ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第3話 感想|人との関りが面倒で

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第3話の感想です。

美々先生、五文字くんにデートに誘われてウキウキしていたのですが、やはりどうもしっくり来ていないようです。

まあ、美々先生が恋をしていたのは「草餅」さんで、五文字くんは本当は草餅さんではないですから…。

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第3話の感想 はじめに

あらすじ

「檸檬」の正体は、朝鳴(及川光博)でもなかった。
美々(波瑠)はスマホに残る、「檸檬」とのやりとりを居酒屋で愛おしく振り返る。

そんな中店員の栞(福地桃子)が、五文字(間宮祥太朗)が「檸檬」ではないか?と言い出す。美々に惹かれてると言っていたらしい。
驚く美々の前に、なんと五文字が現れ「僕が檸檬です」と宣言、美々にSNSをやめ、ちゃんと彼女になってほしいと告白する。半信半疑ながらも檸檬=五文字を受け入れる美々。
日曜日、初デートを体験する美々と五文字。

一方、青林(松下洸平)は我孫子(川栄李奈)のスマホにかかってきた着信相手の名前を見てショックをうける。
業を煮やした栞は彼氏の八木原(髙橋優斗)と五文字を美々の家に連れてきて、ダブルデートをすることに。ところがその先には、美々の恋が裏切られる衝撃的な出来事が待っていた…。

[引用元]日本TV「#リモラブ~普通の恋は邪道~」公式サイトSTORY

登場人物

大桜美々/波留
株式会社鐘木パルプコーポレーションの産業医。

八木原大輝/髙橋優斗
新人看護師で乙牧栞の恋人。

富近ゆり/江口のりこ
嘱託医として「鐘パル」に週2~3日勤務。

岬恒雄/渡辺大
営業部のトラブルメーカー。

我孫子沙織/川栄李奈
営業部の女子社員。青林風一の彼女。

乙牧栞/福地桃子
居酒屋「おと」の娘。八木原大輝の彼女。

五文字順太郎/間宮祥太朗
人事部。甘え上手。美々のことが好き。

青林風一/松下洸平
人事部。朝鳴から無茶ぶりされる。

朝鳴肇/及川光博
人事部。青林に無茶ぶりする。

檸檬/青林風一
オンラインゲームで知り合った顔も知らない男性だったが、実は青林。

檸檬に未練

居酒屋「おと」に飛び込んで来た美々先生(波留)は、朝鳴部長(及川光博)に「私が『草餅』です!」と告白したのですが、それは勘違いでした。

朝鳴部長は、檸檬さんではありません。

五文字が「僕が檸檬です!」と?

そして、「おと」の娘で八木原くん(髙橋優斗)の彼女の栞ちゃん(福地桃子)は、檸檬さんは五文字さん(間宮祥太朗)ではないかと言います。

すると、ひょっこり五文字くん登場。

そして、「僕が檸檬です!」と。

「僕の彼女になってください」と美々先生に告白する五文字くん。

居酒屋「おと」は大盛り上がりです。

 

いや、違うんですけどw

どうした?五文字!

電話で話せる幸せ

五文字くんは、連絡先を交換した美々先生にさっそく電話をします。

しかし、美々先生は、SNSのときの檸檬さんとは印象が違うような気がして…。

 

本当は違いますからねw

 

そんな五文字くんは、日曜日に美々先生をデートに誘います。

そして、SNSでの檸檬さんと同じように「おやすみなさい」という五文字くんに、美々先生は好きな人の声が聴けることに幸せな気持ちでいっぱいになります。

 

美々先生、少しカサカサした感じでしたが、途端に乙女な感じになってて良き…( *´艸`)

美々と五文字の初デート

初めての五文字くんとのデートに浮かれる美々先生、可愛いですw

デートは久しぶりのようです。

嘘はよくない

五文字くん、美々先生とつきあうことになったことをまだ青林くん(松下洸平)に知らせていなかったようです。

五文字くんは相手にしてもらうために、初めは嘘をついてもいいと思っているようですが、青林くんに「嘘はよくない」と言われます。

 

美々先生は「檸檬」さんにかなり思い入れがあるので、嘘がバレたら大変なことになります。

初デートは水族館

美々先生は、自分で水族館に行きたいと言ったのですが、この初デートにかなり疲れたようです。

やはり、五文字くんは檸檬さんではないですからね…。

美々先生は、「デートは面倒くさい」と思ったようで、SNSで檸檬と草餅でやり取りしていたときの方が楽しかったなぁと後悔するのでした。

 

本物の檸檬さんとなら、デートも楽しかったかもしれないですけどね…。

それに、五文字くん自身も、リモートワーク中に優しくしてくれた美々先生のことを好きだと勘違いしているような気もするのですが、どうでしょうか?

 

しかし、間宮祥太朗くん贔屓の私としては、何とか五文字くんを助けたい!w

朝鳴保くんの自由研究

朝鳴部長の息子の保くん(佐久間玲駈)は、学校の自由研究課題で優秀賞をもらいました。

タイトルは「デジタル社会がもたらす心の闇」。

その研究をしていて、保くんは「美々先生のことが心配だ」と言っているようです。

 

SNS依存症なのではないかと言っているんですね。

誰にも会わずに、普段は一人でいて、たまにSNSで人とつながる。

今ではそれが普通のことなのかもしれません。

コロナもあったしね…。

これは耳が痛いです、保くん!

ダブルデート

八木原くんと栞ちゃんが、五文字くんを連れて「おうちダブルデートしませんか?」と美々先生の家にやって来ます。

二人ともいい子だなぁ。

五文字くんと美々先生の仲を取り持とうとしてくれているのですが、美々先生は、やはりしっくり来てないみたいです。

美々先生は、とにかく「面倒くさい」のです…。

 

9時になったら、早々に引き上げる三人。

八木原くんたちは「五文字さんは残ったら?」と言うのですが、何やら雰囲気を察した五文字くんは二人といっしょに帰ることにしたのです。

引き返してきた五文字

五文字くんは、美々先生の家に引き返してきます。

「直接、おやすみなさい」を言いたくて。

五文字くんは、自分は美々先生に嫌われていると思ったようです。

 

美々先生は、五文字くんのことを嫌いなわけではなく、まだ好きとも言えない…と。

美々先生が5㎜くらいは好きだと言うと、五文字くんは「僕、がんばりますんで、1㎝くらいは好きになってもらえるように」

そして、二人で一緒にあのオンラインゲームをして、いいムードになるのですが、突然、檸檬さんからメールが!

 

とうとうバレてしまいましたねw

そりゃあ、バレるだろうな…とは思っていましたが、好きになってもらう前に五文字くんと美々先生は終わってしまうのでしょうか。

美々先生の家に引き返した五文字くん、ずっと目が潤んでるんですよね。

ショックを受ける青林

岬さん(渡辺大)と一緒に飲みに行った我孫子さん(川栄李奈)と青林くん。

すると、我孫子さんのスマホに着信があって、そこには「セフレくん」の文字が!

我孫子さんのセフレ

我孫子さんには、セフレがいるようです…。

青林くんとは真剣につきあっているようですが、それとこれとは別なのだそうです。

 

我孫子さん、見た目と違ってかなり進歩的な女性なんですね。

青林くんは、焦りまくり。

まあ、普通はそうですよね。

余裕見せてますが、岬さんも絶対驚いてるはず。

 

しかし、我孫子さんは全く悪びれる様子もなく、「青ちゃん、その考え方おかしいよ」と言います。

二人は、まだ手を握ったこともなかったので、青林くんはコロナで自分と「濃厚接触」出来ないからセフレくんを作ったと思っていたのですが、セフレくんとのつきあいの方が長いようで…。

 

これはどうしたものか。

青ちゃん、悩むね…。

悩む青林

青林くんは、やはり我孫子さんの考え方にはついていけないようです。

我孫子さんからバレンタインデーに告白された青林くんは、その次の年のホワイトデーまで一年以上考えて我孫子さんとつきあうことにしたようです。

我孫子さんも、そんな青林くんが好きなようなのですが…。

 

我孫子さんから何度もメールが来ているのに、返事が出来ない青林くん。

そして、一度はさようならをした「草餅」さんにまたメールしてしまうのでした。

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第3話の感想 最後に

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第3話の感想でした。

やっぱり、五文字くんは「檸檬」さんじゃないとバレてしまいましたね…。

五文字くんの想いもわかりますが、やはり嘘をつくのはよくないです。

そして、本物の檸檬さんである青林くんは、今、とても傷ついています…。

 

朝鳴部長の息子の保くん、大人よりこの世の中のことを俯瞰で見れている感じ。

SNSでしかコミュニケーションを取れなくなっている大人を、冷静な目で見ています。

保くんのように生まれたときからスマホがあり、SNSと現実をうまく使い分けてコミュニケーションを取れる世代だからこそ、その大人たちの危険性が見えてくるのかも。

 

次回は、キャベツな青林くんが「檸檬」さんだとわかるようですね。

美々先生、かなり驚いているようですが、真実がわかってよかったと思います。

しかし、青林くんには彼女がいるんですよね…。

 

次回の物語の展開が、楽しみです!

 

以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「#リモラブ~普通の恋は邪道~」第2話 感想|檸檬の正体は?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA