにも協力してもらい、子供たちに『桃太郎』の劇を披露するのです。

きびだんごとお菓子もきっちり手作りして、龍はしっかりハロウィンお楽しみ会の準備をしています。

 

龍は、良い主夫になろうと一生懸命です。

しかし、今まで生きてきた世界が裏社会だったので、どうしてもズレた感じになってしまいます。

 

桃太郎の劇も、セリフがめちゃめちゃおもしろいんですが、子供にはちょっと分かりづらいようで…w

火竜町で連続強盗事件が発生!

現在、隣町で連続強盗事件が発生中です。

火竜町にもその強盗がやって来るのも時間の問題だと、街の駐在さんたちは警戒しています。

雲雀のパート先に

龍の元姐さん雲雀(稲森いずみ)は、パート先のレジの操作が苦手なようです。

それを雲雀の夫で、元会長の江口菊次郎(竹中直人)がやって来て、レジを他のものと交換しろと言い出します。

店長の三宅(本多力)が困り果てていると…。

 

そこに、連続強盗犯が現れます。

しかし、菊次郎と雲雀がいたために、難なく追い払うことが出来ましたw

そして、二人は強盗を追いかけます。

 

強盗は、『桃太郎』で雅が演じるはずだった鬼(雅は腹痛でトイレに行ってたw)の衣装を勝手に着込んで会場に紛れ込み、勘違いした龍に強盗犯は、うまく諭されてしまうのでした。

 

龍の『桃太郎』は、子供にも保護者にも、思った以上に大盛況でした!

意外ですけど、心に響くものがあったようです。

向日葵の元気がない

お楽しみ会の前から、向日葵の元気がありません。

食事も喉を通らないようで、何か悩みごとがあるようです。

ハロウィンパーティにも出たくないと美久に言うのですが…。

 

向日葵は仲良しのユキちゃんとケンカしていたのです。

そして、向日葵は、龍の『桃太郎』の劇の中で、桃太郎がきびだんごを鬼に差し出し「仲直りの印や」というセリフを聞いて、ユキと仲直りしようと思ったようです。

 

意外に龍の『桃太郎』役に立ってる!w

さらに、龍は向日葵とユキがケンカしていることを、ちゃんと知っていたのです。

雅を演じる志尊淳ってどんな人?

[引用元]https://gensun.org/

志尊淳 プロフィール

  • 本名 志尊淳
  • 生年月日 1995年3月5日
  • 出生地 東京都
  • 身長 178cm
  • 血液型 A型
  • 職業 俳優・タレント
  • ジャンル テレビドラマ、舞台、映画、CM
  • 活動期間 2011年~
  • 著名な家族 宮崎歩(叔父)
  • 事務所 ワタナベエンターテインメント
  • 公式サイト 公式プロフィール

Wikipediaより引用

本作「極主夫道」で龍の元舎弟・雅を演じている志尊淳さんは、ミュージカル『テニスの王子様』向日岳人役で俳優デビューしています。

こんなに女の子のようにきれいな容姿をされていますが、戦隊モノの「列車戦隊トッキュウジャー」では主演のライト/トッキュウ1号役を務めていました。

舞台では、テニスの王子様シリーズをはじめ、白井晃演出の「春のめざめ」では主演のメルヒオール、野田秀樹主宰のNODA・MAPの「Q:A Night At The Kabuki」にも出演しています。

映画では「携帯彼女+」「先輩と彼女」「全員片思い」「ドルメンX」などで主演を務め、2012年公開予定の「さんかく窓の外側は夜」の公開が待たれます。

 

本作「極主夫道」の雅も、裏社会から足を洗った龍を今でも慕い、龍の力になってくれる頼りになる弟分です。

私自身は、「半分、青い」のボクテ役がとても印象に残っています。

 

これからも、様々な舞台・映画・ドラマでの活躍が期待される俳優さんです!

ドラマ「極主夫道」第3話感想 最後に

ドラマ「極主夫道」第3話の感想でした。

今回は、ハロウィンを知らない龍が可愛かったですねw

龍は、本気で主夫道を極めようと一生懸命です。

家事が苦手な美久を優しくフォローしながら、完璧な家事をこなす龍、愛おしいです。

 

次回は、美久の両親が突然のガサ入れ!w

お母さんはノリノリですが、お父さんはちょっと戸惑い気味…。

そして、美久と龍の出会いの真相が明かされるようです!

楽しみです(*^_^*)

 

以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「極主夫道」第2話 感想|火竜町と水竜町の抗争勃発!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA