ドラマ「姉ちゃんの恋人」第1話 感想│林遣都の微妙な表情の演技に感動!

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「姉ちゃんの恋人」第1話の感想です。

ドラマの中では、このコロナ禍のことにも触れられていて、たとえば「マスク騒動」のことも描かれています。

恋と仕事、そして、家族愛を描いたドラマです。

ドラマ「姉ちゃんの恋人」第1話 はじめに

あらすじ

安達桃子(有村架純)は、高校3年生のときに両親を事故で亡くし、大学進学を断念。それ以来、3人の弟たちを養うため、親戚の紹介で就職したホームセンターで働き始めて9年目の27歳。「あいつら幸せにするって決めたんで、私」ときっぱりと言い切る桃子は、それぞれ20歳、17歳、14歳となった弟たちの幸せを何よりも大切に考える一家の大黒柱として、辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。

世の中の日常が大きく変わるなか、その影響を受けつつも、それなりに幸せな毎日を送っていた桃子。しかし、ハロウィーンからクリスマスに人々の興味が移ろい始める頃、偶然職場で出会った“吉岡さん(林遣都)”との恋によって、彼女の日常は大きく変わる。
少し年上でほほ笑みを絶やさない好青年の“吉岡さん”に、次第に心ひかれていく桃子だったが、彼には「ある秘密」があった…。

太陽のような桃子と、どことなく影を感じさせる“吉岡さん”。
そこそこ大人な年齢なのに、どこか初々しくて、ぎこちない2人の恋は、応援するお互いの家族や、職場の同僚、友人たちも巻き込んでいく。
はたして、クリスマスを迎える頃、桃子の“新たな日常”はどんな結末を迎えるのか?

[引用元]フジTV「姉ちゃんの恋人」公式サイトあらすじ

登場人物

安達桃子/有村架純
三人の弟たちを育てる「姉ちゃん」。ホームセンターT’s Craft & Homeで働いている。

吉岡真人/林遣都
桃子の恋人になる?

高田悟志/藤木直人
真人の先輩。

市原日南子/小池栄子
ホームセンターT’s Craft & Homeの桃子の上司。

岸本沙織/紺野まひる
ホームセンターT’s Craft & Homeの桃子の先輩。

安達和輝/髙橋海人
桃子の弟。20歳。

安達優輝/日向亘
桃子の弟。17歳。

安達朝輝/南出凌嘉
桃子の弟。14歳。

浜野みゆき/奈緒
桃子の幼馴染。

川上菊雄/光石研
桃子たちの親戚。

吉岡貴子/和久井映見
真人の母。お弁当屋さんで働いている。

久しぶりの飲み会

コロナのせいで、しばらく飲み会が出来なかったホームファッション売り場のメンバーたち。

今日はみんなで久しぶりに飲みに行くことになりました。

とても雰囲気のいい職場で、みんな仲がいい。

三人の弟たち

桃子(有村架純)には、三人の弟たちがいます。

その日の夜は、兄弟三人でご飯を作って食べています。

 

三人とも、いい子でイケメンですw

影のある青年・吉岡真人

吉岡真人(林遣都)は、どこか影のある青年。

その日も、先輩の高田(藤木直人)と共に、荷物の配送の仕事をしていました。

真人は、母(和久井映見)と二人暮らしで、とても仲がいい。

 

しかし、何か訳ありのようで…。

母は、真人のせいで同窓会にも出席できないようです。

クリスマスのプロジェクト

桃子と和輝(高橋海人)、優輝(日向亘)、朝輝(南出凌嘉)の三人の弟たち。

朝からにぎやか

桃子たちの両親は、交通事故で亡くなったようですが、底抜けに明るく仲のいい姉弟です。

桃子は、自分自身は大学進学をあきらめ、弟たちを自分が守ると決めた「肝っ玉姉ちゃん」です。

クリスマスに向けて

桃子の勤めるホームセンターは、ハロウィンが自粛ムードだったので、クリスマスにドカンと行こう!と考えています。

桃子の上司の市原チーフ(小池栄子)は、社長に直接メールをして、クリスマスは盛大にセールをしたいと申し出たようです。

そして、社長からゴーサインが出たので、クリスマスに向けてのミーティングをすることに。

桃子と真人の出会い

桃子の勤めるホームセンターの配送部で、真人は働いています。

そして、クリスマスに向けてのミーティングに真人が出るように高田から言われて…。

理想のクリスマスとは?

桃子がクリスマス企画のプロジェクトリーダーです。

全館をライトアップする、ぬいぐるみでデコレーションする…など活発に意見が出ます。

 

真人は「寂しい思いをしている人も触れてみたいと思うようなクリスマス。本物のもみの木を使ったクリスマスツリーはどうか」という意見を出してくれます。

そして、なんと、その意見は桃子が考えたものと同じだったのです!

運命の出会い

クリスマスプロジェクトのコンセプトは、これで決定です。

これが、桃子と真人の運命の出会いになりました。

「素敵なクリスマスになりますね」と、桃子が言いました。

 

きっと、二人にとっても素敵なクリスマスになる予感。

ナンパをはっきり断る桃子がかっこいい

幼馴染で親友のみゆき(奈緒)とコンビニの前でアイスを食べる桃子。

そんな二人をナンパしてくる男の子たちがいました。

しかし、桃子は「私たち親友は、今から二人でお話したいの!ごめんね!」ときっぱり断ります。

 

仕事のことや恋愛のことを二人で話します。

桃子は、「心が通じ合う人と恋をしたい」と言いながら、ふと真人を思い浮かべます。

真人の過去

真人には、川上(光石研)という保護司がついているようです。

これはおそらく、過去に何か犯罪を犯しているということ。

真人に少し影があるのは、そういうことだったんですね。

 

そして、保護司の川上さんは、桃子の親戚です…。

桃子と真人の再会

桃子の弟の朝輝のサッカーの試合の日。

朝輝が試合中にケガをしそうになり、それを思いっきり抗議する桃子。

桃子の心の中は、完全に弟たちの「親」なのです。

そして、その試合をたまたま観に来ていた真人に、桃子は再会します。

思いっきり抗議していた姿も、しっかり見られていましたw

お互いの話をしよう

二人は試合会場を離れて、お互いのことを少し話します。

 

桃子は「弟たちを守りたい」

真人は「母を守りたい」

 

家族を大切にする心も、二人は同じ。

 

桃子は「吉岡さんは、バキバキした人と付き合ったらいいんじゃないですか?私みたいな…」と、思わず言ってしまいます。

確かに、桃子みたいなしっかりもののはきはきした子とつきあうとよさそうです、真人。

 

ただ、真人には言えない過去があるようです…。

もう、既に切ないです。

二人の恋の予感は微笑ましいですが、きっと苦難も待ち受けているんだろうな。

 

桃子の底抜けの笑顔と真人の戸惑った表情が対照的でした。

林遣都さんのこういう微妙な表情、うまいなぁ。

地球が復活

壊れかけていた桃子の地球儀のキーホルダーを直してくれたのは、真人でした。

「地球、復活しました」という桃子の言葉。

実際にコロナ禍にあった地球が、今復活しようとしていることにもかけているのかなぁと感じました。

 

波留さん主演のドラマ「リモラブ」もそうですが、コロナを取り入れたドラマは心にしみます。

まだまだ安心はできないからこそ、がんばろうと思えます。

ドラマ「姉ちゃんの恋人」第1話感想 最後に

ドラマ「姉ちゃんの恋人」第1話の感想でした。

有村架純さんのサバサバした役、カッコかわいいです。

弟たちを心から大切に思う「姉ちゃん」。

そして、影のある青年・真人役の林遣都さん、微妙な表情の変化が素晴らしい。

いい役者さんだと思います。

林遣都さんは顔もイケメンですが、それ以上にどの作品でもいつも演技に引き込まれます!

 

初回から、もうすでに切ないですw

そして、次回はそれぞれの恋がはじまるようです。

楽しみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA